SSH 生徒の活動

生徒の活動

令和5年度 SSH生徒発表会

実施日:令和6年2月16日(金)
日 程:14:30 ~ 15:45 
発表数:1年生クラス代表(30作品)及び全2年生(52作品)
参加者:運営指導委員,中学高校教員,大学院生 他 18名
内 容:
 日頃取り組んでいる課題研究の成果を,全校生徒が参加する対面形式によるポスター発表会を行いました。各学年・コースの発表内容は次の通りです。

1年生は【SW-ingリサーチ ローカルアクト】として,9月から「地域課題解決」をテーマに個人で課題研究に取り組みました。生徒発表会では各クラスの代表者が発表を行いました。
2年生B・Cコースの生徒は【SW-ingリサーチ グローバルアクト】として,10月から「SDGs」を共通テーマに,2~4名のチームで課題研究に取り組みました。当日は全チームが発表を行いました。
2年生Sコースの生徒は【探究科学Ⅰ】として,自然科学・情報科学分野の課題研究に取り組んでおり,その成果の中間発表を行いました。

 発表者は各2回ずつ、発表者と視聴者を入れ替えながら全8回のポスター発表を行いました。また,視聴者側も積極的に質問しており,活気のある発表会となりました。
 他学年や外部の方々との交流を通して,声の大きさや発表内容などについて,新しい気付きも得ることができる貴重な機会となりました。発表の様子

徳島生物学会参加~サワガニ班〈最優秀賞〉~

徳島生物学会参加

日時:令和6年1月6日(土)13:00~17:00

場所:徳島文理大学21号館(薬学部研究棟)1階 会議室

参加者:2年 稲井康介 新開光将 東原昌紀

    発表テーマ:【サワガニの体色と分布について】

発表形質:プレゼンテーション

内容:コロナ禍の中,開催できていなかった生物学会が3年ぶりに徳島文理大学で開催され,本校の生物班からは,1グループが参加しました。特別講演の後,中学生,高校生,大学生,大学教員,一般,の発表が行われる一般講演の部門で発表を行いました。発表後の質疑応答の時間には,大学の先生方から質問やご意見をいただき,貴重な経験をすることができました。今後の研究に活かして参りたいと思います。

なお,後日連絡をいただき,サワガニ班は高校生部門で〈最優秀賞〉を頂きました。ありがとうございました。

令和5年度屋久島研修

 

日 時:2023年12月12日(火)~12月15日(金)

参加者:生徒6名、引率2名

12/12

移動、鹿児島大学香西研究室訪問
12/13

ヤクスギランド観察、屋久島の概要(講座)

12/14

西部林道観察、タイドプール観察、ジビエ加工場見学、本坊酒造見学、地域産業見学、星空観察

12/15 地域産業見学、移動

  1年生の希望者から抽選で選ばれた6名(男子3名、女子3名)が3泊4日、世界自然遺産に認定された屋久島での研修に参加しました。今年度の研修テーマ「美しい自然との共生文化~科学技術と実生活の結びつき~」のもと、「事前研修 → 現地研修 → 事後研修」を通し、屋久島の地理的環境や植生などについて知識や理解を深め、環境保全に対する意識や学習意欲を向上させました。

 

参加生徒感想(一部抜粋):

■ヤクスギランドには、様々な興味深く美しい植生があった。ゆっくり育つ屋久杉は樹脂分が多く非常に頑丈で、腐りにくく長生きで、倒れても長期間残っている。園内でたくさん見られた倒木の上では、色んな種類の新しい芽生えが見られ、生命力の素晴らしさに触れることができた。またヤクスギランドでは、所々で土砂災害跡の傷跡も目のあたりにし、自然の力強さを感じた。しかし反面、森林を豊かにするためには重要であることを知り、「なるほど!」と思った。

 ■ヤクシカは徳島に生息しているニホンジカより小型だった。徳島でもサルやシカを見ることはできるが近づくとすぐに逃げてしまう。屋久島のサルたちは人間に対しての慣れなのか、あまり警戒心がないように感じた。これは人間が動物の住む場所に配慮して、必要以上に開拓していないからだと感じた。西部林道では屋久島の人間と動物が共生している環境を見ることができて、とてもいい経験になった。

■ジビエ施設では処理した鹿肉をいただきました。徳島でも鹿肉を食べたことがありましたが、その時食べた肉は固くあまり美味しいと思いませんでした。しかし、今回食べた鹿肉はとても柔らかく、そのジューシーさに驚嘆しました。是非みなさんにもヤクシカの肉を食べて欲しいと思いました。

■本坊酒造では残念ながら原料のサツマイモが不足し焼酎は造られていませんでしたが、人が入れる大きさの壺が床一面に埋まっている様子は迫力がありました。タブレットも使いながら、焼酎の元となる麹の造り方や、芋焼酎の造り方を施設案内しながら教えてくださいました。焼酎の造り方は事前研修で学んでいたものの、実際に見学すると更に理解が深まりました。

■施設では屋久杉で作った色々な品物を売っていました。箸置きやコースターなど、どれも木目が綺麗で、徳島に帰ってから何か買っておけば良かったと後悔しました。現地に行き、直接話を聞いたり実際に見たりすることで、本やインターネットだけでは分からなかったことを沢山知ることができ、とても面白かったです。

■私達が泊まった施設の近くには民家がなく、道路に寝そべって空を見ることが出来ました。真っ暗な夜空に無数の星。それはとても綺麗でした。言葉にできないくらいの美しさと、写真に納めることができないくらいの星の数でした。みんなと屋久島で見た星空はこの先、絶対に忘れることはないと思います。冬だからできる、貴重な体験をすることができました。

京都大学TV会議②

日 時:令和5年12月1日(金)18:00~20:00
場 所:脇町高校及びオンライン
参加者:Sコース2年生(35名)
講 師:京都大学大学院准教授 常見俊直先生 TA6名

内 容:オンライン会議による課題研究のブラッシュアップ

  2年生Sコースの生徒が4月から取り組んできた課題研究の進捗状況と今後の実験計画について事前に資料を作成し、ZOOMによるオンラインで京都大学の常見先生及び学生さんから助言や新たなアイデア等をいただきました。あわせてルーブリックによる評価や文章によるフィードバックもしていただき、今後の実験計画の見直しや進め方について深めることができました。

<テーマ一覧>

・スダチチンの抗酸化作用について 
・クマリン関連物質の蛍光性について
・綺麗な字を書くには
・サッカーの勝率をあげるには
・傾斜地農耕システムにおけるカヤの働き
・弓道の所作と軌道
・イスの騒音を減らすには
・木組みとその応用
・コエグロ中の微生物と結晶片岩への影響
・チュウゴクスジエビの分布
・ヨシノボリの体長と水流の関係
・サワガニの体色と生育環境について

徳島大学とのTV会議~コエグロ/味噌石班~

徳島大学とのTV会議

日時:令和5年11月28日(火)

場所:脇町高校

指導:徳島大学教養教育院 教授 渡部稔先生/徳島大学理工学部 准教授平田章先生

参加生徒:コエグロと味噌石の研究班(2年生3名)

内容:〈コエグロの菌と味噌石の菌との関係〉について研究している班の指導助言と徳島大学と本校でサンプリングした菌の状態について情報共有と今後の研究の進め方について指導助言いただきました。お忙しい中,長時間にわたりご指導していただいた徳島大学渡部先生,平田先生大変お世話になりました。ありがとうございました。

令和5年度 科学の甲子園徳島大会

日 時:令和5年11月18日(土) 9:50~16:30

場 所:徳島県立総合教育センター
参加者:2年生24名(本校)
    8校25チーム(全体)
内 容:
 情報・理科・数学などの知識・技術や発想力を競う「科学の甲子園」の徳島県大会が開催されました。今年はグループによる話し合いも実技競技も再開され、久しぶりの一日開催となりました。本校からは校内予選を勝ち抜いた4チーム24名が参加しました。生徒たちは、物理・化学・生物・地学・数学・情報の各問題と事前に準備してきた実験競技に協力しながら取り組みました。今年度は残念ながら入賞することはできませんでしたが、自分たちの実力を知り、他校のアイデアを見ることができる貴重な機会となりました。

生徒感想:
・事前に練習した結果が出せなくて残念だった。もう少し早くから準備していればよかったと後悔しました。ただ、他の学校のアイデアと近いとこもあり、惜しかったです。

・問題が難しいと思ったけど、チームで協力することで解けた問題も多かった。実技競技で失敗したのが残念でした。

コエグロ作り

コエグロ作り

日時:令和5年11月20日(月)

場所:脇町高校 敷地内

参加生徒:コエグロと味噌石についての研究班/土の水分センサー研究班 (2年生6名)

支援者:家賀地区地域ボランティア 石田様

内容:現在,課題研究のテーマの中で世界農業遺産である【にし阿波の傾斜地農法】で使用される「コエグロ」の菌について研究している班があります。その研究のために本校の敷地内に「ミニチュアのコエグロ」を作成し,今後どのような菌が見られるか見ていきたいと思います。作成に当たって,にし阿波の家賀地区のボランティアの石田さんにご協力いただきました。ありがとうございました。

 

令和5年度 第2回【SW-ingアカデミー】講演会およびサイエンスカフェ

日 時:令和5年11月16日(木)14:10~15:40+16:20~17:20
講 師:菅 由紀子 氏
    株式会社Rejoui 代表取締役
演 題:「データサイエンスと女性のキャリア形成」
参加者:1、2年生
内 容:
 今年度、第2回のSW-ingアカデミーは株式会社Rejoui 代表取締役であり、データサイエンティストである菅由紀子氏をお招きし、「データサイエンスと女性のキャリア形成」と題して講演をしていただきました。データを正しく読み取ることの重要性やデータを分かりやすく伝えるにはといったデータサイエンスの基本からデータサイエンティストとはどのような職業であるかをご自身の経験や具体的な例をあげていただきお話ししてくださいました。また,放課後には有志を募って開催したサイエンスカフェ(ミニ講演会)には,20名の生徒が参加し,講演会を聞いての質問を中心に、より具体的な話題で盛り上がりました。

〜生徒の感想〜

・私は、データサイエンティストという言葉は知らないに近かったのですが、活躍できる仕事が、医療・製薬や製造業、金融業、コンサルティングに加え、さらにエンターテインメントやスポーツなどがあることに驚きました。さまざまな職業について色々な人の役に立っているということは、まさに〝データを使って「世の中の困りごと」を解決する人〟にふさわしい仕事だと思います。この仕事・技術は一生モノですし、もし私がデータサイエンティストになることが出来れば、それは誇りをもてる職業となるでしょう。 三つのスキル(ビジネス力、データサイエンス、データエンジニアリング)に分けられ、それぞれ得意分野を活かして活躍していると聞きました。私は、この三つの中で国語や歴史などが得意なほうのでビジネス力を活かせるのではと思います。このことは、誰もが努力すれば、興味があれば尚更、個性を活かして活躍することが出来ると思うので、職に就くのが簡単ではないかもしれなくても、挑戦してくれる人が増えてもおかしくはないはずです。 ですが、WiDSの方々が女性の就職・在職率を三割にしようと活動している中、日本の女性比率が十三%とほど遠いことには、少し残念です。昔から男性社会が強く根付いている(他国が男女平等に歩み進めている中、日本は未だにジェンダー指数などを知らない方が多く、時には差別的発言も見られる ※歴史や現代の国語の時間に学習しました。)、そして少子高齢化が進んでいる日本では、今の世界に大切なAI技術を担う者が激減しているといった、人材不足や人材流出があることが問題です。なので、多くのメリットを持つデータサイエンティストの存在を広く知ってもらい、この現象が少しでも良くなって欲しいです。

・データサイエンスのイメージとして堅くてデータや数字と向き合うだけの仕事と思っていましたが実際話を聞いて数学が得意ではない人もいることを知って魅力を感じました。本当に知らない分野の話しだったので、とても面白かったです。

  

   

菌の培養実験~徳島大学~

菌の培養実験~徳島大学~

日時:令和5年11月9日(木)

場所:徳島大学 生物実験室

指導者:徳島大学教養教育院 教授 渡部稔先生

参加生徒:コエグロと味噌石についての研究班(2年生3名)

内容:今回は,【PCR法】と【電気泳動】の基礎実験と先週家賀地区で採取した〈10つのサンプルから菌の培養〉を行いました。実験後,本校に再度サンプルを同様に培養して菌の状態を確認していくことになります。

今回,大変ご多忙の中,ご指導いただいた徳島大学教養教育院教授渡部稔先生にありがとうございました。

第3回サイエンス・カフェ

日 時:令和5年11月9日(木)16:30~18:00
講 師:藤田 義彦 氏
    藤田法科学研究所所長・立命館大学客員研究員
    元徳島県警科学捜査研究所法医科研究員(31年間)
    元徳島文理大学大学院・人生活学部教授(12年間) 
演 題:「犯罪と戦う科学捜査」
参加者:希望生徒(25名)

内 容:本校卒業生の藤田義彦氏をお迎えして、サイエンス・カフェを実施しました。はじめに「犯罪と戦う科学捜査」と題して犯罪捜査における科捜研の関わり方や、科捜研に入るまでのいきさつ、科捜研や大学での研究活動についてお話しいただきました。その後、参加者からの質問に答える形式で、サイエンス・カフェを進めました。
 最新の事件に関する知見や、DNA鑑定に関するお話はとても興味深く参加者は熱心に聞き入っていました。課題研究に関する質問にも、専門家としての立場から、率直かつ丁寧にお答えいただき、今後もご指導・ご助言をいただきたいと思わせられました。他にも産地偽装問題など、面白い話題も多く、事後のアンケートでは、「科捜研を進路目標の1つに入れたい」と書いた生徒もいるほどでした。
 また、今回のサイエンス・カフェでは、2年生の前田夏夢さんがイノベーション教育で身に付けた力を生かして、グラフィックレコーダーととして活躍してくれました。

 

農業遺産シンポジウム 〜ユースセッション〜

日 時:令和5年11月10日(金)9:00~17:00
場 所:和倉温泉「あえの風」石川県七尾市和倉町和歌崎8の1
参加者:探究部3名(1年生1名 2年生2名)
内 容:
 石川県七尾市で行われた農業遺産シンポジウムに探究部の生徒3名が参加しました。このシンポジウムは全国の世界農業遺産・日本農業遺産に認定されている地域の方々が一堂に会し、地域資源を活用した地域のさらなる活性化に向けて開催されました。この中で本校の取組を紹介するとともに、ユースセッションとして全国の農業遺産認定地域の高校生による意見交換会が行われ、「農業遺産ユースアピールin能登」として発表しました。高校生同士の交流だけでなく、大人に提言する貴重な機会をいただき、代え替えのない経験を得ることができました。

〜参加生徒の感想〜

 ユースセッション参加当初は、緊張してすごく不安でした。「理想を考えて何が足りないのか、改善点は何か」と逆算して考えていくこと、「できる」よりも「やる」で行動していくことの大切さを心と体で感じました。「所得向上のために」というテーマについて私は「農産物をつくる過程を知ってもらい、プロセス・新鮮さ・味などに付加価値をつけ、所得向上を図る」という意見を出しました。また、話し合っていく中で「『人とのつながりや関係性』が大事だ」という意見が出ました。そのとき、「両者の間で信頼関係が築かれていれば、少し高くても価値を認め、買うのではないか」と思い、改めて人とのつながりの大切さを感じました。今回、ユースセッションに参加して、「『当たり前』ってなんだろう?」と考えることが、課題解決に向けてこれまでの『当たり前』を変えようとすることが、現状や未来を良くするための第一歩であること、まずは「知ること」が大事だということを学びました。

<発表資料、ユースアピールの内容は以下となります>

高校取組紹介パネル【徳島県立脇町高等学校】.pdf

発表資料【徳島県立脇町高等学校】.pdf  ユースアピール.pdf

  

  

サイエンスフェア2023 参加(探究部アウトリーチ活動)

日 時:令和5年11月4日(土)10:00~16:00
場 所:あすたむらんど徳島
参加者:探究部11名
内 容:
 あすたむらんど徳島で開催された「サイエンスフェア2023」に本校探究部11名が参加しました。「楽しい実験教室」と題して会場を訪れた子ども達に、空気砲の体験やスライム作り体験、そして、mbotを使った簡易プログラミングやロボット操作をしてもらいました。さらに午後からは大型の空気砲とスモークマシンを使って「サイエンスショー」を行いました。子ども達と接することでアウトリーチ活動の重要性と科学の知識を分かりやすく伝えることの難しさを感じる機会となりました。ご来場いただいた皆様に感謝申し上げます。

  

第67回日本学生科学賞徳島県審査の結果

 第67回日本学生科学賞の徳島県審査会が行われ、本校からはこれまで行ってきた課題研究の成果として3年生Sコース11グループが出品しました。

 審査の結果、最優秀賞に1グループ、優秀賞に3グループ、2グループが入賞となりました。最優秀賞のグループと情報分野の1グループが中央審査に出品されます。

最優秀賞(県知事賞)

「ヨシノボリの吸盤について」 佐古さん、逢坂さん、湯藤さん

優秀賞(教育長賞)

「カマキリの腿節のトゲの違いと餌の保持能力」 高井さん、三好さん、繁本さん

「納豆の保水力」 工藤さん、新居さん、岩浅さん

「未来を継ぐ伝統技法」 大塚さん、前田さん、西條さん

入賞

「保水性に着目した伝統農法の効果の検証」 森西さん、小川さん、金崎さん

「葉の開花からみるフロリゲンの移動」 逸見さん、松村さん、片山さん

脇町高校SSHカヤ農法研究畑~家賀地区~

脇町高校SSHカヤ農法研究畑~家賀地区~

日時:令和5年11月2日(木)

場所:にし阿波(家賀地区)

指導者:家賀地区ボランティア 石田様

参加生徒:コエグロと味噌石についての研究班(2年生3名)

内容:前回,にし阿波の傾斜地農法で使用されている〈コエグロの菌〉と前回,徳島大学理工学部准教授平田章先生からお話頂いた味噌石との関係を調べるために再度,現地に向かいました。今回は,家賀地区の地域ボランティア石田さんが同行してくださり,わたしたちSSHの研究グループのために,藍畑に〈脇町高校SSHカヤ農法研究畑〉を準備してくださいました。

そこにカヤからの菌の発生や菌の種類をみるため,畑に前回刈り取ったカヤを敷き詰めたり,味噌石の採取を行いました。

今回同行・ご指導していただきました家賀地区の地域ボランティア石田様ありがとうございました。

カヤ刈体験/にし阿波傾斜地農法について

日時:令和5年10月29日(日)

場所:にし阿波(家賀地区)

指導者:徳島大学理工学部 准教授 平田章先生

内容:課題研究として世界農業遺産である【にし阿波の傾斜地農法】で使用される「コエグロ」の菌について研究するため,にし阿波の家賀地区にて調査を行いました。

コエグロとは,カヤをテント場にして畑で発酵させることによって肥料として農業に活かそうとするものです。現地では〈カヤ刈り体験〉,〈にし阿波の傾斜地農法についてのお話〉,〈藍畑の調査〉を行いました。今回同行,指導していただいた平田先生から,味噌石という家賀地区でみられる石のお話も聞かせて頂き,今後の研究がさらに広がりのある興味深いものになりそうです。それとともにわたしたちが住む徳島では,【にし阿波の傾斜地農法】という素晴らしい世界農業遺産が存在することを知り,誇りに思うとともにそれが伝承されていることに感動しました。

今回同行・ご指導していただきました徳島大学理工学部 准教授平田章先生,家賀地区の皆様ありがとうございました。

第2回サイエンスカフェ

日 時:令和5年10月24日(火)16:00~17:30
講 師:長谷 栄治 氏
    徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所(pLED)
    特任助教 
演 題:「見えないものを見える化する光学研究」
参加者:希望生徒(32名)
内 容:
 講師として徳島大学ストLEDフォトニクス研究所(pLED) ・ 長谷 栄治 氏を,グラフィックファシリテーターとして玉有 朋子 氏を迎えて,サイエンスカフェを実施しました。玉有先生の進行のもと和やかな雰囲気で始まりました。長谷先生からは「見えないものを『見える化』する光学研究の紹介」をしていただき,高校の範囲では学習することのない非線形光学現象を利用して、皮膚内のコラーゲンを見える化する観察方法について興味深く聞くことができました。その後は,参加生徒同士のグループワークや生徒からの質問をもとに進行し、楽しく有意義なサイエンスカフェとなりました。その様子は写真でご覧ください。

 

     

 

 

 

 

農業遺産認定地域の高校生による意見交換会(ユースセッション)事前研修

日 時:令和5年10月19日(日)16:30~18:00
場 所:オンライン
参加者:1年生1名 2年生2名
内 容:
 石川県で行われる世界農業遺産シンポジウムにおけるユースセッションの参加に向けて事前研修が行われ、本校からは3名が参加しました。まず、世界農業遺産についての講義が行われました。次にグループに分かれ自己紹介ののちに11月10日に向けての意見交換会を行いました。世界における農業遺産について知ることができる貴重な機会となりました。

 

 

令和5年度「聞き書き」事業 事後研修

日 時:令和5年10月16日(月) 16:30〜18:00
場 所:脇町高校およびオンライン
参加者:探究部聞き書きグループ 1年生 7名
講 師:國金重光さん(ニシアワアカデミア)岩男望さん(京都大学)藤原さん 福永さん(そらの郷)

内 容:
 夏休みに地域の名人に取材を行ってきた内容をまとめるための事後研修が開催されました。大まかな章立ての方法や聞いたことをまとめる方法などを講義いただいた後、実際にグループに分かれ実践を行いました。今後、文集としてまとめ製本される予定です。

 

サワガニの分布調査〈生物班〉

サワガニの調査

日時:令和5年10月5日(木)

場所:大谷川上流

参加生徒:サワガニの分布調査班(2年生3名)

内容:課題研究として本校周辺を流れる大谷川では,色の異なるサワガ二がみられます。サワガニの色の分布調査や原因については研究がされていますが,大谷川でのサワガニの色の違いや分布調査についてカニの採集,調査にいきました。沢山のカニが収穫できましたが,個体数やデータをとったあとは,必要最低限の個体以外は元の場所に戻しました。

今後どのような研究になっていくのかが楽しみです。

 

スジエビ採集/分布調査②~課題研究(生物班)

日時:令和5年9月18日(月)

場所:川内町/大麻町

指導者:本校SSHコースOB(大学でスジエビの研究)

    武田真城さん

『スジエビとチュウゴクスジエビに関する課題研究』1回目の活動として前回は「エビの採取方法」と「スジエビとチュウゴクスジエビの見分け方」を本校SSHコースのOBで大学でスジエビの研究をしていた武田真城さんにご指導していただきました。今回も引き続き武田さんに同行,ご指導していただきました。

今回はいくつかのポイントに絞って実際に【分布調査】を行いました。今回の分布調査では3地点を目標に,在来種と外来種の個体数のデータ収集と採集を行いました。各ポイントでの水温,塩分濃度を測定したあと,学校に帰り,各ポイントごとに保存用にエタノール処理をした【分子データ用】と【生態調査用】に飼育していくものとに分けました。外来種と在来種の分別や水槽の準備,エタノール処理など大変でしたが,たくさんのデータをとることができました。

今後どのような研究に向かっていくのか楽しみです。

前回に引き続きご指導いただいた武田さんありがとうございました。