活動の記録

県総体結果(バスケ男子)

県総体 5月29日(土)アミノバリューホール

男子1回戦 対 徳島文理高校

    60-79

結果は残念ながら初戦敗退となりましたが,昨年6月からの現チーム結成後から成長した姿は見られました。特に3年生は,入部当初は部員不足で活動が十分できない状態からのスタートでしたが,できることをコツコツと継続して行い成長し最後にふさわしいプレーをしたと思います。

また,休部となる女子部員3年生2人もサポート役でチームに貢献してくれました。大会には出場できませんでしたが,彼女たちも本校バスケット部の「バスケを通して人として成長する」というモットーを受け継いでしっかりと成長してくれました。

これから新チームとなりますが,10月の全国選手権県予選に向けて一丸となり一層努力していきたいです。

保護者の皆様,無観客試合にも関わらず会場までの送迎等ご協力本当にありがとうございました。

 

 

 

 

                  

 

 

 

JRC部

 JRC部は、コロナ禍での学校外でのボランティア活動が制限されている中、何ができるか考えながら活動しています。たとえば、文化祭バザーの売上を日本赤十字社を通して豪雨災害義援金として使っていただいたりしました。

 令和3年度は『ベルマーク回収活動』をはじめました。物の購入ではなく、「アフガニスタンの子どもたちへの保健教育活動」等、何らかの海外支援への寄付をしたいと考えています。

 

 <中学生のみなさんへ>

 ボランティア活動を通して、地域の人と助け合い、人間関係を広げながら自分自身を成長させてみませんか。

 

陸上競技部 県高校総体結果

 令和3年6月5日(土)から3日間,鳴門第2陸上競技場において,県高校総体が行われました。新型コロナウイルス感染防止による無観客,メイン競技場改修によりサブグラウンドでの実施など,例年とは大きく異なる環境での大会でした。特に3年生は,2年間思うように大会や練習に参加できず,悔しい思いをしてきましたが,多くの者が自己記録の更新や上位入賞をすることができました。6月19日からは愛媛県松山市で四国高校総体が行われます。本校からは17名の選手が参加することになりました。インターハイに一人でも多くの選手が参加できるように頑張ってきます。

 保護者の皆様,大会期間中,選手の送迎,差し入れ等大変お世話になりました。

☆上位入賞者・四国大会出場者☆

女子  フィールドの部 第2位

4×400mR 第5位 予) 三木凪紗・猪岡ゆき・高原優菜・藤崎夏帆 

         決) 辻岡梨々子・藤崎夏帆・猪岡ゆき・喜多七星

砲丸投 第4位 臼杵夢乃  第5位 辻岡菜々子  第6位 桑原あい

円盤投 第3位 桑原あい  第6位 辻岡菜々子

ハンマー投 第1位 中村有希  第4位 桑原あい

やり投 第2位 臼杵夢乃  第5位 辻岡菜々子

男子

800m  第3位 田岡信一  1500m 第3位 田岡信一

5000m   第6位 平尾快   110mH 第3位 宮成輝一

円盤投 第6位 藤原朋樹  ハンマー投 第4位 藤原朋樹

やり投 第4位 篠原優太  八種競技 第3位 片山大地

 

男子バスケットボール部

男子バスケットボール部は,3年生1名・2年生8名・1年生4名,計13名で活動しています。公式大会初戦突破をチーム目標に,部員一人一人が個々の目標を持ち,その目標が達成できるように取り組んでいます。

<中学生の皆さんへ>

私たちは一人一人が積極的にプレーし,競争し合うことでお互いに成長しています。また,ミスした後の修正の声を大切にしており良いプレーができるよう全員で取り組んでいます。部員同士も仲が良く,目標達成のために切磋琢磨し充実した高校生活を送っています。

初心者でも大歓迎です!バスケットボールに興味を持った人は是非入部してください!

人権同好会「虹」

 人権同好会「虹」は、人権に関して校内はもちろん、他校の生徒さんや地域の方たちと一緒に考える自主活動サークルです。メンバーは3年生3人・2年生1人・1年生2人の計6人です。校内では、身近な人権問題について各クラスで考える「脇高人権の日」の放課後に、その日のテーマをさらに深めるために語り合う「人権の日だから語る会」の企画・運営や、文化祭での「人権展」企画・運営を行っています。校外では、「中高生による人権交流事業」に向けて、西部の中高生と集まって発表の準備をしたり、テーマに関係する研修会に参加したりしています。また穴吹高校・つるぎ高校の人権部・人権委員との交流活動や地域の方との交流会にも参加しています。
 一人一人が人権問題を自分事としてとらえ、行動につなげられるように活動していきます。



 

 

<中学生へのメッセージ>

活動してきた先輩たちは「他校の方と交流できてよかった」「自分の考えが深まった」という感想を述べています。まず一歩、一緒に踏み出してみませんか。一人の100歩より100人の一歩、一人一人が行動することが大切だと思います。ぜひ、私たちと語り合いましょう。

陸上競技部

 陸上競技部は,男子16名,女子20名,計36名で活動しています。基本的に日曜日を除く週6日,2時間から3時間本校のグラウンドを中心に活動をしています。

 陸上競技の魅力は「より速く」「より高く」「より遠く」を目標に,自分の限界に挑戦していくことにあります。また,陸上競技場という大きなフィールドで,おもいっきりパフォーマンスできる気持ちよさもあります。 脇町高校陸上競技部は,様々な個性をもった愉快な仲間たちがいます。互いに認め合い,協力し,よい雰囲気のなかで練習できています。 陸上競技は一人ひとりがチームのエースです。限界への挑戦,自己ベスト更新,四国大会・全国大会出場,いろいろな目標をもって陸上競技をはじめてみませんか。

弓道部 県総体結果報告

第61回徳島県高等学校総合体育大会

日時:令和3年6月5日(土) 女子 団体予選・個人戦

   令和3年6月6日(日) 男子 団体予選・個人戦

場所:鳴門・大塚スポーツパーク弓道場

結果:女子 団体予選40射11中 予選敗退

      個人予選 2名が準決勝へ(4射3中以上で準決勝進出) 準決勝敗退

   男子 団体予選40射17中 予選敗退

      個人予選 1名が準決勝へ(4射3中以上で準決勝進出) 準決勝敗退

  

3年生にとっては最後の大会で,強い緊張感を持ちながらも一矢一矢に気持ちを込めて引いていました。引退後も弓道部で培った高い集中力を活かし,引き続き学校生活等様々な場面において頑張ってくれることと思います。

また,2年生は他校の実力の高さに刺激を受け,日頃の練習に対する気持ちを引き締めるよい機会になりました。今後の大会に向けて,良いスタートが切れそうです。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

男子卓球部

学校対抗とダブルスで四国大会出場

 

6月4日(金)~6日(日)に,とくぎんトモニアリーナにおいて,

徳島県高等学校総合体育大会卓球競技が行われました。

 

4日(金)学校対抗

 2回戦   対 徳島科学技術高校 3-0

 準々決勝  対 徳島市立高校   3-0

 準決勝   対 城南高校     1-3

 3位決定戦 対 鳴門渦潮高校   3-1

 

 団体戦での四国大会出場を目標に,一生懸命に頑張ってきた成果が十分に表れた結果でした。総体独特の雰囲気の中,どの選手も平常心で落ち着いて戦ってくれました。

 

5日(土)ダブルス

 昨日に引き続き,適度な緊張感を保ちつつしっかりと戦ってくれました。苛原健太・津村幸宏ペアがベスト8に入賞し,四国大会出場の切符を得ました。他の選手たちも,十分に力を発揮してくれました。

 

6日(日)シングルス

 出場総数327名の中,各自が自分のプレースタイルを存分に発揮してくれました。4回戦出場者4名,5回戦出場者3名といい結果も残してくれました。

 

四国大会(6月19日 於:坂出市立体育館)では,これまで応援してくださったすべての人達に感謝の気持ちを持ち,全力で戦ってきますので,応援よろしくお願いします。

 

 

女子ソフトテニス部 県総体14連覇!

6月4日(金)~7日(月) 蔵本むつみセンターコートにて,第61回徳島県高等学校総合体育大会が開催されました。

団体戦は,初日雨天のため,準々決勝を終えた時点で月曜への延期となりました。そして迎えた月曜日。初日とは打って変わって天候にも恵まれ,順調に準決勝,決勝と進行していきました。脇町高校の結果は次の通りです。

準々決勝 対阿南光高校  2-0

準決勝  対富岡東高校  3-0

決勝   対徳島商業高校 2-0

負けられないプレッシャーの中,チーム一丸となって戦い,優勝することができました。これでインターハイ出場が決定するとともに,14連覇を達成することもできました。

 

個人戦は大会3日目と4日目に行われました。脇町高校からは9ペアが出場し,6ペアが準々決勝へ勝ち進みました。最終結果は次の通りです。

[優勝] 工藤・逸見ペア   [準優勝] 美馬・荒木ペア 

[第3位] 藤本・上田ペア  西村・三浦ペア

以上4ペアと,順位決定戦により柏木・藤原ペアがインターハイへの切符を手にすることができました。

 

今大会で見つかった課題を今後の練習で調整し,四国大会,インターハイではさらに活躍できるよう頑張っていきます。

今大会も応援して下さった皆様,ありがとうございました。

新聞写真部

 月に一度脇高新聞を発行しています。自分たちでインタビューや写真撮影をし、構成や推敲までして記事にしています。昨年はコロナ禍で記事をかくことがなかなか難しかったので部活動インタビュー動画を撮影するなど工夫しました。兼部もしやすく取材したものが記事になっていく達成感も味わえます。