活動の記録

2022インターハイ結果報告(女子ソフトテニス部)

令和4年度全国高等学校総合体育大会女子ソフトテニス競技が、7月28日(木)~31日(日)に愛媛県今治市の今治市営スポーツパークにて開催されました。脇町高校は県大会を16連覇し、徳島代表として参加しました。コロナ禍のため感染予防対策として入場制限を設けるなど規制はありましたが、今年は3年ぶりの有観客での開催となり活気のある大会となりました。

 

まず個人戦。炎天下の中、代表権を勝ち取った5ペアが参戦。美馬・逸見ペアと藤原・亀井ペアが3回戦まで進出しました。

最終日は団体戦。県岐阜商との対戦となりました。選手も応援も全員で試合に臨みましたが、大事なポイントで流れに乗りきれず、残念ながら0ー3で敗れる悔しい結果となりました。

暑さ厳しい猛暑の中、たくさんの応援ありがとうございました。今大会で学んだことを次に生かしていけるよう、新チームも頑張っていきます。

 

 

卓球部 令和4年度 6月 県高校総体および四国高校選手権結果報告

6/3(金)~6/5(日)に開催された徳島県高校総合体育大会に本校卓球部員16名,6/19(日)に開催された四国高校選手権男子シングルスに1名が出場しました。

【県高校総体】

<6/3 団体戦>

男子 1回戦  脇町 2―3 城東

女子 2回戦  脇町 3―0 富岡西

   3回戦  脇町 1―3 徳島市立

<6/4 ダブルス>

男子 ベスト32 津村・谷ペア

女子 ベスト32 大野・櫻間ペア

<6/5 シングルス>

男子 ベスト16 津村幸宏選手(四国高校選手権出場)

女子 ベスト32 大野詩歩選手

 

【四国高校選手権】(松山市総合コミュニティセンター体育館)

<6/19 シングルス> 

津村幸宏選手が出場しました。初戦突破はかなわず「四国の壁」の高さを痛感しましたが,優れたチームや選手のプレーを間近で見ることができ,貴重な経験となりました。

 

新チームになって約1ヶ月が経ちました。県総体で見つかった各々の課題に向き合いながら,8/19に開かれる学年別大会(シングルス)に向けて練習に励んでいます。この大会で多くの選手が上位入賞を果たすことが部全体の目標です。応援よろしくお願いします。

 

JRC部活動報告

 

 脇町高校JRC部は、1年生5名、2年生8名、3年12名の合計25名で活動しています。

 「人や社会に尽くす自分に」を活動の合い言葉に、「世の中の困っている人の手助けをし、より良い社会を作る」という志のもと地域や団体関係なく幅広い活動を行っています。

 実施した活動は徳島県高等学校青少年赤十字協議会学習会、リユースではじめるクラウドファンディング「キモチと。」、ウクライナ支援募金と返礼品の作成、使い捨てコンタクトレンズケース回収、障がい者理解のための出前講座、ベルマーク回収、あしなが育英会募金活動、エコキャップ収集、徳島県視覚障害者連合会書き損じはがき回収、日本赤十字社への募金活動、美馬市米寿メッセージカード作成などです。様々な活動を幅広く行い社会貢献しています。

山岳部 女子チーム四国大会の結果

6月17日~19日の3日間、徳島県を会場として竜王山コースと高越山コースで四国高等学校登山選手権大会が行われました。昨年度の成績より1つ順位を上げることができて5位でした。選手たちはよく頑張ってくれました。今回の経験をいかして次の大会も頑張りたいです。

 

 

 

男子バレーボール部 四国選手権結果報告

6月18日(土)に愛媛県の松前公園体育館で開催された

「令和4年度四国高等学校バレーボール選手権大会」に

徳島県第4代表として出場いたしましたので、試合結果をご報告します。

 

<トーナメント1回戦>

脇町(徳島4位) 0-2 多度津(香川2位)

         (13-25,20-25)

 

1回戦敗退という結果となりました。

部員にとっては初めての四国大会出場ということで緊張感がありましたが、

インターハイ出場校を相手に臆することなく立ち向かい、

のびのびとバレーボールを楽しみながら勝負することが出来ました。

特に2セット目の終盤、相手にマッチポイントを握られながらも

粘り強いディフェンスから連続得点を重ねるなど,会場を盛り上げることも出来ました。

コート内の選手はもちろん、スタンドで応援してくれた部員やマネージャー、

駆けつけてくださった多くの保護者の方々が一体となって、いいプレーがたくさん生まれました。

 

経験に乏しい選手たちにとって、今回の試合は大きな財産となりました。

これをさらなる成長へとつなげ、次のステップへ進めるよう努力していきます。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剣道部 活動報告

総体までに出場した大会の結果を報告します。

4月27日(日)

第47回徳島県剣道連盟会長杯争奪高等学校剣道大会

男子団体 1回戦  脇町 0(0)  ー  (8)4 川島

 

6月4日(土)・5日(日)

令和4年度徳島県高等学校総合体育大会剣道競技

男子団体 1回戦  脇町 0(0)  ー (7)4 富岡東

個人戦  2回戦敗退 1名

     3回戦敗退 1名

 

3年生の高校生活はコロナ対策で思うようにならないことが多々ありました。部活動でもマスクをし,マウスガードをし,特別な試合規則の中で戦うことを強いられました。それでも,自分たちにできるベストを尽くして戦っていた姿を後輩は見ているので,歴史を引き継ぎ,今後も頑張ってくれると思います。

3年生が引退すると,部員は1名になってしまいます。団体戦に出場できなくなりますが今後もしっかりと稽古を積んでいきますので,応援よろしくお願いします。

 

 

 

男子バスケットボール部 活動報告

脇町高校男子バスケットボール部は、3年生8名、2年生3名、1年生3名、マネージャー1名の計15名で活動しています。

 

 

県総体 5月28日(土)アミノバリューホール

男子1回戦 対 富岡東高校

    45-85

結果は残念ながら初戦敗退となりましたが,部員15名一丸となって戦うことができました。特に3年生は,コロナ禍で制限のある中での3年間の活動ではありましたが,できることをコツコツと継続して行い成長し最後にふさわしいプレーをしたと思います。

これから新チームとなりますが,10月の全国選手権県予選に向けて一丸となり一層努力していきたいです。

保護者の皆様,並びに脇町高校バスケットボール部に関わっていただいた方々、当日の応援、送迎等これまでの協力に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

家庭クラブ 芳越歴史館清掃活動

 6月3日,2年生家庭クラブ委員の有志で,芳越歴史館の清掃活動を行いました。歴史館は通常の清掃分担が当てられていないので,しばらく清掃ができていませんでした。本校の歴史を物語る貴重な資料がたくさん展示されているので,普段の清掃よりも,より丁寧に,またより慎重に掃除しました。床の掃き掃除や固く絞ったぞうきんでの展示ケースの拭き掃除など,30分ほどかけて行いました。

 歴史館には第1回卒業生から今年3月の卒業生まで,すべての卒業生の集合写真が展示されており,初めて歴史館の中に入った生徒は,清掃後熱心に展示物を見ていました。

 

 

 

ラグビー部 県総体 第3位

 6月3日~6日まで行われた県総体で,本校ラグビー部は第3位となりました。第2位までに入り,四国総体に出場することを目標としていた私たちにとっては,少し残念な結果となりましたが,今大会を通して自分たちの課題が明確化するなど,収穫も多い大会になったと思います。

 次の公式戦は秋の花園予選です。花園出場を目指し,この夏しっかりと練習に励みたいと思います。引き続き,応援よろしくお願いいたします。

 

 

  

 

山岳部 県高校総体の結果

登山競技が、6月4日~6日の3日間、竜王山、高越山を登山コースとして行われました。選手たちは、3日間頑張ってくれました。結果として、団体女子が第2位。四国大会出場を果たしてくれました。