活動の記録

県総体結果(バスケ男子)

県総体 5月29日(土)アミノバリューホール

男子1回戦 対 徳島文理高校

    60-79

結果は残念ながら初戦敗退となりましたが,昨年6月からの現チーム結成後から成長した姿は見られました。特に3年生は,入部当初は部員不足で活動が十分できない状態からのスタートでしたが,できることをコツコツと継続して行い成長し最後にふさわしいプレーをしたと思います。

また,休部となる女子部員3年生2人もサポート役でチームに貢献してくれました。大会には出場できませんでしたが,彼女たちも本校バスケット部の「バスケを通して人として成長する」というモットーを受け継いでしっかりと成長してくれました。

これから新チームとなりますが,10月の全国選手権県予選に向けて一丸となり一層努力していきたいです。

保護者の皆様,無観客試合にも関わらず会場までの送迎等ご協力本当にありがとうございました。

 

 

 

 

                  

 

 

 

JRC部

 JRC部は、コロナ禍での学校外でのボランティア活動が制限されている中、何ができるか考えながら活動しています。たとえば、文化祭バザーの売上を日本赤十字社を通して豪雨災害義援金として使っていただいたりしました。

 令和3年度は『ベルマーク回収活動』をはじめました。物の購入ではなく、「アフガニスタンの子どもたちへの保健教育活動」等、何らかの海外支援への寄付をしたいと考えています。

 

 <中学生のみなさんへ>

 ボランティア活動を通して、地域の人と助け合い、人間関係を広げながら自分自身を成長させてみませんか。

 

陸上競技部 県高校総体結果

 令和3年6月5日(土)から3日間,鳴門第2陸上競技場において,県高校総体が行われました。新型コロナウイルス感染防止による無観客,メイン競技場改修によりサブグラウンドでの実施など,例年とは大きく異なる環境での大会でした。特に3年生は,2年間思うように大会や練習に参加できず,悔しい思いをしてきましたが,多くの者が自己記録の更新や上位入賞をすることができました。6月19日からは愛媛県松山市で四国高校総体が行われます。本校からは17名の選手が参加することになりました。インターハイに一人でも多くの選手が参加できるように頑張ってきます。

 保護者の皆様,大会期間中,選手の送迎,差し入れ等大変お世話になりました。

☆上位入賞者・四国大会出場者☆

女子  フィールドの部 第2位

4×400mR 第5位 予) 三木凪紗・猪岡ゆき・高原優菜・藤崎夏帆 

         決) 辻岡梨々子・藤崎夏帆・猪岡ゆき・喜多七星

砲丸投 第4位 臼杵夢乃  第5位 辻岡菜々子  第6位 桑原あい

円盤投 第3位 桑原あい  第6位 辻岡菜々子

ハンマー投 第1位 中村有希  第4位 桑原あい

やり投 第2位 臼杵夢乃  第5位 辻岡菜々子

男子

800m  第3位 田岡信一  1500m 第3位 田岡信一

5000m   第6位 平尾快   110mH 第3位 宮成輝一

円盤投 第6位 藤原朋樹  ハンマー投 第4位 藤原朋樹

やり投 第4位 篠原優太  八種競技 第3位 片山大地

 

男子バスケットボール部

男子バスケットボール部は,3年生1名・2年生8名・1年生4名,計13名で活動しています。公式大会初戦突破をチーム目標に,部員一人一人が個々の目標を持ち,その目標が達成できるように取り組んでいます。

<中学生の皆さんへ>

私たちは一人一人が積極的にプレーし,競争し合うことでお互いに成長しています。また,ミスした後の修正の声を大切にしており良いプレーができるよう全員で取り組んでいます。部員同士も仲が良く,目標達成のために切磋琢磨し充実した高校生活を送っています。

初心者でも大歓迎です!バスケットボールに興味を持った人は是非入部してください!

人権同好会「虹」

 人権同好会「虹」は、人権に関して校内はもちろん、他校の生徒さんや地域の方たちと一緒に考える自主活動サークルです。メンバーは3年生3人・2年生1人・1年生2人の計6人です。校内では、身近な人権問題について各クラスで考える「脇高人権の日」の放課後に、その日のテーマをさらに深めるために語り合う「人権の日だから語る会」の企画・運営や、文化祭での「人権展」企画・運営を行っています。校外では、「中高生による人権交流事業」に向けて、西部の中高生と集まって発表の準備をしたり、テーマに関係する研修会に参加したりしています。また穴吹高校・つるぎ高校の人権部・人権委員との交流活動や地域の方との交流会にも参加しています。
 一人一人が人権問題を自分事としてとらえ、行動につなげられるように活動していきます。



 

 

<中学生へのメッセージ>

活動してきた先輩たちは「他校の方と交流できてよかった」「自分の考えが深まった」という感想を述べています。まず一歩、一緒に踏み出してみませんか。一人の100歩より100人の一歩、一人一人が行動することが大切だと思います。ぜひ、私たちと語り合いましょう。

陸上競技部

 陸上競技部は,男子16名,女子20名,計36名で活動しています。基本的に日曜日を除く週6日,2時間から3時間本校のグラウンドを中心に活動をしています。

 陸上競技の魅力は「より速く」「より高く」「より遠く」を目標に,自分の限界に挑戦していくことにあります。また,陸上競技場という大きなフィールドで,おもいっきりパフォーマンスできる気持ちよさもあります。 脇町高校陸上競技部は,様々な個性をもった愉快な仲間たちがいます。互いに認め合い,協力し,よい雰囲気のなかで練習できています。 陸上競技は一人ひとりがチームのエースです。限界への挑戦,自己ベスト更新,四国大会・全国大会出場,いろいろな目標をもって陸上競技をはじめてみませんか。

弓道部 県総体結果報告

第61回徳島県高等学校総合体育大会

日時:令和3年6月5日(土) 女子 団体予選・個人戦

   令和3年6月6日(日) 男子 団体予選・個人戦

場所:鳴門・大塚スポーツパーク弓道場

結果:女子 団体予選40射11中 予選敗退

      個人予選 2名が準決勝へ(4射3中以上で準決勝進出) 準決勝敗退

   男子 団体予選40射17中 予選敗退

      個人予選 1名が準決勝へ(4射3中以上で準決勝進出) 準決勝敗退

  

3年生にとっては最後の大会で,強い緊張感を持ちながらも一矢一矢に気持ちを込めて引いていました。引退後も弓道部で培った高い集中力を活かし,引き続き学校生活等様々な場面において頑張ってくれることと思います。

また,2年生は他校の実力の高さに刺激を受け,日頃の練習に対する気持ちを引き締めるよい機会になりました。今後の大会に向けて,良いスタートが切れそうです。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

男子卓球部

学校対抗とダブルスで四国大会出場

 

6月4日(金)~6日(日)に,とくぎんトモニアリーナにおいて,

徳島県高等学校総合体育大会卓球競技が行われました。

 

4日(金)学校対抗

 2回戦   対 徳島科学技術高校 3-0

 準々決勝  対 徳島市立高校   3-0

 準決勝   対 城南高校     1-3

 3位決定戦 対 鳴門渦潮高校   3-1

 

 団体戦での四国大会出場を目標に,一生懸命に頑張ってきた成果が十分に表れた結果でした。総体独特の雰囲気の中,どの選手も平常心で落ち着いて戦ってくれました。

 

5日(土)ダブルス

 昨日に引き続き,適度な緊張感を保ちつつしっかりと戦ってくれました。苛原健太・津村幸宏ペアがベスト8に入賞し,四国大会出場の切符を得ました。他の選手たちも,十分に力を発揮してくれました。

 

6日(日)シングルス

 出場総数327名の中,各自が自分のプレースタイルを存分に発揮してくれました。4回戦出場者4名,5回戦出場者3名といい結果も残してくれました。

 

四国大会(6月19日 於:坂出市立体育館)では,これまで応援してくださったすべての人達に感謝の気持ちを持ち,全力で戦ってきますので,応援よろしくお願いします。

 

 

女子ソフトテニス部 県総体14連覇!

6月4日(金)~7日(月) 蔵本むつみセンターコートにて,第61回徳島県高等学校総合体育大会が開催されました。

団体戦は,初日雨天のため,準々決勝を終えた時点で月曜への延期となりました。そして迎えた月曜日。初日とは打って変わって天候にも恵まれ,順調に準決勝,決勝と進行していきました。脇町高校の結果は次の通りです。

準々決勝 対阿南光高校  2-0

準決勝  対富岡東高校  3-0

決勝   対徳島商業高校 2-0

負けられないプレッシャーの中,チーム一丸となって戦い,優勝することができました。これでインターハイ出場が決定するとともに,14連覇を達成することもできました。

 

個人戦は大会3日目と4日目に行われました。脇町高校からは9ペアが出場し,6ペアが準々決勝へ勝ち進みました。最終結果は次の通りです。

[優勝] 工藤・逸見ペア   [準優勝] 美馬・荒木ペア 

[第3位] 藤本・上田ペア  西村・三浦ペア

以上4ペアと,順位決定戦により柏木・藤原ペアがインターハイへの切符を手にすることができました。

 

今大会で見つかった課題を今後の練習で調整し,四国大会,インターハイではさらに活躍できるよう頑張っていきます。

今大会も応援して下さった皆様,ありがとうございました。

新聞写真部

 月に一度脇高新聞を発行しています。自分たちでインタビューや写真撮影をし、構成や推敲までして記事にしています。昨年はコロナ禍で記事をかくことがなかなか難しかったので部活動インタビュー動画を撮影するなど工夫しました。兼部もしやすく取材したものが記事になっていく達成感も味わえます。

剣道部 高校総体結果報告

第61回徳島県高等学校総合体育大会剣道競技の結果を報告します。

 

6月5日(土) 男子団体戦

1回戦 脇町2(5) ー 1(4)阿南高専

2回戦 脇町0(0) ー 4(8)阿南光

2回戦は強豪校に力負けでしたが,1回戦は先鋒・次鋒の2年生が苦しみながらも試合をつなぎ,中堅・副将・大将の3年生が自分たちの得意技で一本を取り,チームを逆転勝利に導く粘り強い戦いができました。

補員として参加した1年生も先輩をサポートし,コート外で懸命に応援する姿が見られ,脇町高校剣道部が一丸となって勝ち得た勝利でした。

 

6月6日(日) 男女個人戦

1回戦敗退 3名  2回戦敗退 2名

3回戦敗退 1名  4回戦敗退 1名

どんなにいい試合をしても,負けてしまえば悔しさは残ります。しかし,最後まで自分たちが出せる力を出し切ろうと,懸命に戦うことはできたと思います。

 

これで3年生が引退をして,男子部員3名になってしまいますが,今回の団体戦で見せることのできた「団結力」を今後も示せるように,これからも稽古に取り組みたいと思います。

今後とも,応援をよろしくお願いします。

茶道部紹介

私たち茶道部は1年生7人、2年生11人、3年生9人で活動しています。茶道部では、お茶の作法、おもてなしの心、そして思いやりの心を学ぶことができます。今年は飲食の制限がありますが、外部講師の先生に来ていただいて週に一度お稽古に励み、日々精進しています。

 

 

<中学生のみなさんへ、部長よりメッセージ>

茶道と言えば、「おいしいお菓子にお抹茶!」というイメージで入部した私ですが、お稽古を通して茶道の奥深さに魅了されました。茶道部では、優しい先生方、先輩方と有意義な高校生活を送ることができますよ。

剣道部

剣道部は,3年生4名,2年生2名,1年生1名で活動してます。

「稽古は集中してやる」ことを心掛け,時間は短くても実りのある活動になるように工夫をしています。

歴史ある脇高剣道部を後輩たちにつないでいけるよう

これからも日々の稽古に打ち込みます。

 

中学生の皆さんへ

今まで剣道に打ち込んできた人は,ここでやめてしまわず,高校でも僕たちと一緒に「自分を鍛える」ことのできる剣道に取り組みましょう。

また,剣道は高校からでも始められます。初心者の方もぜひ剣道場に足を運んでください。

女子バレーボール部

女子バレーボール部は、3年生3人、2年生5人、マネージャー2名の計10名で活動していましたが、4月に1年生9名が入部し、計19名で精力的に活動しています。4月の選手権大会では念願のベスト8に入ることができ、大いに盛り上がっています。ボールをつなぐようにバレーボールでできたつながりを大切に、総体に向けて頑張っています!

男子バレーボール部 活動状況

男子バレーボール部は,

現在部員総勢26名(3年生1名,2年生6名,1年生12名,マネージャー7名)で日々練習に励んでいます。

高校から競技を始める部員も多く,基本プレーの練習が中心ですが、

「どこよりも真剣に基礎を徹底的にやる」

「誰もができることを誰もができないくらいやる」

をモットーに意欲的に活動しています。

また,男子バレー部の競技人口が減少している状況を受け,

定期的に地域の小中学生との交流教室も計画しています。

目標とする全国大会出場を達成することができるよう

これからも頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。

                

全日本高等学校選抜ソフトテニス大会

第46回 全国高等学校選抜ソフトテニス大会が、3月28日(日)~30日(火)に開催されました。開催地は愛知県名古屋市、会場は日本ガイシホールです。

新型コロナウィルスの影響で無観客での開催となりましたが、昨年大会中止で悔しい思いをした先輩達のためにも精一杯戦おうと決意し、試合に臨みました。

結果は、初戦で対戦した九州代表の佐賀清和高校に1-2で敗れました。

十分に力を出し切れないまま試合が終わってしまい、悔いの残る大会となりました。

今大会の反省をもとに、次の大会では納得のいくプレーができるようさらに練習に励みたいと思います。

応援して下さった関係の皆様、ありがとうございました。

第3回 脇高ミライ文化祭

3月21日(日)に「第3回 脇高ミライ文化祭」を開催いたしました。

新型コロナウイルス感染対策のため,本校体育館にて本校関係者のみの公開ではありましたが,多くの方にご来場いただきました。

文化部の1年間の成果を見に来てくださり,誠にありがとうございました。

今後ともご声援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

第3回 脇高ミライ文化祭のご案内

第3回 脇高ミライ文化祭のご案内
日時:
2021年3月21日(日)
   開場 8:30  開演 9:00
場所:脇町高校体育館
   (受付は体育館入口になります。校舎内への立入はできません。
    お車で来校される方は本校グラウンドをご利用ください。)
入場料:無料
※今回の脇高ミライ文化祭は本校関係者(現在の生徒、御家族、教員)のみとさせていただきます。どうかご了承ください。

 内容(時間につきましては現在予定しているものです)

[アリーナ(2階)]
  9:00 開会式
  9:15 演劇研究部
10:15 吹奏楽 アンサンブル
(11:00 休憩)
11:30 放送
12:00 吹奏楽部 第12回定期演奏会
13:30 終演

[小体育館(1階)]
  9:00~15:00 展示
 家庭クラブ・エシカルクラブ
 華道部
 吟詠剣詩舞
 JRC
 書道部
 人権「いのち」の会
 新聞・写真部
 美術・イラスト部
 文芸部(部誌販売)

[新型コロナウイルス感染対策について]
感染対策を実施しております。ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
会場全体
3月21日より2週間前における次の項目に当てはまる方や体調の優れない方はご来場をお控えください。
・平熱を超える発熱(おおむね37度5分以上)がある
・咳やのどの痛みなど風邪の症状、全身倦怠感、呼吸困難、嗅覚・味覚障害等の症状がある
・新型コロナウイルス感染症陽性とされた人との濃厚接触がある
・同居家族や身近な知人に感染が疑われたことがある
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある
受付にて氏名確認と検温(非接触型体温計)、手指消毒を実施します。
会場内では常時マスクを着用し、他の方との距離を保ってお楽しみください。
また、会場内に手指消毒用のアルコールを設置しております。こまめな手洗い、手指の消毒にご協力ください。
会場内は常に換気をしています。必要な方は防寒具のご用意をお願いします。
アリーナ(2階)
入場制限があります。入場には事前に配付した入場券が必要です。
会場内に設けている座席の指定はありません。座席の設置の際には、他の席との距離は確保させていただいております。
演目の途中での入退場ができない場合があります。
小体育館(1階)
混雑している場合は一時入場をお待ちいただく場合があります。

徳島県高等学校新人駅伝競争大会(陸上競技部)

 令和3年2月7日(日)に,徳島県高等学校新人駅伝競走大会が鳴門総合運動公園周回コースで行われました。

 本校からは女子が参加しました。結果は途中棄権となりました。この結果をもとに準備をしっかり行って1つ1つの大会を大事にしていきたいと思います。

第1区 猪岡ゆき  第2区 三木凪紗  第3区 山下こころ

 

 

第70回全国高等学校スキー大会(冬季インターハイ)出場

第70回全国高等学校スキー大会(冬季インターハイ)出場

2月6日(土)~2月10日(水)に長野県飯山市で第70回全国高等学校スキー大会,アルペンの部が行われました。

本校からは,1年生の谷さくらさんがジャイアントスラローム・スラロームに参加しました。
 コロナ禍の中,完全無観客など制限の多い大会で,満足な練習もできないなかでの参加でしたが精一杯競技に向かい合うことができました。来年度も出場を目指し,頑張ってほしいと思います。

 

 
 
 

四国高校選抜大会ソフトテニス女子個人戦

1月23日(土)に第16回四国高等学校選抜大会の女子個人戦が行われました。
脇町高校からは,県予選を勝ち抜いた5ペアが出場しました。
結果は,準々決勝に3ペアが勝ち進み,その中から工藤・上田ペアが優勝!
昨年度に続いて,個人戦は2年連続の優勝です。
今回も無観客での開催となりましたが,日頃応援して下さっている皆さんの声援を心に感じながら,最後まで粘り強く戦い抜くことができたと思います。

 

全日本高校選抜ソフトテニス四国予選(女子)

1月15日(土)~16日(日),香川県の善通寺市民体育館にて,第46回全日本高校選抜大会四国地区予選会が開催され,県大会優勝の脇町高校は,四国各県の1位校によるリーグ戦に出場しました。
新型コロナウィルス感染拡大防止のため,今年度は無観客での開催となりました。
試合結果は以下の通りです。

 2-1尽誠学園高校(香川)
 1-2今治北高校(愛媛)
 3-0中村高校(高知)
 

本校は準優勝となり,全国大会の出場権を獲得しました(13年連続)。
昨年は,全国大会への切符を手にしましたが,コロナ禍により大会中止が決定し悔しい思いをしました。
今年は3月の全国大会で精一杯プレーができる事を信じて,チーム一丸となって頑張っていきます。

剣道部 大会結果報告(1月)

1月に出場した大会の結果を報告します。

1月17日(日) 第65回徳島県高等学校剣道新人

大会兼全国選抜大会徳島県予選
男子団体 1回戦
      脇町 3(5) ー 2(4)  阿南高専
     2回戦
      脇町 0(1) ー 5(10) 富岡西        

1,2年生のチームになり,初めての団体戦に出場することができました。
チームとして1勝できたとに喜びを感じましたが,上位校との対戦では打突の強さやタイミングなど,まだまだ稽古が必要だと思い知らされました。今年度の大会はこれで終了ですが,来年度の会長杯や総体に向けて,課題を克服するために稽古に取り組みますので,今後とも応援よろしくお願いします。

県高校新人大会結果(バスケ男子)

県高校新人大会 1月11日(月)藍住町民体育館

男子1回戦 対 阿波

    42-70

 

降雪のため9日開催が11日開催に延期,会場も変更して大会初日が行われました。

「一事が万事」。10月の選手権大会から取り組みの甘さが出た内容でした。当たり前のことは完璧に取り組み,新年度に向けて高い意識を持って努力していきたいです。

 

保護者の皆様,急な変更にも関わらず送迎等ご協力ありがとうございました。

3部合同トレーニングを実施しました

12月13日(日),陸上部・ラグビー部・男子バスケットボール部で合同トレーニングを実施しました。午前中は徳島市の小松海岸,午後は鳴門市の妙見山でランや筋トレ中心のメニューを行いました。部の枠組みを越えて全員で声を掛け合いながら,しんどいメニューもやり切ることができました。それぞれ競技は違いますが,目標を持って一つのスポーツに取り組む仲間として刺激をもらい,絆も深めることができたと思います。今年度はコロナ禍の中,多くの制限のある中での部活動になっていますが,このような機会があることで本校の部活動も盛り上がっていけると感じました。

今後も仲間として切磋琢磨し,各部目標達成に向けてそれぞれ取り組んでいきたいです。

脇町高校野球部による野球教室

日 時:令和2年12月12日(土)13:30~16:00
場 所:脇町高校グランド
参加者:脇町高校野球部 20名
    SC美馬 17名
内 容:ウォーミングアップ・キャッチボール・捕球練習・シートノック(高校生)・ティーボール・質問など

 脇町高校野球部員による野球教室を行い,SC美馬の選手17名が参加してくれました。最初は,いつもと違う環境に戸惑いもあったようですが,練習を通して交流をするなかで少しずつ打ち解け,最後に行ったティーボールは大いに盛り上がりました。
 SC美馬の選手からは,「足を速くするにはどうしたらよいか。」「どうすれば速く送球動作に入れるか。」「野球と勉強の両立はどうしているのか。」など多くの質問があり,高校生は自分たちの経験を踏まえて回答していました。
 また,選手からは,「教えることは難しかったが,基本を確認するよい機会となった。」や「子ども達が純粋に野球を楽しんでいる姿を見て,初心に戻ることができた。」などの高校生にとっても新しい気付きを得る機会となり,双方にとって有意義な1日となりました。

 

 

 

第100回高校ラグビー県予選,四国地区オータムチャレンジトーナメント

 11月1日から15日まで,花園出場をかけた県予選を戦いました。本校ラグビー部は,
準優勝という結果に終わりましたが,今年度は100回の記念大会ということで,四国の
2位チームのうち1校に花園出場のチャンスがありました。徳島県2位として,愛媛県の
新田高校と対戦しましたが,決勝に進出することはできませんでした。これまで,保護者の皆様をはじめ,地域の方々やOB会など,多くの方よりご支援いただきましてありがとうございました。また次年度の大会に向けて,新チームで頑張っていきますので,今後ともよろしくお願いいたします。
◆11月1日 対 城北高校 35対5



◆11月8日 対 阿波高校 74対7



◆11月15日 対城東高校 0対40



◆11月21日 四国地区オータムチャレンジトーナメント 
 対新田高校(愛媛) 22対35




ご声援ありがとうございました。

第58回徳島県高等学校弓道新人大会

日時: 令和2年12月5日(土)
    午前:男子の部   午後:女子の部
場所: 鳴門・大塚スポーツパーク弓道場

第58回 徳島県高等学校弓道新人大会 が行われました。
男子は出場19チーム中2位の成績で予選を通過し,4校で競われる決勝トーナメントに進みました。準決勝で徳島北を10-8 で退けましたが,決勝では9-11と城東に惜しくも敗れました。女子も予選で18チーム中2位の好位置につけ,2月に行われる阿讃大会の出場権を得ました。

校内茶会を開催しました。

 本年度は,県総合文化祭,脇高祭の茶会など,校内外の行事が中止となり,茶道部の成果を披露する場がありませんでした。そこで,校長先生や担任の先生方をお招きし,ささやかながら11月26日に校内でのお茶会を開きました。

 お茶会に向けて1,2年生は練習に懸命に励み,細かい所作を確認しながら,よい緊張感を持って当日を迎えることができました。例年はお点前を披露するのは2年生だけですが,今回は1年生も盆略でお点前をし,先生方に披露することができました。

 2年生の生徒は「コロナ禍の中,呈茶する機会がなく残念に思っていたが,このような機会を与えてくれて感謝している。これからも精進していきたい。」と感想を話していました。

 

新人大会下見登山①(山岳部)

 11月14日、今年度最後の大会である新人戦の下見に行ってきました。場所は四国八十八カ所鶴林寺が名前の由来になっている鶴林寺山山域です。「一に焼山(焼山寺)、二にお鶴(鶴林寺)、三に太龍(太龍寺)」と並び称される阿波難所の一つで、山頂までは「へんろころがし」と言われるほどの急登です。旧大井小学校からの登り返しもあり体力が必要なコースですが、今回はゆっくり読図をしながら山行してきました。

中学生合同練習会について(男子バレー)

11月14日(土)、うだつアリーナにおいて中学生との合同練習を行いました。
近隣中学校には男子バレー部が少なく、
バレーボールをしたい男子中学生は、普段は女子バレー部と練習を行っています。
そこで、中学生にとっても高校生にとっても刺激になればと、
月に1回程度合同練習を開催しています。
2回目となった今回は、3中学校17名の中学生が参加してくれました。
基礎基本のプレーの確認が中心でしたが、
前回の練習会よりも上達が見られ、それぞれが楽しそうに積極性を持って参加してくれました。
高校生にとっても刺激的な時間となり、今後の成長につなげてもらいたいです。

今後も継続的に活動をして参りますので、参加希望の方はご遠慮なくお問い合わせください。 

剣道部 大会結果報告(11月)

11月に出場した大会の結果を報告します。

11月15日(日) 第54回徳島県高等学校剣道選手権大会
          男子個人5名 ともに1回戦敗退1名
                    2回戦敗退4名
          女子個人1名    2回戦敗退         

コロナ禍での稽古は,いろいろな制限がありました。稽古不足により動きが鈍く,思うように技が出せない場面が多々ありました。久しぶりの実戦で,他校の生徒の状況も分かり、「負けていられない」という気持ちは強くなったことだと思います。
一月の新人戦に向けて,今の課題を乗り越える稽古を積んでいきたいと思いますので,今後とも,応援よろしくお願いします。

文芸部 第39回徳島県高等学校総合文化祭に参加して

 11月5日,待ちに待った徳島県高校文化祭の日がやってきました。今年度は感染症対策の都合で,文芸部門では各高校の代表生徒による参加となりましたが,こうして文芸に触れられる機会が得られたことを嬉しく思います。本校からは2年生の部員2名が参加しました。
 今年度は四国大学文学部教授佐々木義登先生を講師にお招きして「小説の書き方」についてのご講演と参加生徒によるワークショップが行われました。佐々木先生のお話に聞き入る生徒の皆さん,引率の先生方。小説の奥深さを各々が感じ入ったことでしょう。
 ご講演の後は,いよいよ生徒の皆さんのワークショップ「小説の書き始めを書いてみよう」。皆さんの真剣な表情,会場に響く鉛筆の音。文芸にかける想いが集結したように感じました。

 本校では後日の部会で,代表生徒が高文祭で学んだことの報告と会場で執筆した小説の書き出しを披露しました。参加できなかった生徒たちは興味津々です。これから冬にかけて,小説づくりに取り組もうという生徒も出てきました。

 今回の高文祭で得たことを今後の部活動に活かし,素敵な作品づくりに励んでいきたいと思います。そして,来年度は例年通り,各校から文芸部員がたくさん集まってワークショップができることを願います。

本校生徒も熱心に取り組みました。

  

第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会徳島県予選会の結果報告(男子)

上記大会の試合結果を以下の通りご報告させていただきます。

 

令和2年11月1日(日)  於:城南高校


準々決勝

脇町 2−0 城北

(25-14,25-15)

準決勝

脇町 0−2 徳島科学技術

(14-25,15-25)

 

第3位という結果になりました。

 

新型コロナウィルスの影響を受け,

3年生にとっては今大会が今年度の最初で最後の大会となりました。

優勝という目標は達成できなかったものの、

選手一人ひとりが非常にいい表情でバレーを楽しむ姿を見せてくれました。

 

応援ありがとうございました。

第55回徳島県高等学校女子ソフトボール新人大会

 今大会は、部員数が足りなかったため、同じく部員数が足りない城南高校と合同チームで出場しました。事前に2度、それぞれの高校で合同練習を行った上で大会当日を迎えました。


日   時:2020年11月7日(土)11月8日(日)
場   所:吉野川北岸グランド
参加チーム:池田高校辻校 つるぎ高校 川島高校 徳島商業高校 城南・脇町高校
結   果:第3位
準決勝  城南・脇町高校 0ー30 徳島商業高校

 

 


 現部員にとってはじめての大会出場、それも合同チームでの出場のため、生徒たちは緊張していたようですが、そのなかでもそれぞれができることをやりきったように思います。最後は城南高校の部員の皆さんとも打ち解けることができていました。
 大会出場に際し、常に本校部員たちをリードしてくださった城南高校ソフトボール部顧問の先生・部員の皆さん、応援にきてくださった保護者の皆さんほか関係の方々、本当にありがとうございました。春の大会では、両校ともに単独チームで出場できるよう、部員獲得に励みたいと思います。

第39回徳島県高等学校総合文化祭 美術・工芸部門(美術・イラスト部)

 11月5~8日『第39回徳島県高等学校総合文化祭 美術・工芸部門』があわぎんホールにて開催されました。
 本校からは2年生5名、1年生1名が出品し、2年生1名が優秀賞・奨励賞、また別の1名が奨励賞をいただきました。優秀賞受賞者は、来年度和歌山県で開催される第45回全国高等学校総合文化祭美術・工芸部門の徳島県代表に推薦されました。今回はコロナ対策のため、搬入搬出は少人数で行い、いつもであれば行われる交流会も中止となりました。

優秀賞・奨励賞    
「2ちゃい」

     

 

奨励賞

「地動説」         「キラキラワタシ」

 

「月下鳥」          「雲の上の城」

 

 

「手洗いうがい・消毒・ペンギン」

 

高校ラグビー徳島県大会激励会

 11月2日(月)に地元のラーメン店「天竜」さんのご厚意により,高校ラグビー徳島県大会の激励会を開いていただきました。食欲旺盛なラグビー部の選手に対し,たくさんの美味しい料理を提供していただき,選手たちにとって大きな活力となりました。ありがとうございました。また,この激励会は本校ラグビー部に対する,地元の方々の強い思いを直接感じることができる貴重な機会となりました。
応援していただいている地元の方々や保護者,OB,脇高生,すべての人々の思いを胸に徳島県大会では,一戦一戦,精一杯戦いたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

 

第39回全国高等学校弓道選抜大会 徳島県予選大会

日時: 令和2年10月31日(土) 男子の部
    令和2年11月 1日(日) 女子の部
場所: 鳴門・大塚スポーツパーク弓道場

第39回 全国高等学校弓道選抜大会 徳島県予選大会が行われ,
本校弓道部は健闘し,男子団体3位。男子個人3位の成績をおさめました。
その結果,11月15日に琴平高校で行われる四国新人大会への出場権が認められました。

ソフトテニスシングルス選手権大会(女子)

11月1日,JAバンクテニスプラザにて徳島県高等学校ソフトテニスシングルス選手権大会が開催され,女子ソフトテニス部の12名が出場しました。
ペア競技であるソフトテニスにおいて,シングルスの試合はあまり多くありません。選手たちは今大会に向けてシングルスの練習や対策を行ってきました。一人一人順調に勝ち進み,ベスト8に6名が進出しました。しかし,にわか雨や体調不良など,臨機応変に対応する力が求められる場面も多くありました。
結果は,優勝(上田選手)
    準優勝(逸見選手)
    第三位(西村選手・藤本選手) となりました。
優勝した上田選手は,来年度開催予定のハイスクールジャパンカップのシングルス徳島県代表選手として推薦されます。
来月はインドアでの試合を控えています。今大会で見つかった個々の課題を反省し,次の大会でも勝利を目指して努力していこうと,選手たちもやる気を見せています。
応援してくださった皆さん,ありがとうございました。

全国高校選手権大会県予選結果(バスケ男子)

全国高校選手権大会県予選 10月24日 アミノバリューホール

男子1回戦 対 小松島高校
    54-98

8月の総体代替大会の悔しい結果を糧に練習に取り組んできました。
試合序盤シュートがよく入りましたが,だんだん相手の高さに屈し自分たちのペースで試合ができなくなりました。「強い相手に立ち向かえるチームになる」にはまだまだですが,少しずつできることを増やしていき,チームとして成長していきたいです。新人戦ではまず初戦突破できるよう頑張ります。

全国高校選手権大会県予選結果(バスケ女子)

全国高校選手権大会県予選 10月25日 アミノバリューホール

女子2回戦 対 池田高校
    33-63

8月の総体代替大会に引き続き,2年生が助っ人に来てくれ今大会も無事に出場することができました。3年生1名も引退せず今大会出場のために取り組んできました。結果は残念でしたが,身体を張ったディフェンスやリバウンド,積極的なシュートも多々あり,力を出し切れた内容になったと思います。
人数不足やコロナの影響でなかなか思う通りの活動ができない現チームでしたが,卒業生の協力や他校の先生方生徒さんのご配慮のおかげでここまで活動することができました。
一生に一度しかない高校生活で目標を持ってバスケットボールができたことに感謝して,これからも部として真摯に活動していきたいと考えています。

令和2年度徳島県高等学校ソフトテニス新人大会 女子団体

0月24日 JAバンクテニスプラザにおいて、令和2年度の新人大会が行われました。
今大会は全日本高等学校選抜ソフトテニス大会一次選考会も兼ねています。
気持ちのよい秋晴れの中、試合が開始しました。
脇町高校の初戦は2回戦、対戦高は徳島北高校です。結果は3-0で勝利。
続いて準決勝は対徳島商業高校。結果は2-0で勝利し決勝へ。
決勝戦は富岡東高校との対戦。ここも2-0で勝利し優勝を決めました。
今大会ベスト4の4校が、全日本高等学校選抜大会の最終予選を戦うことになります。

 

会場に来て下さった関係者の皆さん、応援ありがとうございました。

第22回四国高等学校新人陸上競技選手権大会 陸上競技部

10月17日(土),18日(日)に愛媛県松山市で第22回四国高等学校新人陸上競技選手権大会が行われました。本校からは8名の者が9種目に出場しました。本年度初めての四国大会でしたが,それぞれの目標に向かって頑張ることができました。また,多くの方に応援に来ていただきありがとうございました。
☆結果☆
女子円盤投  桑原あい(2)第4位  男子ハンマー投 藤原朋樹(2)第6位
男子5000m 平尾快(1)第6位  男子1500m 田岡信一(2)第8位
女子砲丸投  臼杵夢乃(2)予選    女子砲丸投   桑原あい(2)予選
男子やり投  篠原優太(2)予選   男子円盤投   住友洸太(2)予選
女子ハンマー投 中村有希(2)予選

 

 

 

 

 

活動報告(美術・イラスト)

 2学期頭の文化祭にて横断幕の作成・企画展を行いました。企画展の内容は「部誌」「幸せを掴むネコ」「レジンのマスクチャーム・ストラップ」の販売と、2階渡り廊下にて生徒の作品展です。今年はコロナ対策のため、部活で話し合いを重ね準備をすすめました。具体的には、受付にて消毒・記名、美術室内の動線誘導テープの設置、販売物の個別包装等です。一般公開できませんでしたが、たくさんの生徒や教職員の方に来ていただけました。
 現在は来月「あわぎんホール」にて開催予定の高文祭に向けて、作品制作に頑張っています。ぜひ見に来てください。

 

 

 

 

選手権大会(山岳部)

 10月17日18日、県西部の箸蔵山山域にて選手権大会が行われました。男子は7校68人、女子は4校11人の計79人が参加しました。本校からは1年生男子7人、女子1人の計8人が初めての個人戦に臨みました。結果は男子団体5位、個人16位(谷奥)、女子個人7位(喜多)となりました。
 1日目は幕営地である池田高校三好校にて天気図・課題テスト審査を行い、体育館にて就寝しました。2日目は朝4時起床6時行動開始、日本の東から冷たく湿った空気が流れてきた事によるガス発生のなか幻想的な山行をしてきました。

 

令和2年度徳島県高等学校ソフトテニス新人大会 女子個人

10月10日JAバンクテニスプラザにおいて、令和2年度の新人大会が行われました。
脇高はどのペアも1つずつ確実に勝ち進み、準決勝2試合はどちらも脇町高校同士の戦いとなりました。
結果は、美馬・逸見ペアが優勝! 惜しくも工藤・上田ペアが準優勝。
第3位には、藤本・滑田ペアと柏木・井馬ペアが入賞しました。
この勢いのまま、24日の団体戦も勝利を勝ち取ってきてくれることを期待しています。
台風接近による天候不良が心配される中でしたが、今回も応援に来て下さった皆様に感謝申し上げます。

選手権大会下見登山③(山岳部)

 10月11日、大会前最後の下見に行ってきました。今週末に行われる選手権大会は年3回ある公式試合の内、唯一の個人戦です。コースの状況だけでなく、植生についてもゆっくり確認しながら登ってきました。

  

 

  

令和2年度徳島県高等学校ソフトテニス新人大会(男子)

10月11日(日)にJAバンクテニスプラザ(徳島市)で徳島県高等学校ソフトテニス新人大会(男子個人)が開催され,県下から106ペアが出場しました。

本校男子ソフトテニス部からは9ペア18名の生徒が出場し,菅野・川本ペアがベスト8に入り,次の2大会の出場権を獲得しました。
徳島県高等学校シングルス選手権大会(11月1日)
第17回四国高等学校選抜ソフトテニス大会(令和3年1月予定,高知)
また,10月24日に開催される団体戦では第4シードになりました。団体戦は全日本高等学校選抜ソフトテニス大会の一次予選もかねており,最終予選会には上位4チームが出場できます。10月24日の団体戦でベスト4以上に入れるよう練習を重ねていきますので今後も応援よろしくお願いします。

第50回徳島県高等学校新人陸上

 令和2年9月20日(日),21日(月)に鳴門ポカリスエットスタジアムにおいて,第50回徳島県高等学校新人陸上競技が行われました。自己ベスト・四国大会への出場を目指し,23名の選手が参加しました。本校からは8名の選手が10月17日(土),18日(日)に愛媛県で行われる四国新人大会に出場します。
☆主な結果☆
 女子砲丸投   第3位 臼杵夢乃(2) 女子円盤投 第2位 桑原あい(2)
 女子ハンマー投 第1位 中村有希(2),第3位 臼杵夢乃(2)
 7種競技    第1位 辻岡梨々子(1)
 女子フィールドの部 第2位
 
 男子1500m 第3位 田岡信一(2) 男子5000m 第2位 平尾快(1)
 男子やり投   第2位 篠原優太(2)

☆四国新人陸上出場者☆
 中村有希(2)女子ハンマー投  臼杵夢乃(2)女子砲丸投
 桑原あい(2)女子円盤投,女子砲丸投
 篠原優太(2)男子やり投    藤原朋樹(2)男子ハンマー投
 住友洸太(2)男子円盤投    田岡信一(2)男子1500m
 平尾 快(1)男子5000m

  

 

 

 
 
 

選手権大会下見登山②(山岳部)

 9月12日、メンバーを変えて2回目の箸蔵山に登ってきました。天気予報通り、途中で雨が降り始めましたが、護摩殿前の休憩所で昼食を兼ねた休憩をし、雨がやむのを待ちました。相変わらず虫に悩まされましたが前回よりは減っており、秋に近づいてきていると感じました。