ブログ

地理歴史科

教育課程研究指定校事業 地理歴史科 に関する実践報告(歴史分野①)

 今年度から新規で教育課程研究指定校事業を受け(前回から合わせると3年目の取組となります),地理歴史科の新しい授業実践の機会をいただくことになりました。今年度の実践をホームページにて定期的にご報告させていただきます。

 去る9月24日にはオンラインでの「世界史A」研究授業を実施しました。この日の授業を含む単元として「歴史の扉を開けよう」(全5時間)を設定しました。これは現行課程「世界史A」(1)世界史へのいざない イ 日本列島のなかの世界と歴史 の学習内容に位置づけられます。なお本校では「世界史A」「日本史A」の共通する学習項目については地理歴史科の担当者が共同で授業づくりを行っており,本単元の内容は現行課程「日本史A」においては(1)私たちの時代と歴史 に位置づけられます。また新課程「歴史総合」A歴史の扉(1)歴史と私たち を見据えたものになっています。

 本単元を貫く【基軸となる問い】を「19世紀末から徳島にはどういう変化が起こったのか。それはなぜか。」に設定し,第一時となるこの日の授業では【本時の問い】「「問いへの「答え」を導くのに必要なのは,どのような史資料か。」について学びました。デジタルアーカイブを活用して江戸時代の古地図から徳島の繁栄の鍵を握る“ある産物”(皆様も予測してみてください)の物流について読み取ったり,19世紀末を境に徳島に変化をもたらした原因を世界の動向にまで広げて予測して関係しそうな史資料を読み取ったり,と様々な史資料から「問い」への考察を行いました。

 盛りだくさんの内容でしたが,生徒たちはこれまで学んできた知識をもとに史資料の読解や必要となりうる史資料の予測に熱心に取り組みました。生徒たちから出てきた意見はどれもよく考えられており,なるほど,と感心するものでした。

 今年度はグループワークを実施しにくい状況にはありますが,生徒たちは他の人と一定の距離を保ちながら短い意見交換の時間で交互に意見を出し合うなど,周囲に配慮しながら可能な範囲で他者との協働的な問題解決学習を楽しんでいます。

 今回の研究授業,また教育課程研究指定校事業全般にわたって今年度も文部科学省から大森淳子調査官,中島則夫調査官,藤野敦視学官,鳴門教育大学から梅津正美教授,伊藤直之准教授,徳島県教育委員会から寒川由美指導主事のご指導をいただくとともに,たくさんの方々からご協力をいただいて授業実践を継続できています。厚くお礼を申し上げます。また今回の研究授業では日本各地からたくさんの先生方にご参観いただき,感想等のコメントも多く寄せていただきました。先生方からいただいた声を今後の授業づくりに反映させていきたいと思います。ありがとうございました。次回はこの授業の続きとなる本単元第二時の授業について報告させていただきます。

授業風景 

研究協議(文部科学省の先生方はオンラインで参加されました)

 本時の学習指導案
令和2年度 教育課程研究指定校事業 研究授業 地理歴史科(世界史A)学習指導案【歴史総合を見据えた授業実践】.docx

令和2年度教育課程研究指定校授業(校内公開授業)

7月1日,文部科学省から指定を受けて本校が3年前から取り組んでいる教育課程研究指定校事業(地理歴史科)の一環で地理総合を見据えた地理B(3年生)の校内公開授業会を行いました。次期学習指導要領から必履修科目となる「歴史総合」・「地理総合」を踏まえ,本校の生徒に身につけてほしい「歴史的また地理的な見方・考え方」や「現代社会の諸課題に向き合う力」を引き出す授業を行いました。コロナ渦の中で,アクティブラーニングなどが実施できない状況の中で,思考力を高める問いの工夫,一人一枚のホワイトボードの活用,思考力の変容を見取るワークシートの工夫など,試行錯誤を行いながら授業実践を行いました。計2時間の授業実践では,徳島県教育委員会指導主事の寒川先生をはじめ,20名を超える先生方が参観し,多くの貴重な意見や感想をいただきました。今後も,このような機会を積極的に設け,新必履修科目「歴史総合」・「地理総合」の各単元構想や授業づくりに臨みたいと思います。

令和元年度教育課程研究指定校事業報告と今年度の事業計画

本校では平成30年度より2年間,文部科学省から教育課程研究指定校事業(地理歴史科)の指定を受けて,新課程「歴史総合」「地理総合」を見据えた「歴史的な見方や考え方」や「地理的な見方や考え方」を育成する授業実践に取り組んできました。この間の実践内容,研究成果と課題をまとめた最終報告をさせていただきます。

今年度,新規で教育課程研究指定校事業の指定を受け(継続3年目),さらに2年間の実践を続ける機会を得ました。昨年度までの実践の課題を踏まえ,地理歴史科各科目の「見方・考え方」を踏まえた科目相互の連携,「問い」を重視した評価の研究,電子黒板を活用した教科横断型授業の促進等の実践を進めたいと考えています。

前回の教育課程研究指定校事業では,関係機関の皆様からの多数のご助言や,日本各地で先進的な授業実践に取り組まれている学校への訪問の機会をいただきました。今年度からの2年間も引き続きご指導をお願いいたします。

令和元年度研究成果最終報告書(徳島県立脇町高等学校).docx

令和元年度研究成果最終報告スライド(徳島県立脇町高等学校).pdf