ブログ

地理歴史科

地理歴史科 令和3年度教育課程研究指定校事業 成果報告

 本校の地理歴史科が文部科学省から指定を受けて4年間取り組んできた教育課程研究指定校事業が本年度で終了します。この4年間,文部科学省,鳴門教育大学,徳島県教育委員会の先生方をはじめ,多くの関係者の方々に支えられて実践を行うことができました。また全国の先生方に授業をご参観いただいて貴重なご意見をいただくことができました。

 今年度の実践による成果報告を書面でご報告させていただきます。次年度から始まる「地理総合」「歴史総合」の参考になれば幸いです。

 貴重な機会をいただき,ありがとうございました。

令和3年度最終成果報告書(徳島県立脇町高等学校).pdf

地理歴史科教育課程研究指定校事業 研究協議会 報告

 去る2月4日(金),文部科学省からの指定を受けて4年間取り組んできた教育課程研究指定校事業地理歴史科の研究協議会がオンラインにて開催されました。

 「地理総合」「歴史総合」に向けた取組と地理・歴史の枠組みを超えた取組の実践例,本事業4年間の歩み,生徒及び教職員アンケート結果,次年度以降の展望 について報告しました。

 研究協議会では日本各地の先生方からご参加をいただきました。本年度の実践に加え,4年間継続して取り組んできた「問いの立て方」,「単元構想の作り方」,「生徒や地域の現状に合わせた授業づくり」,「教科会」についてもお伝えすることができました。次年度から始まる「地理総合」「歴史総合」の授業づくりに役立てていただければ幸いです。

 文部科学省から藤野敦氏,中嶋則夫氏,空健太氏,これまで担当してくださった濵野清氏,大森淳子氏,鳴門教育大学から梅津正美氏,伊藤直之氏,徳島県教育委員会から西岡昌子氏,これまで担当してくださった藤川美和氏,寒川由美氏のご指導をいただき,本事業を4年間継続して行うことができました。また地域の方々や外部機関のご協力もいただいたことで,生徒の学習環境を整えることができました。そして本校生徒の真摯に取り組む姿勢が,実践をより充実したものにしてくれました。

 たくさんの方々の協力に厚くお礼を申し上げます。今年度の実践をまとめた最終報告書を年度末に作成し,本校HPにも掲載する予定ですので,そちらもぜひご覧ください。

【1.25最新】地理歴史科教育課程研究指定校事業 研究協議会の資料掲載

 本校の地理歴史科が文部科学省からの指定を受けて4年間取り組んできた教育課程研究指定校事業が最終段階を迎えます。

 本年度の実践また4年間の取組の総括を,来る2月4日(金)に開催される「教育課程研究指定校事業 研究協議会」にて報告させていただきます。本校の発表時間は14:30~15:00 その後に質疑応答等が行われます。

 当日の説明に使用する資料【スライド,指導案(「地理B」「日本史A」),授業で用いたワークシート3種類】を事前に掲載させていただきました。研究報告会にご参加くださる皆様は,こちらの資料をご参照ください。

 多くの方々に支えていただき,4年間の本事業を終えることができました。ありがとうございました。研究協議会にて本事業の取組を皆様にお伝えしたいと思います。ご指導のほど,よろしくお願いいたします。

<資料訂正のお知らせ>

1/24に掲載したデータ(発表用のスライドです),学習指導案(日本史A,地理B)に訂正があります。【1.25掲載】とタイトルを付け直した資料を当日の発表で使用しますので,こちらをお使いください。

【1.25掲載】R3掲載用データ公36徳島県脇町高等学校地理歴史4午後.pdf

【1.25掲載】地理歴史科(日本史A)学習指導案.pdf

【1.25掲載】地理歴史科(地理B)学習指導案.pdf

R3 Ⅱ-3(1)「歴史総合」に向けた取組 第7時ワークシート.pdf

R3 Ⅱ-3(2)「地理総合」に向けた取組 第6時ワークシート.pdf

R3 Ⅱ-3(3)地理・歴史の枠組みを超えた取組 導入ワークシート.pdf

 

地理歴史科教育課程研究指定校事業 2学期の授業実践報告

 地理歴史科は文部科学省から指定を受けて教育課程研究指定校事業に取り組んでいます。2学期も次年度から始まる「地理総合」「歴史総合」を見据えた様々な授業を実践してきました。主な取組を報告します。

 

①「歴史総合」を見据えた授業 新課程大項目B(3)近代化と私たち をもとに作成した単元(8時間構成)

 9/22 オンラインによる第7時の研究授業(文部科学省の先生方をはじめ,申込みをいただいた全国の先生方にご参観いただきました)

 今年度は3年生地歴A科目の授業で「近代化と私たち―国民国家の形成―」と題した単元の授業を,1,2学期をかけて実践してきました。9/22の研究授業では,第6時までの学習+自分たちの研究に基づいて「国民国家形成の理由」を各グループが発表しました。発表を通じてさらに広い視野で「国民国家とは何か」,「自分たちの現在の生活にどうつながるか」を考えることができました。

 

②「歴史総合」を見据えた授業 身近な資料に触れ,意欲的に読解する 校誌『芳越』の読み取り

 11月の3年生地歴A科目の授業で,大正期の本校の校誌『芳越』を読みました。約100年前の自分たちの直接の先輩が当時の社会をどのように捉えていたのかを知ることができました。「共感」「違和感」を感じながら,少々難しい表記に苦しみつつも,楽しみながら読むことができました。

 

③「歴史」「地理」の枠組みを超えた地理歴史融合型授業  その1 

  10/19 校内研究授業 新課程大項目A「歴史の扉」に基づく単元

 1,2学期をかけて2年生日本史Bの授業では,「歴史の扉を開けよう」(昨年の2年生も実施)と題して,藍を軸にした徳島の歴史についての研究を行いました。今年度は地歴融合の観点を強めて,古地図や文献資料はもちろんのこと,国土地理院の地図や今昔マップ等,地理の学習で用いられるデジタルデータも活用して学習を進めました。資料を皆で分担しながら読み取り,複数の情報を共有し,地理と歴史の結びつきを改めて体感できました。

 

④「歴史」「地理」の枠組みを超えた地理歴史融合型授業  その2

 11月の3年生地歴A科目の授業で,インダス文明について学習しました。「地形」「気候」「他地域とのつながり」「自分たちの生活のつながり」など,時空間を超えて様々な視点から捉えることができました。この授業は,校内遠隔授業で行いました。地理担当の松岡先生がインダス文明の歴史の授業を各クラスに配信し,他の地歴科教員がサポートとして各クラスに入りました。途中で画面や音声が途切れるアクシデントもありましたが,臨機応変に対応して無事に授業を実施できました。

 

⑤「地理総合」を見据えた授業 新課程大項目A 地図や地理情報システムで捉える現代社会 をもとに作成した単元(8時間構成)

 12/16 第6時の研究授業(文部科学省の先生方にご参観いただきました)

 2学期から2年生地理Bの授業で実に多数の地図や地理情報システムを活用した授業を実践しています。研究授業では,「グローカルって何だろう」というテーマで新型コロナウィルス感染拡大を人流という視点から捉え,リアルタイムの人の移動を画面上で確認して情報を読み取り,感染拡大との関連性について考察しました。

 

 2/4にオンライン開催される教育課程研究指定校事業研究協議会では今年度の取組,そして本事業に関わらせていただいた4年間の歩みを報告します。当日用いる資料は事前に本校HPにて掲載しますので,ご覧ください。

 今年度も文部科学省,鳴門教育大学,徳島県教育委員会の先生方をはじめ,多くの関係者の方々に支えられて実践を行うことができています。3学期も新課程の教育活動を見据えた主体的な学習を実践していきますので,引き続きご協力をよろしくお願いします。

 

授業の様子

   

 

 

 

 

 

 

 

「歴史総合」及び「地理総合」を見据えた授業の実践報告②

引き続き,公開授業の実施について掲載します。教科は同じ地歴でも,指導する教員が入れ替われば,それぞれの専門分野を活かした授業が行われ,生徒たちも新たな視点や興味関心をもつことができます。今後より学びが深まることを期待しています。

「地理総合」を見据えた「世界史A」では,地理的な見方・考え方を取り入れた授業が行われました。初めて受ける地理歴史融合型の授業に生徒たちも興味津々でした。

6月23日の公開授業(地理歴史融合型)の様子