SSH 生徒の活動

生徒の活動

世界農業遺産「にし阿波の傾斜地農耕システム」認定5周年記念シンポジウム参加

日 時:令和5年3月5日(日) 12:30~16:30
場 所:つるぎ町就業改善センター
参加者:2年生6名
内 容:
 徳島県西部「にし阿波」地域の農耕システムが世界農業遺産に認定されて5周年となったのを記念してシンポジウムが開かれ、次代を担う人材の代表として本校生徒6名2グループがそれぞれの取組を発表しました。1つは昨年度から取り組んでいる地域の名人を取材する「聞き書き調査」です。本校では探究部の4グループが調査を行いましたが、今回はその代表として東祖谷のそば文化の継承に取り組んでいる都築さんを取材したグループが発表しました。2つ目は傾斜地農法で用いられる「カヤの保水性」に着目した研究を発表しました。こちらは研究を始めて3年目となりデータも増え、その効果が立証できつつあります。生徒にとっては初めて地域の方々の前での発表であり、緊張もありましたが、地域の思いを引き継ぐ人々との出会いや交流を持てる非常に貴重な機会となりました。

シンポジウムの詳細についてはこちらのサイトからご確認ください → リンク

令和4年度高校生ビッグデータ活用コンテスト【優秀賞・ヤフー賞】

日 時:【 発表  】令和4年12月21日(水) 
    【表彰式】令和5年2月21日(火)

場 所:【発表】オンライン 【表彰】徳島県庁
参加者:科学部5名 

 本校探究部5名が高校生ビッグデータ活用コンテスト1次審査を通過し、2次審査で昨年末に発表をZOOMによるオンラインで行いました。ヤフー・データソリューションDS.INSIGHT提供データをもとに「にし阿波を活性化させる観光バス」といったテーマでデータを分析し、徳島県西部の観光を活性化させるアイデアを提案しました。審査の結果、優秀賞とヤフー賞をダブル受賞することができました。

 また、このほど表彰式として徳島県「教育の情報化」推進フォーラムの開会行事の一環として徳島県庁で行われ、代表生徒が参加し、表彰を受けました。あわせてヤフー株式会社から本校の取組についての取材も受けました。

 コンテストのサイトは こちら です。  作品は こちら からご覧ください。

【SW-ingアカデミー】講演会における質問への回答

 令和4年12月21日(水)に,株式会社WOTA代表取締役CEO 前田 瑶介 氏による講演会を実施し,その中で,生徒から非常に多くの質問が出されました。今回,前田氏のご厚意で,すべての質問にお答えいただきました。お忙しい中、ご対応いただき、本当にありがとうございました。

【wotaが広く普及することで具体的に何が起こりますか?】
→小規模分散型水循環システムが普及することで、より持続的で、強靱、安全な水インフラを構築でき、どこでも誰でも水を自由に使える世界を実現したいと考えています。

【小型の浄水器は災害など以外にどのようなことに使われているのですか?】
→WOTA BOXは日常でも、上下水道が無い場所での仮設シャワーとして活用されています。たとえば、屋外スポーツイベントやお祭り、建設現場などです。WOSHは商業施設・飲食店・病院等で活用されており、これまで200万回以上の手洗いを提供してきています。

【私たちの生活にwataのシステムが完全に普及されるようになるのはいつ頃になりそうですか。】
→WOTAのシステムを活用した商品はすでに使える物もあります。特に手洗い器のWOSHであれば、徳島の美馬市役所にも設置されています。水道代替としての小規模分散型の水循環システムは、地域の特性を見て、必要としている場所に展開していきます。そのため、全ての家に「完全に普及」という表現ではないですが、2030年を目処に水問題に課題がある国内外の地域に広く普及することを目指しています。

【徳島県の自治体でWOTAの導入を検討している自治体はありますか?】
→美馬市、松茂町、藍住町、美波町にすでにWOTAの商品が導入されています。

【どの程度の水の汚れなら循環水として利用できますか?】
→雨水や河川水などの自然淡水も使用可能です。溶解性の毒物、劇物などが流れ込んでいる場合は不可。

【下水のインフラ整備ができていない地域は各家庭が浄化槽を整備していますが,家庭排水を循環するにはどれぐらいの費用がかかりますか?】
→運用費用という面では、4人家族家屋で年間10万円程度です。

【WOTAを使うためには電源が必要だと思いますが,ソーラーパネルの太陽光で補うことはできますか?】
→可能です。

【水の浄化にはフィルターが必要ですが,どれぐらいの頻度で交換する必要がありますか?】
→シャワー約50回目安で交換が必要となります。

【バイオトイレなどは水が不必要ですが,かくはんと微生物の発酵に時間がかかるため大人数で使用するには限界があります。WOTAは時間を気にせず大人数が連続で使用することはできますか?浄化するためにある程度の時間をおく必要がありますか?】
→汚水処理に関しては、生物処理を行いますので、浄化の時間は必要です。WOTAで開発している住宅設置用の商品は、貯水タンクの水の活用も含めて、4人家族が日常生活をしている中で水を不自由なく使える設計にしています。

【水を循環する装置はどのくらいの値段で買えますか。】
→現在発売しているWOSHは150万円程度/WOTA BOXは500万円程度の価格となります。

 【災害現場では、もともときれいな水(飲むことができる水)が少ないもしくは無いと思うのですが、循環装置を使うための最初の水はどこから調達していますか?また災害現場では、シャワーを浴びたりトイレを使うための水も大切だと思うのですが、一番は飲料水だと思います。物資だけでは賄えないと思うのですが現場ではどうやって手に入れていますか?この二つの質問にお答えいただければと思います。】
→▼循環装置を使うための最初の水の調達について
災害現場の状況によりますがWOTA BOXを使用する際の最初の水については、防火水槽、井戸水などの水、雨水や河川水などの自然水も使用可能です。現場に水がない場合は給水車の水を活用する場合もあります。

▼災害現場での飲料水の調達について
被災地の状況によりますが、飲料水の調達は自治体の備蓄や給水車によって賄われる場合が多いです。これまで数十の被災地での支援実績がありますが、飲料水が不足している状態はありませんでした。飲料水は最も重要ではありますが、飲用水は一人あたり3L/1日、入浴(シャワー)は一人当たり50L以上/1回のため、必要とする水量が圧倒的に違います。日本赤十字社の発表によると、災害時の“水”の課題の上位3つは「1.入浴 /2.トイレ/3.飲料水」とされており、WOTABOXを活用して災害時に1番の課題となっている入浴の提供を行っています。

【前田先生の思い描く世界は、どんな世界ですか?】
→一人一人がいきいきと生活しながら、自然との調和が取れている状態です。人間の自由な経済・文化活動が、自然や社会に悪影響を出さずに済むようになっているような世界です。

【影響を受けた本があれば教えてください。
→「小学館版 学習まんが人物館 本田宗一郎」です。世界一のバイクメーカーであるHONDAの創業者である本田宗一郎氏の伝記ですが、これを小学生低学年の頃に100回以上読んだ記憶があります。

【自分の好きなことや調べたい事の研究をしているときに心がけていた事は何ですか。】
→新しい分野のことを調べるときは、常にその道で世界一なのは何かを調べ、その上でなるべくそれを実際に目で見るなり知っている方と直接話すようにしてきました。

【WOTAに勤めるにはどうしたらいいですか。採用基準を教えてください。】
→水問題の解決への情熱が全てだと思っております。情熱を他者に伝えるには、具体的な成果が必要です。例えば、水問題の解決に関するアイデアを持ってきていただければ、貴殿の情熱が伝わるのでは無いかと思います。

【今後、日本で水問題が解決していくと、財源確保の他にどのようないいことがありますか?】
→より綺麗な水がより安く使えたり、災害時にも断水で困らなくなったり、等々、色々なメリットがあります。

【企業を立ち上げた当初のメンバーはどのような人たちでしたか?
また、企業や法人を立ち上げる際、どこからメンバーを集めればよいでしょうか?】
→その時々で変わりましたが、大事なことは、文化祭の「お化け屋敷」と同じです。自分がやりたいことを実現するのにどういうメンバーとやりたいか、やる必要があるかを考え、その人たちに自分のアイデアを伝え、対話をし、やりたいと言ってくれるまで魅力的に説明することです。場合によっては、既に知っている人だけでなく、まだ知らない人にも声をかける必要があるかもしれません。立ち上げるときは、自分の納得できる最高のメンバーを集めることに全力を尽くすべきだと思っています。

【実際にミライズにあるドラム缶を使ったんですけどスマホの表面を殺菌してくれる装置がありました。水以外にも何か取り組んでいるのですか。】
→新型コロナウィルス感染症対策として、手洗い後に除菌されたきれいなスマートフォンを使えるようにしたいという想いから、スマートフォンの除菌の機能の実装を行いました。

令和4年度 脇町高等学校生徒発表会

実施日:令和5年2月17日(金)
日 程:14:30 ~ 15:45 
発表数:1年生クラス代表(31作品)及び全2年生(54作品)
参加者:運営指導委員,中学高校教員,大学院生 他 14名
内 容:
 日頃取り組んでいる課題研究の成果を,全校生徒が参加する対面形式によるポスター発表会を行いました。各学年・コースの発表内容は次の通りです。

1年生は【SW-ingリサーチ ローカルアクト】として,9月から「地域課題解決」をテーマに個人で課題研究に取り組みました。そして本日は各クラスの代表者が発表を行いました。なお,ドイツからの留学生であるFinn君も「日本とドイツの違い」というテーマで発表を行いました。
2年生B・Cコースの生徒は【SW-ingリサーチ グローバルアクト】として,4月から「SDGs」を共通テーマに,3~4名のチームで課題研究に取り組みました。本日は全チームが発表を行いました。
2年生Sコースの生徒は【探究科学Ⅰ】として,自然科学・情報科学分野の課題研究に取り組んでおり,その成果の中間発表を行いました。

  生徒にとって,対面によるポスター発表は初めての経験でしたが,原稿を読むのではなく,目の前の聴衆に向けて自分たちの取組を堂々と説明することができていました。また,聴衆側も積極的に質問しており,活気のある発表会となりました。
 他学年や外部の方々との交流を通して,声の大きさや発表内容などについて,新しい気付きも得ることができる貴重な機会となりました。

  

 

【SW-ingリサーチ ローカルアクト】クラス内発表

日 時:令和5年2月3日(金)14:55~15:50【総合的な探究の時間】
参加者:1年生(165名)
内 容:
 1先生は「地域課題解決」を共通テーマに,9月から個人で課題研究に取り組んできました。今回、その成果をクラス内で発表し,ルーブリックを使って相互評価を行い,クラス代表を選出しました。クラス代表は、2月17日(金)に行う生徒発表会において,ポスター発表を行います。

 

ルーブリック.docx

  

とくしま創生アワード2022 ひらめき賞奨励賞受賞

日 時:令和5年1月27日(金) 13:30~18:00
場 所:パークウェストン
参加者:2年生2名、3年生1名

内 容:
 とくしま創生アワード2022最終審査会・表彰式に代表者3名が参加しました。今回新設されたビジネスの「タネ」を発掘するひらめき賞に本校の2チームが奨励賞を受賞しました。それぞれのチームの代表者が当日の表彰式に参加し、表彰を受けるとともに各部門の最終審査の様子を見学しました。学生だけでなく起業家による本気のプレゼンテーションや徳島ゆかりの実業家のお話を聞ける貴重な機会となりました。

【受賞作品及びチーム】 

「集まれ!!リバーサイド」 チームみりなな

「子供の子供のよるこどものための公園」 レボリューション

令和4年度「科学の甲子園」徳島県大会 受賞結果の報告

令和11月19日(土)に行われた、令和4年度「科学の甲子園」徳島県大会において、本校から参加した6チームの中から、次の1チームが表彰されました。

奨励賞 チーム5
樽角さん、大塚さん、前田さん、佐古さん、三好さん、逢坂さん

 

【SW-ingアカデミー】講演会

日 時:令和4年12月21日(水)10:35~12:20
講 師:前田 瑶介 氏
    株式会社WOTA   代表取締役CEO
演 題:水問題を構造からとらえ、解決に挑む
参加者:1・2年生
内 容:
 本校卒業生である株式会社WOTA  代表取締役CEO 前田瑶介氏をお招きし,講演会を実施しました。「水問題」を「環境問題」だけでなく「人口問題」も踏まえて構造的に捉えることや、その課題解決に向けた「目的の純度と熱量」の重要性について、お話しいただきました。「自分が感じた問題を解決することが世界のためになる」という前田氏の話は、生徒の心に響き、学習や課題研究への生徒のモチベーションを大きく高めてくれました。

  

 

生徒感想(一部抜粋):
〇講演を聞いて、水問題について以前よりもより深く考えることができたし、今の現状を詳しく知れたのが良かったです。また、高校生であっても少しずつ世界を変えていくことはできるかもしれないという可能性も感じました。
〇学びの多い時間でした。蛇口をひねると水が出る、水道の水を使用することができるというのは決して当たり前のことではないと気づきました。今後、様々な経験や体験をして、将来自分がしたいこと、なりたいものを見つけていきたいです。
〇「小さなことに挑戦する」 「熱い想いを持って挑戦し続ける」。前田さんのそのような言葉に、続けることが億劫で大きなことに挑戦するのに失敗を恐れる私は、心を打たれました。お忙しい中、私達高校生に貴重な話をお聞かせ頂いて本当に感謝しています。ありがとうございました!
〇これからの地球を、人々の未来をつくりだすのも壊していくのも自分たちなんだと感じた。また、世界で起こっている水問題をはじめとした環境問題は他人事ではないと自覚することができた。

【SW-ingリサーチ】和菓子製造販売店との商品開発

日 時:令和4年11月19日(土) 15:00~17:00 
場 所:[ ]&Work (アンドワーク)
講 師:川田 浩司 氏
参加者:6名(2年生4名 1年生2名)
内 容:
 美馬市主催の「未来創造アカデミー 実践編」に参加している生徒6名が、和菓子の製造販売店のご協力の下、新しい視点で新商品の開発に取り組んでいます。今回は、本校卒業生の川田 様(高50回)から、商品への思いや和菓子の現状などについてお話をいただき、前回作成した「和菓子に対するSWOT分析」のブラッシュアップを行いました。下はその一部です。今回の活動を通して、「砂糖が多いほど保存効果が高い」「羊羹がエネルギー源としてニーズが高い」など新しい学びがあり、今後のSW-ingリサーチでの取り組みにいかしたいと思います。
 なお、本校卒業生の 梶浦 様(高69回)と 谷 様(高69回)がファシリテーターとして生徒のアイデア創出をサポートしてくれました。

S(強み)
  ・低カロリーで食べやすい
  ・人生の節目や季節ごとの需要がある。
  ・見た目がきれい
O(機会)
  ・エネルギー源としての和菓子
  ・インバウンド増加
  ・コロナ明け
W(弱み)
  ・手軽さがない
  ・ながら食べができない
  ・特別な日しか食べない
T(脅威)
  ・若者は洋菓子の方を好む
  ・和菓子コーナーが狭い
  ・友達と遊ぶときに持って行くイメージがない

 

【SW-ingアカデミー】サイエンスカフェ

日 時:令和4年11月21日(月) 16:10~17:30 
場 所:脇町高校 図書室
講 師:加藤  遼 氏(徳島大学 ポストLEDフォトニクス研究所)
    有廣 悠乃 氏(徳島大学)
参加者:本校生徒19名(3年生7名 2年生11名 1年生1名)
内 容
 徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所で、光を駆使した顕微鏡開発とその医歯薬分野への応用について研究されている加藤先生をお招きし、サイエンスカフェを実施しました。加藤先生から、光ピンセットの原理などのお話をしていただき、そのあと、光ピンセットを活用してどのようなことが実現できるかアイデアを創出しました。「本に付着した手垢などを取り除けるのではないか」「がん細胞を取り除けるのではないか」「それなら、薬を患部に届けられるのではないか」などいろいろなアイデアが出されました。
 加藤先生への質問では、「光の波長は光ピンセットに影響を与えるのか」「光の強さは関係するのか」など多くの質問が数多く出され、質問できなかった生徒は、サイエンスカフェ終了後に加藤先生に直接質問をしていました。
 今回は、有廣先生がファシリテーターとして参加していただき、グラフィックファシリテーションの手法も学ぶことができました。生徒にとって、光技術を学ぶだけでなく、活用方法について考える、貴重な機会となりました。