SSH 開発教材等

開発教材等

SW-ing教材「事実と意見」

1年生が実践する「SW-ingリサーチ ローカルアクト」では,本校が独自に開発した「SW-ing教材」を活用して,課題研究に取り組むための基礎力を育成します。

今回は,根拠のない情報に惑わされないために、事実と意見を区別するための教材です。

図や文章など、さまざまな試料を用いて、事実なのか意見なのかを意識する習慣を育成します。 

 

事実と意見_授業プリント.docx

事実と意見_授業マニュアル.docx

事実と意見_足跡.docx

[探究活動] Sw-ing教材 「地域が抱える問題解決」

 

「Sw-ingリサーチローカルアクト」では1年生が地域が抱える問題をテーマとして探究活動を実施します。RESASやe-statのデータ等を根拠として地域が抱える問題点を見つけ,その解決方法を考え提案させます。全13時間の授業計画の流れと教材等です。

 

授業の流れ.pdf

1_地域が抱える問題(説明用スライド).pptx

2_RESASの使い方(説明用スライド).pptx

3_問題解決ワーク(説明用スライド).pptx

ワークシート3.docx

「地域の問題」ルーブリック.pdf

SW-ing教材「批判的思考②」

1年生が実践する「SW-ingリサーチ ローカルアクト」では,本校が独自に開発した「SW-ing教材」を活用して,課題研究に取り組むための基礎力を育成します。

今回は,CMなどで日常的に用いられる数字をどのように捉えるのか考えるための教材です。

「〇〇%の人が痩せました。」などの数値は、いつ、誰が、どのような方法でデータ化したのか,考える習慣を育成します。

 ・批判的思考②授業プリント及び補助資料.docx

 ・批判的思考②授業マニュアル.docx

 ・批判的思考②授業スライド.pptx

SW-ing教材「批判的思考①」

1年生が実践する「SW-ingリサーチ ローカルアクト」では,本校が独自に開発した「SW-ing教材」を活用して,課題研究に取り組むための基礎力を育成します。

今回の教材は,課題研究に取り組むために必要となる「批判的思考」について理解を深めることを目的としています。

マイナスイオンや血液型診断など,生徒にとってなじみ深いキーワードを出発点に,批判的思考について考えます。

 ・批判的思考①授業プリント.docx

 ・批判的思考①授業スライド.pptx

 

 

[物理] 単振動(単振り子・ばね振り子)エクセルワークシート

 

単振り子とばね振り子の実験のワークシート(エクセル)です。

実験データの分析と考察の仕方を学ばせるための教材です。単振り子の実験ワークシートには生徒がどのようなことを書いたらいいかがわかるように工夫をしています。

「実験レポートの書き方」も参考にしてください。

 ・授業の流れ.pdf

 ・単振り子の実験ワークシート.xlsx

 ・鉛直ばね振り子ワークシート.xlsx

 ・実験レポートの書き方.pdf

 

RESASを活用した教材について

 本校ではRESASを活用した教材を開発し、美馬市のご協力をいただきながら授業等で使用してきました。RESAS(地域経済分析システム)は、内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)および経済産業省が、産業構造や人口動態、人の流れなどに関する官民のビッグデータを集約し、可視化するシステムとして提供しています。英語の〔Regional Economy(and)Society Analyzing System〕の頭文字を取って、「RESAS(リーサス)」と呼ばれています。本校の職員が開発に携わったRESASを活用した教材と本校の取組が以下のサイトに紹介されています。ぜひご覧ください。

https://teacher.resas-portal.go.jp/

実践事例 教材 インタビュー

本校における「科学的思考力(SW-ing SLC)」について

 2期目のSSH事業において「全生徒対象の科学技術人材の育成」をテーマに掲げ,全教科・科目で授業研究を進めてきました。その共通目標として「科学的思考力(SW-ing SLC)」を設定し,活用してきました。本校の「科学的思考力(SW-ingSLC)」は,「社会の様々な問題について,知識と収集した情報を組み合わせることで分析し,論理的に本質を見極め,解決方法を見いだし,さらには自分の考えを適切にわかりやすく表現する能力や態度」をまとめたもので,論理的思考力や情報分析力にとどまらず,表現力や協働力も含めた総合的な学力として設定したものです。各項目・内容については生徒の実態や教員の意見を反映して毎年少しずつ整理・改訂を行いました。この設定・改訂にあたっては鳴門教育大学 川上綾子教授よりご指導・ご助言をいただきました。 3期目の採択を受けた本年度のSW-ing SLCは,昨年度のものをベースに,各教科での学びを統合して思考したり,課題解決に向けて適切に計画し,適宜振り返りつつ調整したりできる力など,質の高い探究活動を実践し,変化の激しい社会を主体的に生き抜くために必要な汎用的能力を意識して設定しています。SW-ing SLCを中核にカリキュラム・マネジメントをデザインすることで生徒主体のPDCAサイクルを確立するとともに,全教員が共通意識を持って授業作りに取り組み,教科を超えた活発な授業参観・授業研究を促進することも狙っています。

 

2020年度SW-ingSLC.pdf