活動の記録

第4回 脇高ミライ文化祭のご案内

第4回 脇高ミライ文化祭のご案内
日時:
2022年3月26日(土)
   開場 8:30  開演 9:00
場所:脇町高校体育館
   (受付は体育館入口になります。校舎内への立入はできません。
    お車で来校される方は
本校駐車場をご利用ください。正門からお入りください。
入場料:無料
※脇高ミライ文化祭へのご来場には,今回の脇高ミライ文化祭チラシにあるQRコードからの事前申込が必要になります。

 内容(時間につきましては現在予定しているものです)

[アリーナ(2階)]
  9:00 開会式
  9:15 演劇研究部
10:30 吹奏楽 アンサンブル
(11:00 休憩)
11:30 放送
12:30 吹奏楽部
      第14回定期演奏会
13:30 終演

[小体育館(1階)]
  9:00~14:30 展示等
 科学部(演示実験)
 家庭クラブ・エシカルクラブ
 華道部
 JRC(募金活動)
 書道部
 美術・イラスト部
 文芸部(部誌販売)

[新型コロナウイルス感染対策について]
感染対策を実施しております。ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
会場全体
3月26日より1週間前における次の項目に当てはまる方や体調の優れない方はご来場をお控えください。
・平熱を超える発熱(おおむね37度5分以上)がある
・咳やのどの痛みなど風邪の症状、全身倦怠感、呼吸困難、嗅覚・味覚障害等の症状がある
・新型コロナウイルス感染症陽性とされた人との濃厚接触がある
・同居家族や身近な知人が感染を疑われている
・入国後の自宅等待機を求められている
受付にて氏名確認と検温(非接触型体温計)、手指消毒を実施します。
会場内では常時マスクを着用し、他の方との距離を保ってお楽しみください。
また、会場内に手指消毒用のアルコールを設置しております。こまめな手洗い、手指の消毒にご協力ください。
会場内は常に換気をしています。必要な方は防寒具のご用意をお願いします。
各会場で混雑している場合は一時入場をお待ちいただく場合があります。
アリーナ(2階)
会場内に設けている座席の指定はありません。座席の設置の際には、他の席との距離は確保させていただいております。
演目の途中での入退場ができない場合があります。

第64回徳島県高等学校新人駅伝競走大会

 2月6日(土),鳴門第2陸上競技場で行われた,県高等学校新人駅伝競走大会に参加しました。今回は,城東高校・富岡東高校との合同チームでの参加になりました。コロナウィルス感染予防の観点から,今回はトラックでの実施となりました。慣れない環境のなかではありましたが,しっかりと走ることができたと思います。

☆結果☆

 第1区8km 平尾 快 25分23秒57

 第2区3km 田岡 暁 9分49秒69

県高校新人大会結果(バスケ男子)

県高校新人大会 1月8日(土) 阿南光高校

男子予選トーナメント1回戦 対 小松島西高校

          67-101

 

ウィンターカップ予選での悔しい敗戦から3か月,勝ちたいという気持ちが空回りした時間帯が多くありました。

どんな状況でも落ち着いて試合運びができる力を身に付けていくためには,厳しい状況を常に想定して自分たちで考え乗り越えていく習慣が必要だと思います。

総体まであと5か月,この悔しさを忘れずに努力していきたいです。

 

保護者の方々,遠方への練習試合の送迎等ご協力ありがとうございました。

文芸部 第36回全国高等学校文芸コンクール文芸部誌部門奨励賞

 今年度9月に発行した脇町高校文芸部誌『文卵』が第36回全国高等学校文芸コンクール文芸部誌部門で奨励賞を受賞しました。今年度で3年連続となります。

 今年度の『文卵』では,「つながり」をテーマにして作品を作りました。読んでくださる皆さんと作品が「つながる」,いかなる状況でも心と心が「つながる」,この『文卵』がそういう存在になれば,と願いを込めて執筆しました。

 多くの皆さまに支えていただいて部誌を発行でき,全国の大会で受賞できました。この喜びを胸に,部員一同これからも優れた作品を作り続けていきたいです。応援をよろしくお願いします。

 なお,『文卵』は随時販売しております。興味を持ってくださった方は,脇町高校文芸部顧問までお問い合わせください。

  

第49回全国高等学校選抜卓球大会県予選(個人戦)

12/27(月)に第49回全国高等学校選抜卓球大会県予選(個人戦)が行われました。

女子シングルスでは1年生の大野詩歩選手が第3位,男子シングルスでは2年生の津村幸宏選手がベスト8という,好成績を収めました。

12月は厳しい寒さの中での大会が続きましたが,毎回どの選手も自分の全力を出し切る良い試合を行うことができました。

次の大会は1/15のシングルスです。この大会でさらに上位入賞できる選手が増えるように励みたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

中・高生による人権交流集会に参加しました。

「中・高生による人権交流集会」は、県内の中学校・高校・特別支援学校の生徒が人権についてともに考え、語り合うことを通して交流を深めるための集会です。コロナ禍により昨年度は書面開催でしたが、本年度は12月19日に教育会館と各ブロックの拠点校を結ぶオンライン開催となりました。

 人権同好会「虹」のメンバーが所属する西部ブロックは、吉野川高校を拠点に「子どもの人権」をテーマにした報告と分科会を行いました。「虹」のメンバーも参加した分科会でのワークショップでは、吉野川高校にいる生徒さんだけでなく、オンラインでつながった生徒のみなさんとともに、子どもの問題に関わる負のスパイラルや、それを断ち切る一つの方策としてのこども食堂のあり方を考えました。その後の閉会行事では、西部ブロック生徒部会の副会長でもある朝妻さんが司会を行いました。

画面上ではありましたが、県内の生徒のみなさんとつながれる貴重な機会となりました。あらためてつながれる喜びを感じた一日でした。

なお、本年度の「中・高生による人権交流集会」のポスターには、本校2年生の三栖さんの作品が選ばれ、開会行事の時には表彰式が行われました。

第42回徳島県高等学校新人学年別卓球大会

 12/11に第42回徳島県高等学校新人学年別卓球大会が開催され,高校2年男子シングルスで本校の津村幸宏選手が優勝しました。今年度の8月に行われた第41回大会1年女子シングルスで準優勝した大野詩歩選手に続き,2大会連続の上位入賞です。

 学年別卓球大会は予選リーグ+本戦トーナメントであるため,かなりの数の試合を戦い抜くことになります。優勝した津村選手をはじめ,全選手が日頃の練習で培った体力や集中力を発揮して善戦しました。

 12/18(団体戦),12/27(個人戦)にも大会が開催されます。各選手が自分のベストを出し切り,チームとして1つでも多くの勝利を得られるように,今後も練習に励みます。応援よろしくお願いします。

 

令和3年度徳島県高等学校総合文化祭文芸部門

 11月4~7日,令和3年度徳島県高等学校総合文化祭文芸部門が開催されました。11月4日の交流会には2年生2名が参加し,四国大学文学部教授の佐々木義登先生による「小説の書き方」講座が開かれました。11月4~7日には各校の作品展示が行われました。

「小説の書き方」講座を受けて,参加生徒が小説の書き出しに挑戦しました。30分程度の時間でしたが,どの生徒も作品づくりに集中して書き上げました。最優秀賞と優秀賞の5作品が紹介され,佐々木先生からの講評もいただき,互いに刺激を得られる良い機会となりました。本校からは森由貴英さんが最優秀賞,森浦綾菜さんが優秀賞を受賞しました。本日の喜びを胸に,この交流会での学びを活かして今後も作品作りに励んでくれることを期待します。

 昨年度は実施できなかった展示も実現し,短歌・俳句・小説・文芸部誌など,各校の工夫の凝らした作品が並びました。他校の取り組みを知ることで自分たちの活動の参考にもなり,今後の部活動が一層楽しみになりました。

 県高校文化祭を通して学校間や生徒間交流ができたことに感謝します。運営に関わってくださった皆さま,文化祭期間中に作品を見てくださった皆さま,ありがとうございました。