活動の様子

活動の様子

四国新人大会・近畿総文祭壮行式

10月8日(金)に四国新人大会・近畿総文祭壮行式を配信で行いました。

四国新人大会は陸上競技部,近畿総文祭は放送部と将棋がそれぞれ出場します。

出場者を代表して陸上部より,今回の壮行式のお礼の言葉と四国大会に向けた熱い思いが述べられました。

各大会当日に,一生懸命取り組んできた練習の成果が十分に発揮できることを願っています。頑張ってください!

出場者紹介 学校長激励の言葉
生徒会長激励の言葉 お礼の言葉

離任式(ザック先生)

9月24日(金)に2018年からALTとしてお世話になったZachariah Paul Martinez(ザカリア・ポール・マルティネス)先生(愛称:ザック先生)の離任式を行いました。
ザック先生は3年前に初めて来日したとのことでしたが,授業や学校行事,普段の学校生活の中もいつも笑顔で誰に対しても優しく接してくださいました。
また,コミュニケーション英語の授業だけでなく放課後等もご指導していただき,多くの脇高生がお世話になりました。

母国に戻られてからも一層のご活躍をお祈りしています。
3年間本当にありがとうございました!
We are looking forward to seeing you again someday!

離任者紹介 離任者挨拶
生徒代表お礼の言葉 花束贈呈

令和3年度 脇高祭

9月1日に前日祭,2日に文化祭,7日に体育祭が行われました。

新型コロナウイルス感染症による様々な制約や天候の問題があるなかで,脇高生全員が一丸となり,今できる最大限の脇高祭を開催することができました。

この度の脇高祭を開催するにあたり,生徒会・実行委員会が中心となり企画・運営にあたりました。日々,準備に励み,より良い脇高祭になるよう一生懸命に取り組んでいました。お疲れ様でした。

 

クラス旗

1年生

11HR 12HR

13HR 14HR

15HR

 

 

2年生

21HR 22HR

23HR 24HR25HR

 

3年生

31HR 32HR

33HR 34HR

35HR

 

 

1日目の前日祭では,吹奏楽部と書道部によるコラボパフォーマンス,3学年各クラスによるクラスパフォーマンスが行われました。

クラスパフォーマンスとクラス旗を合わせた表現の部の結果は以下の通りです。

1学年

1位 13HR

2位 11HR,12HR

2学年

1位 22HR

2位 24HR

3学年 

1位 31HR

2位 35HR

 

前日祭の様子

 

 

 

 

 

 

クラスパフォーマンスの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の脇高祭のテーマ,「青春したい宣言発令!歓声ひろがる脇高祭~脇高色に染めちゃっていいですか~」の下,2日目の文化祭も盛り上がりました。様々な制約があるなかではありますが,模擬店やステージ企画など最大限工夫し,充実したものとなりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目の体育祭では,応援は声を出さない,競技中以外はマスク着用を徹底しながら行いました。練習も十分にできない中,各クラス一致団結し全力を尽くしていました。

 

体育祭の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総合閉会式の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の総合優勝は・・31HRでした!おめでとうございます。

厳しい環境のなかで生徒一人ひとりが努力し,これほどの素晴らしい脇高祭をつくりあげたことは学校全体の自信に繋がるはずです。

この経験をこれからの生活へと活かしてくれることを願っています!

令和3年度 1学期 人権教育活動

こんにちは。脇町高校人権教育課です!

 

 

今年度の1学期に行った人権教育についての取り組みをご報告します。

 

脇高人権の日

本校では毎月11日を「脇高人権の日」とし,全校一斉にひとつのテーマについて考えています。今学期も各クラスの人権委員が分担してテーマ設定と資料作り、人権の日当日の運営を行いました。また放課後には「人権の日だから語る会」を実施し、人権委員と人権同好会「虹」のメンバーを中心に、よりテーマについて深めるための話し合いを行いました。

 

 

 

人権HR活動

 

学年ごとに様々な人権問題について考えました。コロナウイルス感染拡大予防の観点から活動は制限されましたが、ICT機器などを活用し効率的に人権学習を進めることができました。またワークシートなどを利用し学習の振り返りをすることで、知識としてだけでなく実生活でも実践できるような取り組みも行いました。

 

 

 

 

 

教育相談・人権教育職員研修会

 

7月13日 に教育相談・人権教育職員研修会を行いました。

講師には鳴門教育大学 教授 葛西 真記子 様をお迎えし、「性の多様性の理解と支援」について講演をしていただきました。実例や実話を交えたお話はとても分かりやすく、私たちが学校内においても実際の生活においてもどのように性の多様性と付き合っていけばよいかを学び、人権感覚を磨く良い機会となりました。

 

今後も本校人権教育にご協力をお願いいたします。

人権教育課

 

表彰伝達および全国大会壮行式,終業式

7/20(火)に表彰伝達および全国大会壮行式,終業式が配信で行われました。

初めに,先日行われた球技大会の成績披露と表彰が行われました。

その後,部活動関係の表彰伝達が行われ,百人一首,女子ソフトテニス,山岳,水泳,将棋の代表者が校長先生から表彰状を受け取りました。

 

 

 

 

続いて全国大会壮行式では,女子ソフトテニス,吟詠剣詩舞,自然科学,美術の各顧問,担当の先生から紹介をしていただきました。

その後校長先生から激励のお言葉,生徒会長から激励の言葉がありました。出場者代表挨拶では,女子ソフトテニス部の主将が全国大会への抱負を力強く述べました。

それぞれの場所で輝かしい成績をおさめてくれることを期待しています。

 

 

 

その後,終業式が行われました。

校長先生からの訓話では,コロナウイルス感染症への対策は怠らず,有意義な夏休みを送って欲しいという内容のお言葉を頂きました。

3年生は受験に向けての勝負の夏になります。

1,2年生も今しか出来ないことがたくさんあります。

後悔ないようにしっかり計画して有意義な夏休みを過ごしてください。

 

オンラインによる東京大学との連携講座2021.7.15実施

 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻小松崎俊作准教授、錦織大輔さん(工学部大学院1年)千遼太さん(工学部4年)と本校とをzoomでつなぎ「未来の当たり前を創出する」という目的のワークショップを開催しました。アイディアを付箋とホワイトボードとを使うことで可視化し、類推することで未来の当たり前とは何かじっくりと考えていく時間となりました。

 

令和3年度 1学期 球技大会

学年別で日程を分け,7月9日(金)に1年生,12日(月)に3年生,13日(火)2年生の球技大会を行いました。

応援は試合中のクラスのみで他の時間は各教室で待機するなど,感染症対策を講じながらの開催となりました。

3日間ともなかなか天候にも恵まれませんでしたが,生徒の皆さんは一生懸命にボールを追いかけベストを尽くしていました。

クラスの絆が深まり,高校生活のよい思い出ができたと思います。

結果は以下のようになりました。

3年生

男子ソフトボール・バレーボール  優勝 33HR 2位 31HR

女子バレーボール  優勝 34HR 2位 31HR

2年生

男子ソフトボール・バレーボール  優勝 22HR 2位 25HR

女子バレーボール  優勝22HR 2位 23HR

1年生バレーボール 優勝11HR 2位 13HR

 

 

 

  

 

 

四国総体(水泳),西日本選手権大会(女子ソフトテニス)壮行式

7月1日(木),四国総体(水泳),西日本選手権大会(女子ソフトテニス)の壮行式が配信で行われました。

 

出場選手代表者の言葉からは,顧問の先生や保護者の方への感謝の気持ちと試合に向けての強い意気込みを感じました。

  

大会に出場する皆さんが,最大限の力を発揮できることを願っています。頑張ってください!

生徒1人1台端末の活用 「とくしま・GIGA推進月間」

6月12日(土)・13日(日)の週末には全生徒がタブレット端末を自宅に持って帰ってネットワーク接続の設定やMetamojiの初期設定、アプリのアップデート等を行いました。6月13日(月)からは校内授業公開週間としており、タブレット端末を活用した授業も教員間で公開しています。

ーーーーーーー

実施日:令和3年6月15日(火)

使用アプリ等:Classi

内容:Classiのアンケート機能を使って、全学年・全生徒が学習時間調査と志望校調査を行いました。欠席者やネットワーク不調で返信できない生徒が数名いましたが、ほぼ全員が活用しました。

ーーーーーーーー

実施日:令和3年6月16日(水)

使用アプリ:MetamojiClassroom

実施教科:数学Ⅲ(3年生)

内容:数学の問題をmetamojiにより配信、各個人が手書きで答えを入力し、クラス内で共有しました。ある程度、複雑な数式も手書きで入力できましたが、専用のペンがあった方がいいと思いました。

数名の教員が見学しました。

  

表彰伝達並びに四国総体・ソフトテニスハイスクールジャパンカップ出場者壮行式

令和3年6月14日(月)に表彰伝達並びに四国総体・ソフトテニスハイスクールジャパンカップ出場者壮行式が体育館にて中継で行われました。

数多くの部が輝かしい成績を収めてくれた先日の県総体を含め,4月から現在まで受賞した賞等の伝達を行いました。

放送部員による県総体の結果発表の後,各部の代表へ寺澤教頭先生から表彰状が贈られました。 

     

 

四国総体壮行式では,四国総体出場を手に入れた,山岳部女子,ソフトテニス部男女,卓球部男子,陸上部の顧問の先生から,選手紹介並びに四国総体への抱負が述べられました。

また,ソフトテニス部女子は来週開催されるハイスクールジャパンカップへの出場を決めており,出場者の紹介も行われました。 

 

    

 

 

その後,寺澤教頭先生からは四国総体が開催されることに感謝をし,特に3年生は3年間の部活動の集大成として挑んで欲しいと激励の言葉がありました。

生徒会長は,格好いい脇高生の姿を見せて欲しいと強い言葉で選手たちを送り出していました。

次に,出場者代表挨拶を卓球部主将の田岡君が行い,これから勝負に挑む強い気持ちを感じました。

 

 

 

県高校総体に出場した皆さんお疲れ様でした。

輝かしい成績を収めた皆さんおめでとうございます。

四国総体・ハイスクールジャパンカップに出場する皆さん,脇高生や教職員一同応援しています。一人ひとりがベストを尽くし,後悔のない戦いができるよう願っています!

生徒1人1台端末の活用 

実施日:令和3年6月10日(木) 1限目

授業科目等:「社会と情報」 13HR(33名)

内 容:Mtamoji classroomの使い方の説明もかねて「ブラックボックスの中の構造」をテーマに意見交換を行いました。電子黒板に移された他のグループの考えも見ながら話し合いを進めていました。

 

 

 

 

 

 

生徒総会・前期生徒会役員認証式

5月28日(金), 生徒総会・前期生徒会役員認証式がオンライン形式で行われました。

 

生徒総会では1クラスずつ要望や意見を聞いていくなかで、画面越しではありましたが充実した生活を送りたいという生徒の皆さんの熱い気持ちが伝わりました。生徒会役員の皆さんは貴重な意見を受け,できる限り応えられるよう頑張ってくれると思います!

また,後期生徒会役員の皆さんは,今回の生徒総会が最後の務めとなります。半年間、脇町高校のために懸命に活動をしてくれました。

お疲れ様でした!

生徒総会後は,新前期生徒会役員の認証式が行われました。

1人ずつ認証証書授与が行われた後,校長先生から激励のお言葉をいただきました。

 

 

 

その後,前生徒会長と新生徒会長がそれぞれ挨拶をしました。新生徒会長の挨拶からは,コロナ禍においてまだまだ予断を許さない状況ではあるものの、前生徒会長からのバトンを受け継ぎ、脇高生代表として頑張っていこうという決意を感じました。

新生徒会役員の皆さんは,脇町高校をより良くしていけるような積極的な活動を期待しています。頑張ってください!

 

令和3年度 前期生徒会立会演説会

5月21日(金)に前期生徒会の役員を決めるための立会演説会が各教室への配信で行われました。各7名の立候補者と応援弁士が全校生徒の前で力強く演説しました。応援弁士の皆さんは、立候補者への思いや魅力をアピールし、立候補者との絆も感じさせられる素晴らしい演説でした。立候補者の皆さんは、コロナウイルスによる制限を踏まえた公約や脇高祭に関しての公約など各々が抱いている強い思いを述べ、これからの脇高生のリーダーとして脇町高校をより良い学校にしていこうとする熱意が感じ取れる演説でした。

演説終了後は各教室で投票が行われ、放課後には選挙管理委員会による厳正な開票作業が行われました。

選ばれた新生徒会役員の皆さんは、脇高生代表として活動していくことになります。脇高生の期待を背負い、脇町高校の全員が充実した学校生活を送ることのできる学校にしてくれることを期待しています。

 

 

 

 

 

令和3年度 県総体壮行式

5月20日(木)に県総体の壮行式を体育館から各教室に中継で行いました。

昨年度はコロナ禍のため県総体を行うことができなかった2~3年生にとって,今年の総体はより一層気合いが入る大会になります。

その熱い想いを各部のキャプテンが部を代表して語ってくれました。

現在も新型コロナウイルス感染対策を徹底しながら,運動部の皆さんは短い時間の中で一生懸命練習に取り組んでいます。

その練習の成果が発揮され,当日は満足のいくプレーができることを願っています。

頑張ってください!応援しています!

 

 

 

(以下は県総体の日程一覧になります。)

 R3総体日程.pdf

また,壮行式の後は令和4年に行われるインターハイの推進委員会よりお知らせがありました。

来年度四国で行われるインターハイが素晴らしいものになるよう,脇町高校からも盛り上げていきましょう。

 

創立記念講演会

 令和3年5月7日(金)に創立記念講演会を実施しました。昨年度は休業期間中だったため中止しましたが,今年はZoomを活用したオンライン形式で,実施することができました。講師は本校35回卒の徳島大学医学部教授の安友康二先生にお願いしました。先生の高校時代のお話や研究者としての人生について,また現在携わっておられる最新の研究についてなど様々なお話を伺うことができました。現在,世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスにも関係している免疫学の研究など,生徒・教職員共に大変興味深くお話を聞かせていただき,有意義な時間を持つことができました。

 演題:「小児科医そして医学研究者 -思いからその実現まで」

 講師:徳島大学医学部 大学院医歯薬学研究部 生体防御医学

    教授 安友 康二 先生

 

 

 

 

 

 

部活動紹介

4月13日(火)に部活動紹介が行われました。

感染防止の観点から従来の形とはいきませんでしたが、各部の部長は工夫を凝らして部の魅力を一生懸命アピールしていました。

1年生は自分に合った部活動を見つけ、充実した部活動生活を送ってください!

 

対面式

4月9日(金)に生徒会司会進行の下、対面式が行われました。

昨年に引き続き、各教室への配信形式で行われ、初めに生徒会長が新入生へ歓迎の言葉を送り、その後、新入生代表生徒がこれからの高校生活への期待と抱負を力強く述べました。

1年生の皆さんは早く高校生活に慣れて、充実した生活を送ってほしいと思います。3学年全体で力を合わせて、より良い脇町高校を築いてくれることを期待しています!

生徒会長挨拶

 

 

 

 

 

令和2年度第3学期 表彰伝達・壮行式・終業式・離任式

3月24日に3学期の表彰伝達・壮行式・終業式・離任式が行われました。新設した放送機器で各クラスに中継され、生徒たちは電子黒板に映し出された様子を熱心に見ていました。

 

♢表彰伝達

3学期も多くの生徒が部活動等で優秀な成績を残し、賞をいただきました。

おめでとうございました!

  

♢壮行式

女子ソフトテニス部が選抜大会に出場するため、壮行式が行われました。

日頃の練習の成果を十分に発揮し、よりよい結果につながるよう応援しています!

♢終業式

今年度の皆勤表彰が行われ、1年生、2年生の代表各1名が表彰されました。

学校長訓話では、春休み中も新型コロナウイルス感染対策に各自が気をつけながら生活し、長く集中して取り組める力を身につけて探求活動や部活動等も頑張ってほしいとのお言葉がありました。

また4月に皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

  

♢離任式

離任される先生方から、脇高生や来年度も脇高で勤める教員に向けて暖かいお言葉をいただきました。

脇町高校のためにご尽力くださり、本当にありがとうございました!

新天地でのご活躍を心からお祈りしています。

       

本年度の活動(人権教育課)

令和2年度における人権教育に関する取組をご報告します。

○「脇高人権の日」
本校では毎月11日を「脇高人権の日」とし,全校一斉にひとつのテーマについて考えています。本年度も各クラスの人権委員が分担してテーマ設定と資料作り、人権の日当日の運営を行いました。また放課後には「人権の日だから語る会」を実施し、人権委員と自主活動サークルの人権「いのち」の会メンバーを中心に、よりテーマについて深めるための話し合いを行いました。

○人権学習ホームルーム活動
各学年で年間5回の人権学習ホームルーム活動を行いました。コロナ禍により活動に制限がありましたが、視聴覚教材を工夫したり、感染対策を行った上でグループワーク等を行ったりすることで、より活発なホームルーム活動になるよう工夫しました。また副担任の先生が授業をする機会を設けたり、2年生ではTV会議システムを利用した学年一斉ホームルーム活動を行われたりするなど、新しい取組も行いました。


○人権問題講演会
本年度は令和2年10月23日に県の「性的マイノリティ」学校教育支援スタッフでもある徳山富子さんをお迎えして性の多様性をテーマに「『ありのままの自分』で生きる」と題した講演を行いました。感染対策のため、テレビ放送での講演になりましたが、当事者の方のお話をふくむ内容で、生徒・教職員ともに考えを深めました。


○自主活動サークル人権「いのち」の会の活動
①校内活動
校内では第1回人権の日の校内放送を担当し、毎回の「人権の日だから語る会」企画・運営を行いました。学校祭では「人権展」の企画・運営を行いました。

②校外活動
中高生による人権交流事業として他校生との交流や研修会に参加しました。ほかにも近隣の学校との活動も行いました。

○職員研修
年間3回、実施しました。令和3年3月12日に実施した第3回研修では1年間の人権教育を振り返り、次年度への改善点を話し合いました。先生方の熱心な話し合いにより有意義な研修となりました。先生方からいただいたご意見をもとに、次年度からの人権教育の充実を図っていきます。

今後も本校人権教育にご協力をお願いいたします。

人権教育課

sending off ceremony・令和4年度インターハイ種目別ポスター原画募集

 「アジア高校生架け橋プロジェクト」の一環として、本校に中国、インドネシアから1名ずつ計2名が留学していました。12月から約3ヶ月間、脇高生と共に学び、過ごしてきましたが、その日々も本日で最後となりました。
 各教室のテレビ放送にて留学生sending off ceremonyを行いました。生徒会長の英語での代表挨拶の後、留学生からも日本語による挨拶がありました。
 留学当初より日本語が更に上手になり、脇高生の一人として過ごし楽しかった思い出等を話してくれました。留学生からのあいさつを聞き、生徒の皆さんも2人と過ごした思い出がよみがえってきたことでしょう。
 それぞれ帰国した後も脇高での日々がいつまでも良き思い出として残り、今後益々のご活躍につながることを願っています。

生徒代表挨拶

留学生挨拶

 

 その後、本校生徒に向けて令和4年度インターハイ種目別ポスター原画募集のお知らせが行われました。高校生活動推進委員の4名がインターハイに向けた広報活動等を実施してくれています。脇高生の皆さんによる躍動感あふれる素敵なポスターの応募をお待ちしています。

表彰伝達(3年生関係)・令和2年度予餞会

 1月29日(金)に表彰伝達(3年生関係)と令和2年度予餞会が行われました。
 今回は,各教室に設置されている電子黒板を利用し,体育館での表彰伝達・予餞会の様子や生徒会役員が作成した動画等をネット配信しました。生徒たちは,普段のテレビよりも大きく映し出された映像をよく見て,予餞会を楽しんでいました。
 動画を通した後輩たちからの応援メッセージは,受験を控える3年生の心に響いたことと思います。

学校長挨拶

生徒会長挨拶

記念品目録贈呈

3年生代表挨拶

3年生の教室の様子

壮行式・第3学期始業式

 1月8日(金)四国大会・全国大会壮行式,第3学期始業式を行いました。
壮行式では、女子ソフトテニス部、男子ソフトテニス部、スキーで出場予定の選手が紹介されました。それぞれの目標に向かって精一杯頑張ってください!
 その後、第3学期始業式が行われました。生徒たちも教室でのテレビ放送による式にも慣れてきた様子で、テレビ画面に注目し、校長先生をはじめ、各先生方の話を聴いていました。
 新たな年を迎え、気持ちも新たに学年の最後の締めくくりができるよう励んでいきましょう。

 

四国大会に出場される選手のみなさん

 

 

始業式  教室での様子

 

 

表彰伝達・令和2年度第2学期終業式

 表彰伝達および第2学期終業式が校内テレビ放送にて行われました。
 今回の表彰伝達でも,数多くの部活動やコンクール等で輝かしい成績を収めました。表彰されたみなさん,おめでとうございます。
 冬休みを迎えるにあたり,生徒一人一人がそれぞれの目標を持ち,充

実した生活を送れるよう頑張ってほしいと思います。

令和2年度2学期球技大会

12月10日(木)と11日(金)の2日間に,2学期球技大会を行いました。

男子はサッカー,女子はバスケットボールで1・2年生が学年別で試合を行いました。

試合中ではないクラスは教室で待機,応援生徒はマスク着用等の感染防止対策を行いながら,各試合全力でプレーし盛り上がっていました。

 

試合の結果は以下の通りです。

 

男子サッカー

 【2年】1位 25HR 2位 21HR

 【1年】1位 12HR 2位 11HR

女子バスケットボール

 【2年】1位 24HR 2位 21HR

 【1年】1位 13HR 2位 15HR

留学生Welcoming Ceremony

 「アジア高校生架け橋プロジェクト」の一環として,この度本校で中国,インドネシアから1名ずつ,2名の留学生を受け入れることになりました。

 12月1日(火)各教室のテレビ放送にて留学生のWelcoming Ceremonyを行いました。

 生徒会長による歓迎のスピーチを英語で行い,その後留学生の日本語による挨拶がありました。

 初めての日本の学校に登校したということもあり,緊張していた様子でしたが,日本語での挨拶はとても上手で,日本で学びたいという意欲がとても伝わってきました。

 留学生は12月1日から3月14日までの期間、脇高生とともに過ごすことになります。お互いが良い刺激をしあい,これからの学びがよりよいものになってほしいと願っています。

 

    留学生による挨拶

留学生による挨拶①

留学生による挨拶②

   

    生徒会長の歓迎の言葉

生徒会長の歓迎の言葉

令和4年度インターハイ高校生活動西地区推進委員会に参加しました

令和4年度に全国高校総体(インターハイ)が四国4県で開催されるのに先立ち,第1回高校生活動地区推進委員会に本校の推進委員会委員長が出席してきました。

第1回ということで,インターハイでの高校生活動の趣旨や活動例について大会実行委員会の先生方から教えていただいたり,西地区の委員長・副委員長の選出,活動計画についてグループでの話し合い等に参加しました。
本校委員長は,「脇町高校でも令和4年度インターハイに向けて盛り上げていきたい」と意欲を見せてくれています。校内での推進委員会の活動も活発にしていきたいです。

ラグビー部が美馬警察署よりお礼状を頂きました

ラグビー部員4名が美馬警察署よりお礼状を頂きました。

先月,ラグビー部の練習を終えて学校に戻る途中に迷子の男の子を保護し,学校近くの公共施設職員の方に警察への通報をお願いしました。その後,男の子は無事に家族の元に戻ることができました。

本校ラグビー部の生徒たちが競技の結果だけでなく,このような形で地域のお役に立てたことを誇りに思います。
これからも運動部員だけでなく,全生徒・全教職員一同,地域社会に貢献できるよう学校生活に取り組んでいきたいです。

「税に関する作文コンクール」入賞について

「令和2年度税に関する高校生作文コンクール」におきまして、
本校から2名の生徒が入賞を果たし、校長室にて表彰式が行われました。

<国税庁長官賞>
1年 田村 友理恵「幸せを運ぶ税」
   (阿波中出身)

<四国税理士会 脇町支部長賞>
1年 福永 くるみ「税と私たち」
   (三加茂中出身)

なお、国税庁長官賞を受賞した田村さんの作品は、
国税庁のHPにも掲載されておりますので、是非ご一読ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/kids/sakubun/koko/r02/index.htm

おめでとうございました。

 

四国大会(花園四国ブロック代表決定戦)壮行式

先日の県予選で準優勝し,四国ブロック代表決定戦に出場するラグビー部の壮行式を行いました。

本校の中核となって活躍してくれるラグビー部,全力を出し切って頑張ってほしいです。

     出場する選手のみなさん

       学校長激励の言葉

      生徒会長激励の言葉

四国大会壮行式

15日に香川県にて行われる四国高校新人大会に弓道部が出場するため,壮行式を行いました。
コロナ禍の中,こうして部活動が県大会で活躍し四国大会に出場することは,学校全体の活力となります。
日頃の練習の成果を十分に発揮し頑張ってきてほしいと思います。応援しています。

      四国大会に出場する選手のみなさん         

                      学校長激励の言葉

                    生徒会長激励の言葉

生徒会,校長先生とミーティング

校長先生のお声かけにより,今年度も生徒会役員と校長先生とのミーティングが実施されました。
最初に校長先生から,前期後期それぞれの役員に対してお言葉をいただきました。その後,本校の環境面での要望や日頃自分たちが感じている意見等もお伝えしました。なかなか校長先生と直接お話できる機会がないので緊張しましたが,全校生徒の代表として我々生徒会が学校全体を引っ張っていかなければならないと身が引き締まる思いになりました。

令和2年度 後期生徒会役員認証式

10/16 (金) 後期生徒会役員認証式を行いました。
当選した生徒会長と、信任された副会長2名と書記、会計各1名に認証書が校長先生より授与されました。
その後、前生徒会長の退任挨拶、新生徒会長の挨拶がありました。
脇高をよりよい学校にしていくために全力を尽くしてくれることを期待しています。頑張ってください!

 

 

 

  

        前生徒会長退任挨拶

  

       新生徒会長挨拶

 

       校長先生のお言葉

令和2年度 後期生徒会役員選挙立会演説会

10/9 (金) 後期生徒会役員選挙立会演説会を行いました。
今回の後期生徒会役員には
 生徒会長2名 副会長2名 書記1名 会計1名
の立候補があり、生徒会長は選挙、その他の役員は信任投票となりました。
それぞれの候補者の演説では、脇高をよりよい学校にしたいという熱い思いがひしひしと伝わりました。
また、応援弁士による応援演説も各自工夫を凝らして、立候補者の素晴らしいところを伝えていました。

 

表彰伝達・四国大会壮行式

10月9日(金) 7限目に表彰伝達並びに四国大会壮行式を行いました。
コロナ禍の影響をうけ、通常とは異なる形での開催となった大会やコンクールもあった中ではありますが、
運動部、文化部ともに数多くの表彰を受けました。

]

また、陸上部は四国大会に出場するため、四国大会に向けての壮行式を行いました。
日頃の努力が実を結び良い結果が出せるよう応援しています。頑張ってください!

       四国大会に出場される選手のみなさん

令和2年度 脇町高校オープンスクール

日 時:令和2年10月3日(土) 9:00~14:00

対 象:事前申し込みをした中学3年生

日 程: 
      8:30~ 9:00  グループ①受付(体育館玄関),校内見学

           9:00~ 9:50  グループ①授業見学

        10:00~10:30  グループ②受付(正面玄関),校内見学

        10:30~11:20  グループ②授業見学

        12:30~14:00  部活動見学・校内見学


 今年度の脇町高校オープンスクールは新型コロナウイルス対策として体験授業に代わり、グループを2つにわけ授業見学及び校内見学、部活動見学を行いました。多くの中学生にご参加いただき、ありがとうございました。

令和2年度脇高祭(体育祭・総合閉会式)

前日の文化祭に続いて9月4日,体育祭が行われました。天候により開催が危ぶまれましたが,なんとか天気ももち午前中にグラウンドで競技,午後は体育館にてクラスごとのパフォーマンスやダンス等が実施されました。午後のパフォーマンスと総合閉会式は,各教室にテレビで中継されました。体育祭も制限のある中でしたが,生徒たちは全力で競技に取り組み,毎年同様良い体育祭となりました。
5月下旬に学校が再開されてから,生徒会・実行委員会を中心に企画準備をし,本番を迎えました。「限られた環境の中、最大限努力する」ことをモットーに取り組み無事に脇高祭を終えられたことは,生徒たちだけでなく学校全体の自信につながったと思います。
まだまだ様々な面で制限は続きますが,この経験を生かし,何事にも真摯に粘り強く取り組んでいきたいです。

アーチ

1年生

 

2年生

3年生

体育祭

総合閉会式

 

令和2年度脇高祭(文化祭)

 9月3日,脇高祭(文化祭)が行われました。今年は「情熱 熱意 熱狂の3熱で盛り上げろ脇高祭 ~脇高青春革命~」のテーマで,生徒たちが力を合わせて取り組みました。今年は新型コロナウイルス感染対策のため,生徒たちは限られた範囲の中で精一杯できることを考え,最後まで全力で楽しむことができました。今年ならではの脇高祭が生徒の皆さんにとって良い思い出となれば幸いです。

 

 

令和2年度 脇高祭完全非公開について

令和2年度 脇高祭完全非公開について(お願い)

  今年度の脇高祭は,新型コロナウイルス感染拡大防止のため,完全非公開で実施することになりました。楽しみにされていた保護者の皆様や卒業生の皆さん,また地域の方々には大変申し訳ない気持ちでいっぱいですが,生徒と学校に関わっていただいている,すべての皆様の健康と安全を守るため,どうぞご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
 *当日お越しいただいても,学校敷地内に立ち入ることはできません。ご了承ください。

R2 脇高祭非公開について(お願い).pdf

生徒総会・前期生徒会役員認証式

6月19日(金)に生徒総会・前期生徒会役員認証式が行われました。

 今年度は,学校が再開されてから日が浅く,各HRや部活動からの要望を聞くことはできませんでしたが,適宜生徒の皆さんの要望や意見等を聞いていきたいと思います。後期生徒会役員の任期は今回の生徒総会までとなります。後期生徒会役員の皆さん,昨年度から約半年間,素晴らしい活動をありがとうございました。

 

 生徒総会後は,引き続き前期生徒会役員の認証式を行いました。校長先生や前生徒会長からの激励の言葉をいただき,新生徒会長の挨拶からはこれからの生徒会活動を頑張ろうという熱い気持ちが伝わってきました。よりよい学校生活が送れるように,脇高生の代表として積極的に活動してほしいと思います。

 

 

令和2年度 前期生徒会立会演説会

6月12日(金)に前期生徒会の役員を決めるための立会演説会を行いました。各教室のテレビによる放送で,各応援弁士と全6名の立候補者が演説をしました。新型コロナウイルス感染防止対策中の現状を踏まえた公約や今年度の脇高祭に関わる公約等が語られ,どのような状況下でも自分たちにできることを考えて脇町高校を盛り上げていこうという熱意を感じました。演説終了後は各教室で投票が行われ,放課後に選挙管理委員会の厳正な開票作業をして,新役員が決定しました。

19日(金)には認証式が行われ,新生徒会役員として活動していくことになります。脇高生のリーダーとして,脇高生全員が充実した学校生活が送れるよう,生徒会の中心となって積極的に活動をしてくれることを期待しています。

 

 

 

 

対面式

5月25日(月)に対面式を行いました。今年は各教室のテレビによる放送で行われ,生徒会長が上級生を代表して新入生歓迎の挨拶をしました。その後,新入生代表生徒が挨拶として,新しい生活への期待と脇高生として過ごすことのできる喜びを力強く述べてくれました。これから,3学年力を合わせて,より良い脇高を作り上げていってほしいです。

 

脇町高等学校創立記念日について

 5月11日は本校の創立記念日です。緊急事態宣言による臨時休校中ではありますが,本校の歴史を振り返りながら,125年という伝統を感じ,生徒のみなさんが創り出していく,未来の脇町高校について考えてほしいと思います。

          ~歴史と伝統の125年~

 わが脇町高校の前身は旧制脇町中学校です。旧制脇中は、最初徳島県がまだ高知県の管轄下にあった明治12(1879)年2月10日に開校されています。しかし、その後経済的不況もあって、在校生の数が減少し、同18(1885)年4月15日に廃止されました。その後、明治29(1896)年3月31日に徳島尋常中学校の第一分校として、この脇町に再び設置されました。そして公式には本校の歴史をこのときから数え、今年で125年となります。
 明治32(1899)年4月11日には第一分校から、徳島県脇町中学校として独立しました。初代校長は、大久保高明氏でした。同34(1901)年には第1回の卒業生を送り出しています。歴史館にはこの時の39名の卒業写真がありますが、5年間の本校での勉強を経て、進学する者、就職する者、自営する者とそれぞれの道に分かれて巣立っていきました。芳越歴史館にはそれ以降、令和2(2020)年3月1日に卒業した今年の卒業生までの卒業写真が全部そろっています。
 大正3(1914)年末には、ベースボールを「野球」と本邦初訳した中馬庚(ちゆうまんかのえ)校長が着任、そのことは後年「中馬庚野球之碑」として記念されています。ついで第5代校長に美禰嘉衛七(みねかえひち)氏が仙台の第一中学から着任していますが、旧知の著名な詩人、土井晩翠(どいばんすい)氏(当時、仙台の第二高等学校教授)に、本校校歌の作詞を依頼、今、私達が歌っている校歌「見よ、かの蒼天、雲ゆくところ・・・・」ができました。
 昭和17(1942)年ころから20(1945)年の終戦までは、教育に戦争が大きな影を残しています。授業はなしで、野外教練や演習が多くなりました。クラブ活動もこの時代、陸上部は国防競技部に、射撃部は射撃班に変わるなど、戦争のためのものでした。それ以前においては、「質実剛健」の校訓のもと、剣道部や柔道部をはじめ、相撲部、庭球部は度々県下優勝し、全国大会にも出場しています。現在も隆盛である本校のラグビーも、昭和4(1929)年、長谷川茂雄先生を迎え、「四国ラグビー発祥之地」としてスタートし、戦前も7回、全国大会に出場しています。
 昭和22(1947)年、新制教育制度実施により、新制中学校が各町村にでき、わが校は3年制の新制高等学校となりました。その発足は昭和23(1948)年4月1日です。終戦からこの時までは混乱期で、旧制中学校生徒と併設された新制中学校の生徒がおり、また男女共学により、美馬高女(現穴吹高校)から女子生徒が移ってきて、男子校が一時に華やいだといいます。本校のみの、全日制普通科高校となったのは昭和38(1963)年からです。新制高校の卒業式も今年の3月で71回目となりました。
 この125年の間に送り出した卒業生は、旧中卒3,092名、高校20,785名の23,877名にのぼっています。すでに亡くなられた先輩諸氏も多くなりましたが、明治、大正、昭和の各時代のリーダーとして活躍されました。また時代が平成から令和となった現在も、各専門分野にわたる学問の世界や経済界、教育界になどで多くの先輩が活躍中です。これらの脇町高校の歴史と伝統の痕跡の一部は芳越歴史館に集められていますが、私たちは今後、先輩たちのこれらの足跡から学びつつ、令和の時代の新しい脇町高校の伝統を、先生方や同窓生のみなさんと手を携えながら、創造していきましょう。

令和2年度 始業式・入学式

新年度が始まり,新しい先生方をお迎えし,1学期始業式が行われました。

校長先生の式辞において,
  各国の新型コロナウイルスへの対応やその後の動きをみる中で,
 市民や,規範などの面で強い社会と弱い社会があるという新聞のコ
 ラムを引用し,できれば強い社会であってほしいし,生徒の皆さん
 は,その社会の一員として行動してほしい。
とのお言葉がありました。

 

また,午後からは厳粛な雰囲気のなかで入学式が挙行されました。

入学を許可された180名の新入生の顔は頼もしく,大変な状況で
はありますが,早く高校生活に慣れて頑張ってほしいと思います。