活動の様子

活動の様子

令和3年度オープンスクールを実施しました。

本年度のオープンスクールを10月24日(日)に開催しました。

午前中は200名を超える中学生の皆さんが来校し、授業を熱心に見学してくれました。

 

 

午後は部活動見学を実施しました。今年は体験はできませんでしたが、先輩たちの説明を聞きながら活動の様子を見ていただきました。

 

 

~アンケートより~

・実際に脇高の様子を見ることができ、どんな感じかよくわかった。

・授業も部活も雰囲気が良くてとても良かった。

・多くの授業でプロジェクターを使用していた。

・高校生が授業を真剣に聞いているのをみて、自分も受験を頑張ろうという気持ちになれた。

・オープンスクールを通して入学したい気持ちが強くなった。

・中学校と高校の部活動の違いを感じることができた。

中学生の皆さんにとって脇町高校を知る機会の一つとなり、進路選択の参考としていただければ嬉しく思います。

また、開催にあたってのご協力をありがとうございました。

表彰伝達及び後期生徒会役員認証式

10月25日(月)に,表彰伝達及び後期生徒会役員認証式が配信で行われました。

表彰伝達では,部活動や自主的な活動において数多くの輝かしい成績を収めてくれました。きっと,日頃からの努力の賜です。これからも高みを目指し,頑張って欲しいと思います。

 

後期生徒会役員認証式では,先日行われた役員選挙において選ばれた生徒会長,副会長2人,書記,会計の計5名が校長先生によって認証証が手渡され任命されました。

その後,前生徒会長の挨拶が行われ,「自分たちが果たせなかった公約をぜひ実行して欲しい」と新生徒会役員にむけ期待の言葉をかけました。

また,新生徒会長は,「様々なことにチャレンジし,脇町高校をより良く造り変えていく」と全生徒の前で力強く述べました。

校長先生の挨拶では,多くの表彰や新生徒会の誕生を踏まえ「挑戦することは人を変える。脇町高校全体でぜひ様々なことに挑戦して欲しい」と述べられ,これからの脇高を牽引して欲しいという言葉がかけられました。

新生徒会役員の皆さんは,これから様々なことに挑戦する中で大変なこともあると思います。しかし,これからの脇町高校のリーダーとして助け合いながらより良い脇高のために頑張ってくれると信じています!

 

「カンボジアに井戸を作ろう」報告 及び 令和3年度 後期生徒会立会演説会

令和3年10月15日(金)

一昨年度,生徒会が主体となり活動した「カンボジアに井戸を作ろう」の報告が行われました。

脇町高校から寄付した募金により,カンボジアに無事井戸が建設され,写真パネルと報告書が贈られました。

井戸には,しっかりと「WAKIMACHI HIGH SCHOOL TOKUSHIMA JAPAN」と刻まれています。

今後も生徒会を中心に募金活動に取り組んでいきたいと思います。

 

 

続いて,後期生徒会役員の立会演説会が各教室への配信形式で行われました。立候補をした全7人と各々の応援弁士が演説を行いました。

応援弁士は,立候補者を推薦する強い思いを堂々と他生徒へ伝え,立候補者は,これからの脇町高校をより良くしていくための公約等を力強く述べました。

どの立候補者も1番に脇高生のためを思い,脇高生が過ごしやすい脇町高校にするために全力を尽くしてくれると感じました。

放課後には,開票作業が選挙管理委員会によって厳正に行われ新役員が決定しました。後日認証式が行われ,新生徒会役員が始動します。

脇高の中心となり,活躍してくれることを願っています。

   
   
   

四国新人大会・近畿総文祭壮行式

10月8日(金)に四国新人大会・近畿総文祭壮行式を配信で行いました。

四国新人大会は陸上競技部,近畿総文祭は放送部と将棋がそれぞれ出場します。

出場者を代表して陸上部より,今回の壮行式のお礼の言葉と四国大会に向けた熱い思いが述べられました。

各大会当日に,一生懸命取り組んできた練習の成果が十分に発揮できることを願っています。頑張ってください!

出場者紹介 学校長激励の言葉
生徒会長激励の言葉 お礼の言葉

離任式(ザック先生)

9月24日(金)に2018年からALTとしてお世話になったZachariah Paul Martinez(ザカリア・ポール・マルティネス)先生(愛称:ザック先生)の離任式を行いました。
ザック先生は3年前に初めて来日したとのことでしたが,授業や学校行事,普段の学校生活の中もいつも笑顔で誰に対しても優しく接してくださいました。
また,コミュニケーション英語の授業だけでなく放課後等もご指導していただき,多くの脇高生がお世話になりました。

母国に戻られてからも一層のご活躍をお祈りしています。
3年間本当にありがとうございました!
We are looking forward to seeing you again someday!

離任者紹介 離任者挨拶
生徒代表お礼の言葉 花束贈呈

令和3年度 脇高祭

9月1日に前日祭,2日に文化祭,7日に体育祭が行われました。

新型コロナウイルス感染症による様々な制約や天候の問題があるなかで,脇高生全員が一丸となり,今できる最大限の脇高祭を開催することができました。

この度の脇高祭を開催するにあたり,生徒会・実行委員会が中心となり企画・運営にあたりました。日々,準備に励み,より良い脇高祭になるよう一生懸命に取り組んでいました。お疲れ様でした。

 

クラス旗

1年生

11HR 12HR

13HR 14HR

15HR

 

 

2年生

21HR 22HR

23HR 24HR25HR

 

3年生

31HR 32HR

33HR 34HR

35HR

 

 

1日目の前日祭では,吹奏楽部と書道部によるコラボパフォーマンス,3学年各クラスによるクラスパフォーマンスが行われました。

クラスパフォーマンスとクラス旗を合わせた表現の部の結果は以下の通りです。

1学年

1位 13HR

2位 11HR,12HR

2学年

1位 22HR

2位 24HR

3学年 

1位 31HR

2位 35HR

 

前日祭の様子

 

 

 

 

 

 

クラスパフォーマンスの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の脇高祭のテーマ,「青春したい宣言発令!歓声ひろがる脇高祭~脇高色に染めちゃっていいですか~」の下,2日目の文化祭も盛り上がりました。様々な制約があるなかではありますが,模擬店やステージ企画など最大限工夫し,充実したものとなりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目の体育祭では,応援は声を出さない,競技中以外はマスク着用を徹底しながら行いました。練習も十分にできない中,各クラス一致団結し全力を尽くしていました。

 

体育祭の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総合閉会式の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の総合優勝は・・31HRでした!おめでとうございます。

厳しい環境のなかで生徒一人ひとりが努力し,これほどの素晴らしい脇高祭をつくりあげたことは学校全体の自信に繋がるはずです。

この経験をこれからの生活へと活かしてくれることを願っています!

令和3年度 1学期 人権教育活動

こんにちは。脇町高校人権教育課です!

 

 

今年度の1学期に行った人権教育についての取り組みをご報告します。

 

脇高人権の日

本校では毎月11日を「脇高人権の日」とし,全校一斉にひとつのテーマについて考えています。今学期も各クラスの人権委員が分担してテーマ設定と資料作り、人権の日当日の運営を行いました。また放課後には「人権の日だから語る会」を実施し、人権委員と人権同好会「虹」のメンバーを中心に、よりテーマについて深めるための話し合いを行いました。

 

 

 

人権HR活動

 

学年ごとに様々な人権問題について考えました。コロナウイルス感染拡大予防の観点から活動は制限されましたが、ICT機器などを活用し効率的に人権学習を進めることができました。またワークシートなどを利用し学習の振り返りをすることで、知識としてだけでなく実生活でも実践できるような取り組みも行いました。

 

 

 

 

 

教育相談・人権教育職員研修会

 

7月13日 に教育相談・人権教育職員研修会を行いました。

講師には鳴門教育大学 教授 葛西 真記子 様をお迎えし、「性の多様性の理解と支援」について講演をしていただきました。実例や実話を交えたお話はとても分かりやすく、私たちが学校内においても実際の生活においてもどのように性の多様性と付き合っていけばよいかを学び、人権感覚を磨く良い機会となりました。

 

今後も本校人権教育にご協力をお願いいたします。

人権教育課

 

表彰伝達および全国大会壮行式,終業式

7/20(火)に表彰伝達および全国大会壮行式,終業式が配信で行われました。

初めに,先日行われた球技大会の成績披露と表彰が行われました。

その後,部活動関係の表彰伝達が行われ,百人一首,女子ソフトテニス,山岳,水泳,将棋の代表者が校長先生から表彰状を受け取りました。

 

 

 

 

続いて全国大会壮行式では,女子ソフトテニス,吟詠剣詩舞,自然科学,美術の各顧問,担当の先生から紹介をしていただきました。

その後校長先生から激励のお言葉,生徒会長から激励の言葉がありました。出場者代表挨拶では,女子ソフトテニス部の主将が全国大会への抱負を力強く述べました。

それぞれの場所で輝かしい成績をおさめてくれることを期待しています。

 

 

 

その後,終業式が行われました。

校長先生からの訓話では,コロナウイルス感染症への対策は怠らず,有意義な夏休みを送って欲しいという内容のお言葉を頂きました。

3年生は受験に向けての勝負の夏になります。

1,2年生も今しか出来ないことがたくさんあります。

後悔ないようにしっかり計画して有意義な夏休みを過ごしてください。

 

オンラインによる東京大学との連携講座2021.7.15実施

 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻小松崎俊作准教授、錦織大輔さん(工学部大学院1年)千遼太さん(工学部4年)と本校とをzoomでつなぎ「未来の当たり前を創出する」という目的のワークショップを開催しました。アイディアを付箋とホワイトボードとを使うことで可視化し、類推することで未来の当たり前とは何かじっくりと考えていく時間となりました。

 

令和3年度 1学期 球技大会

学年別で日程を分け,7月9日(金)に1年生,12日(月)に3年生,13日(火)2年生の球技大会を行いました。

応援は試合中のクラスのみで他の時間は各教室で待機するなど,感染症対策を講じながらの開催となりました。

3日間ともなかなか天候にも恵まれませんでしたが,生徒の皆さんは一生懸命にボールを追いかけベストを尽くしていました。

クラスの絆が深まり,高校生活のよい思い出ができたと思います。

結果は以下のようになりました。

3年生

男子ソフトボール・バレーボール  優勝 33HR 2位 31HR

女子バレーボール  優勝 34HR 2位 31HR

2年生

男子ソフトボール・バレーボール  優勝 22HR 2位 25HR

女子バレーボール  優勝22HR 2位 23HR

1年生バレーボール 優勝11HR 2位 13HR