令和3年度徳島県高等学校総合文化祭文芸部門

 11月4~7日,令和3年度徳島県高等学校総合文化祭文芸部門が開催されました。11月4日の交流会には2年生2名が参加し,四国大学文学部教授の佐々木義登先生による「小説の書き方」講座が開かれました。11月4~7日には各校の作品展示が行われました。

「小説の書き方」講座を受けて,参加生徒が小説の書き出しに挑戦しました。30分程度の時間でしたが,どの生徒も作品づくりに集中して書き上げました。最優秀賞と優秀賞の5作品が紹介され,佐々木先生からの講評もいただき,互いに刺激を得られる良い機会となりました。本校からは森由貴英さんが最優秀賞,森浦綾菜さんが優秀賞を受賞しました。本日の喜びを胸に,この交流会での学びを活かして今後も作品作りに励んでくれることを期待します。

 昨年度は実施できなかった展示も実現し,短歌・俳句・小説・文芸部誌など,各校の工夫の凝らした作品が並びました。他校の取り組みを知ることで自分たちの活動の参考にもなり,今後の部活動が一層楽しみになりました。

 県高校文化祭を通して学校間や生徒間交流ができたことに感謝します。運営に関わってくださった皆さま,文化祭期間中に作品を見てくださった皆さま,ありがとうございました。