表紙
 

SSHの概要


脇町高校では平成
22年度から5年間にわたりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)として未来を担う科学技術人材の育成に取り組んできました。その成果や課題を踏まえた発展的なSSH事業計画を策定し,平成27年度から5年間の再指定を文部科学省から受けることとなりました。

 

2期脇町高校SSHの基本コンセプトは次のとおりです。
大学や研究所が近隣にない過疎地にある高校において、生徒の理数学習への意欲・関心を高め、知識基盤社会で活躍する科学技術人材の育成を行うため,全生徒を対象とし,全教員で取り組むプログラムと評価手法を開発する。
  
目的・目標
 

1)大学や研究所が近隣にない過疎地にある高校の生徒の理数学習への意欲・関心を高め,科学技術人材を育成する。

2)第1SSHで開発した一部の生徒対象の学習プログラムをもとに,そのプログラムを全生徒対象とし,全教員で取り組むプログラムに発展させる。

3)第1SSHで課題となった評価方法を改善し,新たな手法を開発する。


       SSH全体イメージ(PDF)

 


 ◇平成27年度SSH研究開発実施報告書(第1年次)

    ◇平成28年度SSH研究開発実施報告書(第2年次)