表紙
 
文芸
検索検索
投票する | 投票数(1) | 詳細を表示

活動内容・成績

文芸より >> 記事詳細

2019/11/14

第38回徳島県高等学校総合文化祭文芸部門(文芸部)

| by:文芸

11月7日(木)、あわぎんホールにおいて、第38回徳島県高等学校総合文化祭文芸部門が開催され、文芸部員10人が参加しました。当日の午前は、本校文芸部員は小松島高校の皆さんと歌合わせ(うたあわせ)の準備とリハーサルを行い、午後からの交流会に臨みました。
 昨年の近畿総文祭での歌合わせが大変好評だったため、今回も規模は縮小しましたが、交流会として歌合わせを実施し、本校からは2名が代表選手として参加しました。他の部員は進行の中田蒼さん(15HR)をはじめ、スタッフとして全員が運営にあたりました。
 歌合わせは、紅白のチームに分かれて短歌のできばえを競うもので、歌の背景や歌に込められた気持ちなどを説明します。当事者だけでなくチームで協働して戦うこととしており、最初は遠慮気味でしたが、回が進むにつれて活発に展開されました。
 その後、講師の歌人・竹安隆代先生による短歌についての講演があり、最後に短歌コンクールの表彰式がありました。受賞者6名中4名が表彰されるという好成績を収めることができ、竹安先生からは、「背伸びせず、身近に感じたことを自分の言葉で素直に表現している点がよい」と、お褒めの言葉をいただきました。さらにいっそう、言葉の世界を広げていってほしいと思います。
 最優秀賞
  かき氷二人で分けるブルーハワイひとさじごとに夏が広がる (25HR)友信萌華
 優秀賞
  まだ大きくなれない私のびていく飛行機雲においていかれて (35HR)逢坂咲穂
 佳作
  オレンジの色に染めたる姉の髪何かあるらし二十歳の夏は  (22HR)佐藤志帆
  コーヒーにミルク温めまわしつつあなたへかける小さな魔法 (32HR)松尾依紅

  
  
  



19:03 | 投票する | 投票数(1)