表紙
 

活動報告

SSHコース >> 記事詳細

2013/09/17

SW-ingゼミ(鳴門教育大学)を実施しました。

| by:SSH
【日 時】 平成25年9月15日(日) 13:00~17:00
【場 所】 鳴門教育大学 自然棟 理科実験室 他
【参加者】 SSHコース2年生及び科学部員
【実験内容】
  Ⅰ 温度変化によるヨウ素デンプン反応の可逆性
  Ⅱ 種々の糖類とヨウ素液との反応
  Ⅲ ヨウ素デンプン反応におけるヨウ素種
  Ⅳ ビタミンCのはたらき
  Ⅴ ビタミンC及びベンツアルデヒドを用いた銀鏡反応における酸化体の確認
【主旨】
 酸化還元反応は日常生活に於いて、身近に起こる科学的な現象であり、特に生体内中における活性酸素の功罪と抗酸化物質の効用は注目されている。ヨウ素デンプン反応及び銀鏡反応に抗酸化物質(ビタミンC・ベンツアルデヒド)を用いて、系統的な酸化還元反応の本質を理解しながら、科学的な思考力を身につけることを目的とする。



酸化還元反応についての考え方や実験の手法について学びました。課題研究を開始するあたり、とても参考になる講義でした。
07:55 | 投票する | 投票数(2)