表紙
 

活動報告

SSHコース >> 記事詳細

2014/06/27

SW-ingゼミ(探究生物)in徳島大学

| by:SSH
日  時: 平成26年6月19日(木)14:00~16:30,6月26日(木)14:00~17:00
場  所: 徳島大学常三島キャンパス
参加者:SSHコース2年生探究生物選択者11名
指導者:徳島大学総合科学部 渡部 稔 先生

内 容:
徳島県に生育するタンポポには,「カンサイタンポポ(在来種)」,「セイヨウタンポポ(外来種)」,その雑種である「ハイブリッド」があります。しかし,これらの分類は,形態の違いだけでは断定できません。そこで,渡部先生のご指導の下,採取してきたタンポポの遺伝子解析を行い,タンポポを遺伝子レベルで分類しました。また,実験結果を待つ間に,iPS細胞に関する講義や,渡部先生の研究室で飼育されているアフリカツメガエルと触れ合える機会を設けていただきました。遺伝子解析実験や大学レベルの高度な講義を通して,知的好奇心が大いに刺激された2日間となりました。
 

生徒の感想(一部):
「見たことのない実験器具ばかりで最初は緊張したが,何度か使うことで慣れてきた。」
「講義の内容は難しかったが,渡部先生の説明がわかりやすく,iPS細胞についてよく理解できた。」
「生物の発生に関してもっと学びたくなった。」
「遺伝子を比較する原理がわかったので,今後の課題研究に生かしたい。」
 
                                       


         
08:02 | 投票する | 投票数(1)