表紙
 

各課より

保健厚生・教育相談課
2012/12/18

学校感染症について(届出用紙ダウンロード)

| by:Web管理者
 「学校において予防すべき感染症(下記参照)」に罹患した場合,学校内での感染拡大を防ぐため,学校保健安全法施行規則により,生徒は出席停止となります。(休んだ期間は欠席扱いとはなりません。)
 出席停止の期間の基準等についても,下記のとおり決められていますが,必ず医師の指示を受けてから登校してください。その際には,「学校感染症について(届出)」と「疾病証明書」を速やかに担任まで提出してください。
 必要な書類は、次の学校感染症について(届出・PDFファイル)からダウンロードしてください。以下のリンクをクリックすると、届出用紙をダウンロードすることができます。
 なお,こうした感染症に罹患した場合は,すぐに電話で担任までご連絡ください。
 また,詳細についてお知りになりたい場合は,養護教諭お問い合わせください。 
  

学校感染症について(届出)
および疾病証明書.pdf

 (注意事項)※必要な書類は、『学校感染症について(届出)』と『疾病証明書』の2枚です。
        ◎ 『学校感染症について(届出)』は、家庭で記入してください。
         『疾病証明書』は、主治医に記入してもらってください。
         

       必ず、2枚併せて担任まで提出してください          


22:00 | 投票する | 投票数(1)

日誌


2010/06/25

インフルエンザ対策について

| by:Web管理者

校内での感染拡大を防止するために、手洗い、うがいの励行やマスクの着用などの予防対策と共に、登校に際しては、ご家庭での健康観察を十分に行い、インフルエンザの疑いのある場合は、必ず受診して、自宅で療養するなどのご協力をお願いいたします。            
 

1 インフルエンザの予防


 1)毎日の健康チェックをしましょう。
  登校前に体温測定、体調のチェック(のど痛、咳、鼻汁・鼻づまり、寒気など)をしましょう。
 
 2)手洗い、うがいの励行
  帰宅時、食事前、トイレ後、スポ-ツ活動後等には手洗い・うがいをしましょう。
  手洗いは、流水と石けんを使い、15秒以上かけ手の甲、指先と付け根、親指、手首も忘れずに洗いましょう。     

 3)「咳エチケット」を心がける
  熱、咳やくしゃみなどの症状がある時はマスクを着けましょう。
   マスクを着けてないときはティッシュなどで口と鼻をおおいましょう。 
 
 4)換気をこまめにする
  湿度は50%~60%、温度は20度程度に保つことも空気中のウイルスを減らすためには重要です。

 5)充分な休養と栄養バランスのとれた食生活をし、体調を整える

2 こんな時は無理をせずに自宅で休養する
  

病み上がりや体調不良、発熱症状がある時など
 
 

3 もしも、発熱があり、インフルエンザ様症状がある時には、まずは、近くの医療機関に電話をかけて相談してください。電話で受診方法を確認し、受診の際、熱・咳など症状がある時は、マスクをつけましょう。
 
 
  


16:51 | 投票する | 投票数(0) | 案内