表紙
 

吹奏楽

顧問

 山本 裕子  角 由佳  滝口 明秀


 吹奏楽

 吹奏楽

  

部長

 三笠 杏子

部員

 52名

紹介

 『ゴールド金賞!』この言葉は,吹奏楽部に所属している人たちなら誰もがめざす場所であり夢です。私たち脇町高校吹奏楽部は,コンクールや演奏会で最高の演奏ができるよう,毎日仲間と共に練習に励んでいます。
 しかし,部員のほとんどが楽器を吹いたことがない初心者です。みんな,音を出すことからはじまります。だからこそ,ここから脇町高校独自のサウンドが奏でられるのです。
 音楽は,決して一人ではできません。毎日の個人練習はもちろん,仲間と切磋琢磨してこそ本当の音楽が生まれます。僕,私に楽器なんて…音楽なんてできない,と思っている人たち!音楽に,できる,できないなんてありません。脇町高校吹奏楽部で私たちにしか奏でられないサウンドを一緒に演奏してみませんか?やりたいなと思ったら,吹奏楽部員に声をかけてくださいね。途中入部も大歓迎です!
吹奏楽部に入部すれば,素晴らしい高校生活の青春の1ページが刻まれることでしょう。
 練習日:月~金(16:30~18:20)練習場閉館19:00
     土曜日( 9:00~12:00)練習場閉館13:00
     ※本番前には,一日練習やホール練習があるときもあります。
 
 

活動内容・成績

吹奏楽部より >> 記事詳細

2016/08/19

第40回全国高等学校総合文化祭広島大会吹奏楽部門

| by:吹奏楽
広島県で開催された第40回全国高等学校総合文化祭に出演しました。
8月2日には、全国から集まった吹奏楽部のみなさんと生徒交流会があり楽しいひとときを過ごすことができました。
8月3日には、福島弘和作曲の交響的詩曲「走れメロス」を演奏しました。2000席ある大きなホールで演奏できたことはとても良い経験になりました。スケールが大きく気持ちが前面に出たダイナミックな表現でしたと講評に書いていただきとても嬉しかったです。

今年の夏、吹奏楽コンクールではA部門にチャレンジしました。課題曲と自由曲の2曲を並行して練習することの難しさや、練習のときの意識改革の必要性など多くの収穫があった夏でした。広島県では、他県の高校生が活き活きと演奏しているのを見て、多くの刺激を受けました。これからも、良い演奏ができるよう練習に励んでいきたいと思います。

  

14:58 | 投票する | 投票数(5)