表紙
 

SSH

課外活動 >> 記事詳細

2016/08/08

SW-ingゼミ「IoT研修」(SSH)

| by:SSH

         SW-ingゼミ「IoT研修」    --- 脇高を出よう!---

実施日 平成2883()5() 2泊3日

場 所 東京大学 本郷キャンパス  富士ソフト秋葉原ビル

講 師 東京大学大学院情報理工学系研究科 川原圭博 准教授  梅舘拓也 特任講師

内 容 

---------83() -------   東京大学本郷キャンパス 工学部2号館11F 

◆学科・研究紹介 15:0015:30

◆事前課題の披露 15:3016:00

ソフトロボットと呼ばれる柔らかいロボットが注目を集めています.あなたならこのロボットをどのような用途で利用しますか?写真を一枚撮るか,絵を描いて発表してください.

 ◆ブレインストーミング 16:0017:00

    ◇アイディアの分類

    ・冷蔵庫・洗濯機-パソコン・テレビの相違点は何か?

    ・課題で発表したロボットの分類 (お助けロボ-癒やしロボ-調査・追跡ロボ)

    ◇やわらかいものって何がある

 

 各自が考えた事前課題の発表の後、ブレインストーミングの方法やアイディアが出にくいときにどうするのかということなどを学びました。アイディアの分類軸をやぶる、逆を考えてみる・・・。例えばお助けロボットの逆、人を助けない(邪魔になる?)ロボットを考えてみる。常識で考えられないところからイノベーションは生まれることがあるということを学びました。

 

------------ 84() 午前 -----------  東京大学本郷キャンパス 工学部2号館

 ◆ブレインストーミング 9:0012:00

   ◇どんなソフトロボットをつくる

   ◇ロボットって何だろう? ・・・人工的に作らた実在するもので人や生き物の動きをまねたもの?!

   ◇どういう物理現象を利用して動きをコントロールするのかを意識して考えてみる

------------ 84() 午後 -----------  富士ソフト秋葉原ビル

  ◆ソフトロボットの製作・施設見学 13:00 18:00

    ◇マイコン(Arduino)を利用したLEDの点灯

   ◇形状記憶合金を利用したイモムシロボットを動かす

  

  午前中は昨日の続きで柔らかい素材を使ってどんなロボットを作るのかを考えました。新しいアイディアを考えるのは難しいですが、その方法について学びました。

 午後は秋葉原の富士ソフト秋葉原ビルに移動してマイコンを利用したソフトロボットの製作を行いました。3Dプリンタで作ったゴムのような柔らかい素材の中に細い形状記憶合金線が入っていて電気を流すとその線が縮む事によって動きます。本当の虫のようなかわいい動きをしました。

 

------------ 85()午前 -----------  富士ソフト秋葉原ビル

 ◆ソフトロボットの製作 9:0012:00

 ◆CAD(Fusion360)による設計と3Dプリンタによる印刷

 

 最終日はロボット製作の続きと3Dプリンタによる印刷の体験をしました。

 

 

忙しい時間をさいて研修をしていただいた川原圭博先生,梅舘拓也先生本当にありがとうございました。


19:10 | 投票する | 投票数(2) | 報告事項