表紙
 

活動報告

SSHコース >> 記事詳細

2012/10/23

『第3回 SW-ingゼミ』が実施されました。

| by:SSH

『第3回 SW-ingゼミ』が実施されました。


 先週に引き続き,香川大学 教育学部 理科教育科学教育分野 笠 潤平 教授 をお迎えして課題研究における変数について,ご講義いただきました。
 今回は温泉卵をつくる実験を通して,仮説の設定,実験の計画,実験による検証,データの分析・解釈などの探求の方法を学びました。各班が設定した 『温泉卵の作成に最適な温度と加熱時間』 で実験を行い,実際に検証しました。
 チャンスは2回。1回目の実験で理想的な温泉卵が得られた班は数班でした。うまく温泉卵にならなかった班は,とても悔しそうでしたが,各班が立てた仮説と実験で得られた結果を持ち寄り,グラフにまとめると,そこにはより最適な条件の範囲が描かれていました。
 『うまくいかなかったデータにも意味がある』ことを実感できました。

演題  『温泉卵の化学

実施日  平成24年10月19日(金) 14:45~16:30

             りゅう   じゅんぺい
            講師    笠  潤 平 氏  (香川大学 教育学部 理科教育科学教育分野 教授 )

対象生徒 本校 2学年 SSHコース生徒 42名

   

 

  
 


 


12:17 | 投票する | 投票数(2)