表紙
 

芳越同窓会名簿の取り扱いについてお願い

会員名簿は、同窓生の親睦を深めることを目的としています。  
個人情報保護の観点より、営利目的に使用することや、会員以外に貸与・転売することは一切禁止されています。取り扱いには注意して下さい。
 

ご案内・報告

芳越同窓会より >> 記事詳細

2017/08/17

平成29年度脇町高校芳越同窓会総会

| by:芳越同窓会
        ♦平成29年度脇町高校芳越同窓会総会
                                 〈2017年8月6日(日)〉

 本年度も脇町高校芳越同窓会の規約に従い,8月第1日曜日である8月6日(日)の午後1時より,芳越同窓会総会が開催されました。
 松田高正同窓会長(高11回卒)の挨拶では,同窓会の本分として,規約の中でも「母校の発展に寄与する」という部分を第一義とし,今後も学校と表裏一体として活動を行っていくこと。その目的に合致する範囲で会員相互の連携を大いに図っていくことを丁寧に説明されていました。続く米倉康博校長(高28回卒)の挨拶と母校の近況報告では,生徒数の減少傾向の中にあっても,地域社会や同窓生をはじめとする学校関係者の期待に応えるべく進路実績をはじめとして学校の諸活動を益々活発におこなっていきたい旨の話がありました。
 本年度より,総会活性化の施策の1つとして,HOME COMING DAYを実施しました。これは,部活動のOBと現役部員との交流会や同一大学卒業生と現役生徒との交流会,学年単位やクラス単位の同窓会等を総会と同じ日に実施していただき,参加者は総会にも参加してもらって,総会で活動紹介や激励を行うというものです。本年度はラグビー部OBと現役部員の交流会が総会に先立ち実施されました。
 協議においては,28年度事業報告と決算報告が行われた後、29年度役員として,桐井清臣副会長(高10回卒)が退任し,喜多輝光氏(高27回卒)が副会長に就任する案,29年度事業及び予算案が認められました。
 閉会後,『国際ビジネスに携わり34年-その軌跡』という演題で,脇敏博氏(高21回卒)にご講演いただきました。脇氏は鹿島建設を経て,バーコード機械の国内トップメーカーである(株)サトーにご勤務され,副社長まで務められました。この間,世界の諸地域で訪れていない場所はないというぐらいに世界を渡り歩かれ,現地法人設立等の仕事をされてきました。現在は,サトーを退任され日本で海外展開企業へのアドバイスや事業投資活動を行われています。イラン革命等歴史的大事件に巻き込まれたことや,一筋縄でいかない海外事業展開について等興味のつきないお話があり,出席者一同、時間を忘れて聞き入りました。
 講演会終了後、恒例の記念撮影を行い,さらに懇親会を開いて一層親睦を深めました。
○出席者数 60名(総会および講演会)

○議題について
 1.平成28年度同窓会事業・会計報告並びに監査報告
 2.平成29年度役員について
 3.平成29年度同窓会事業計画・予算案
 4.その他

松田会長 米倉校長 山本支部長

左から 松田会長 米倉校長 山本関東支部長

ラグビー部員

HOME COMING DAY

桐井前副会長 喜多副会長

左から 桐井前副会長 喜多副会長

脇敏博氏 講演の様子

脇敏博氏(講演の様子)

全体写真
11:14 | 投票する | 投票数(2)