表紙
 

放送

顧問

 三浦 真美  井上 富美子

放送


放送


部長

 武田 真智子

部員

 10名

紹介


 放送部は、お昼の校内放送や脇高祭の実況・音響・撮影、表彰伝達時の読み上げ、そして、6月と11月の徳島県放送コンテストを目指しての練習が、日々の主な活動です。放送コンテストでは、昨年度10年連続全国大会出場を果たし、特別功労賞を受賞しました。
 アナウンス・朗読のような『読み』の部門だけでなく、ラジオドラマなどの作品制作にも取り組んでいます。部員全員、個性豊かで、アットホームな雰囲気です。
 自分の思いを伝えたい!ドラマやドキュメント作品を作りたい!そんな方はぜひ、本館4階の「うだつ放送局」へお越しください。

 昨年度実績
●NHK杯全国高校放送コンテスト(東京)出場
 徳島県高校総合文化祭第2位 (広島大会出場)
 

 

活動内容・成績

放送部より >> 記事詳細

2015/08/17

放送部 NHK高校放送コンテスト(東京)に出場しました

| by:放送
 7月21日、東京の代々木オリンピックセンターで開催された「第62回NHK杯全国高校放送コンテスト
アナウンス部門に、2年生の笠井美里さんが出場しました。
 アナウンス部門の参加者4,268名中、各県の予選を勝ち抜いた294名が、22日の準決勝進出、
そして、23日にNHKホールで行われる決勝を目指して力一杯発表しました。
 残念ながら準決勝に進むことはできませんでしたが、初めて全国大会に参加した笠井さんは、
たくさんのことを学んだようです。
 

 「数時間前までは緊張していましたが、直前にすっと力が抜けて、本番は楽しみながら読めました。 
私は、『全国の壁は厚いから…』とはじめから逃げ腰でした。でも、発声練習の時から会場には
皆の強い思いがあふれていて、『気持ちで負けてはいけないんだ』と気付きました。来年は、
自信を持って全国大会に出場できるように、明日から準備と発声練習を頑張ります!」

       
 全国の参加者と発声練習              オリンピックセンター前で
10:00 | 投票する | 投票数(12)