表紙
 

芳越同窓会名簿の取り扱いについてお願い

会員名簿は、同窓生の親睦を深めることを目的としています。  
個人情報保護の観点より、営利目的に使用することや、会員以外に貸与・転売することは一切禁止されています。取り扱いには注意して下さい。
 

ご案内・報告

芳越同窓会より >> 記事詳細

2019/06/14

令和元年度芳越同窓会 関東支部総会 参加報告

| by:校長
 令和元年度芳越同窓会関東支部総会・懇親会が,今年も上野不忍池沿いのホテルパークサイドで,令和元年5月18日(土曜日)正午から,四十四名の会員が参加して盛大に開催されました。
 総会では,山本武明支部長(高17)の挨拶で始まり,木村具幸芳越同窓会副会長(高21)による松田高正芳越同窓会あいさつ代読,藤川正樹脇町高校長のあいさつ及び母校現状説明,さらに井口昭則近畿支部長と小笠復夫徳島支部長のあいさつと続き,全員揃っての記念撮影の後,議事として川人祥司理事(高19)から会計・監査報告,児玉和代副支部長からは谷本茂明理事(高28)と大西明人幹事(高29)の新役員入りが提案され,それぞれ拍手で承認されました。



 引き続き,山本吉博と宮寺一子両氏(共に高19)の司会により,島田俊幸氏(高17)と,今春脇町高校を卒業して大学合格を果たしたばかりの吉田昌平君(高70)によるスピーチが行われ,恒例となった篠原完夫先生の乾杯によって懇談会が始まりました。
 吉田君の参加によって森富子相談役(高2)から幅広い年齢層の交流となった本会は,賑やかな歓談が交わされる中,懐かしい故郷の品々が当たる景品当てゲーム,真鍋政利氏による横笛演奏と阿波踊り指導,そして再び登壇した吉田君と有志による校歌斉唱と続き,平田浩一副支部長(高11)による謝辞と一本締めで来年の再会を約束し合ってお開きとなりました。
 名残が尽きない有志の多くは,一階バーレストランへ移動し,さらに親交を深めるなど,その後も歓談は続きました。

  

12:00 | 投票する | 投票数(4)