表紙
 

本校の人権教育


1.基本方針
 人権教育とは,「人権尊重の精神」をそれぞれの心の中に養っていく教育である。
 本校では,基本的人権の尊重という普遍的な視点から,学校の全教育活動の中で,個別人権課題に対する理解を深め,「徳島県人権教育推進方針」にのっとり,その解決に向けた実践的態度を身につけた生徒の育成に努める。
 その重点目標は次の3点である。
 (1)学校の教育活動全体において人権教育を推進する。
  (2)全ての教育活動の中で人権尊重の精神の涵養に努める。
  (3)人権問題解決に主体的に取り組む実践的態度を身につけた生徒を育てる。
 
2.重点目標
 
(1)
 「徳島県人権教育推進方針」策定の趣旨を理解し,学校の教育活動全体において,人権教育の徹底を図る。
 
(2)
 教師と生徒の信頼関係を深め,ホームルーム活動・生徒会活動・人権委員会・自主活動サークル「人権『いのち』の会」等の活動を活発にし,ともに学び,ともに励まし,支え合う仲間意識の醸成を図る。
 
(3)
 生徒一人一人が相手の立場を考え,行動する人権教育を推進し,支え合う仲間作りを通して基本的人権を尊重し,民主的でかつ社会に貢献できる自主的・創造的能力に富んだたくましい人間を育成する。
 
(4) 
 全教職員の人権意識を高めるため,研修の充実を図り,学校行事・教科指導等学校の教育活動全体において人権教育を有機的に展開する。
 
(5) 
 家庭・地域社会との連携を密にし,生徒たちの置かれている生活や教育の実態を的確に把握し,一人一人の能力・適性に応じた進路指導を図るため,総合的・系統的・継続的な指導体制を確立する。
 
 
3.本年度の具体的な活動目標
  感性に訴える人権教育~知る・学ぶ・行動する~
(1) 「脇高人権の日」(毎月11日)等を利用した啓発活動の充実
(2) 生徒の自主的運営による「人権学習ホームルーム活動」の確立
(3) 教職員・保護者等への人権意識を高める研修の充実
 

人権教育課

人権教育課の取り組み >> 記事詳細

2017/03/29

3学期の人権学習HR活動

| by:人権教育課
今学期は、1,2年生は人権学習ホームルーム活動を1回、3年生は高校での人権学習に関するアンケートを実施しました。
【1年】
 1月27日 防災と人権 ~命を守るために 震災から学ぶこと~
【2年】
 1月27日 部落史から学ぶ  
【3年】
 1月27日 人権問題解決への展望【アンケート】

 第2学年のHR活動ではビデオ「『人の世に熱と光を』」部落の心を伝えたいⅣ」を鑑賞後、感想を班で共有する等の活動を行いました。
 本作品に描かれた、西光寺住職の清原隆宣さんの部落差別解消に向けての取組には「すべての人の世に熱を。人を尊敬するという光を」という願いが込められていました。世の中にある様々な価値観(ものさし)が絶対的なものではないこと、差別解消のためには自らが動かなければならないことを学びました。
 第1学年の活動では、災害発生時に準備する防災リュックについて考えました。
「22時に震度6以上の地震が発生。自宅が半壊。全壊の恐れがあり、自宅には帰れない。避難所は本校」
という設定で防災グッズを選びました。置かれた立場や状況により必要なもの、とるべき行動が変わる。かけがえのない命を守るための行動について真剣に考える時間となりました。
 第3学年の活動では、この3年間の人権学習について振り返るためのアンケートに回答しました。人権問題や人権教育に消極的な人は残っているものの、入学時と比べ、人権教育に必要性を感じるようになった人、人権教育を肯定的に受け止めている人は増加しました。また、本年度から各クラスの人権委員が話題を決め、中心となって取り組んだ「脇高人権の日」が印象に残ったという回答も多かったです。今回の結果を踏まえ、より有意義な人権問題学習の実現を目指します。
16:08 | 投票する | 投票数(1)