表紙
 
演劇研究
検索検索

一件も該当データはありません。

お知らせ

顧問

 茅野 克利  野口 育代  

 演劇 
   主将 田岡 舞香

部員

 10名

紹介

 
 
 こんにちは。脇町高校演劇研究部です。
 2014年に復活した演劇研究部は、それ以降も快進撃を続けています。
 昨年の県大会では初めての生徒創作『群青少女と孤独戦争』で、三年連続の優良賞を受賞し、作者である福島歩美の脚本も審査員の先生から評価していただきました。
 今年も9月の脇高祭、アエルワ演劇祭と11月の県大会を中心に活動をしていきます。
 来年は近畿高等学校総合文化祭も徳島で開催されます。
 是非、11月24日からの県大会は、徳島市あわぎんホールまで足をお運びください。お待ちしています。

 

日誌

演劇研究部より >> 記事詳細

2017/05/09

徳島県高等学校演劇研究大会

| by:Web担当

    徳島県高等学校演劇研究大会

 私たち演劇研究部は去る11月、徳島県郷土文化会館あわぎんホールにて、徳島県高等学校演劇研究大会に参加しました。この大会は高文祭の演劇部門としても開催されるものです。
 脇町高校は復活後、県大会では初めての生徒創作となる『群青少女と孤独戦争』(作:福島歩美)を上演しました。廃部寸前の新聞部の部室を乗っ取ろうとした二人が、新聞部を存続させようと画策するうちに、様々なことを発見していくお話です。審査員の先生からは脚本や演出について評価していただき、見事三年連続での優良賞(4位相当)を受賞することができました。
 残念ながら四国大会には出場できませんでしたが、私たちにとっては二度と来ない、かけがえのない上演を無事終えることができました。
 また、四月からは新たな部員を迎え、新体制でのスタートを切ります。是非、高校演劇ならびに脇町高校演劇研究部の上演にお越し下さい。

演劇1 演劇2 演劇3


18:00 | 投票する | 投票数(4)