表紙
 

SSH

課外活動 >> 記事詳細

2019/06/05

SEEDS参加者特別インタビュー

| by:SSH

昨年の7月から今年の1月まで行われた大阪大学独自の高大接続プログラム「SEEDS」に,本校3年生の妹尾君が参加しました。その経験から学んだことやSEEDSのプログラム,そして,将来の夢などについて語ってもらいました。

 

SEEDSに申し込んだ理由を教えてください。】

 最初は,単におもしろそうと思ったからです。ただ,過去のプログラムを調べたところ,考え方を学べたり,ほかの参加者から刺激を受けたり,学校では体験できないこと多くあると知りました。そのため申込時には絶対参加したいという気持ちに変わっていました。

 

【参加者との交流はどうでしたか。】

 同じ高校生にもかかわらず,最新の研究内容を知っている参加者がいました。どうして最先端の研究内容を知っているのか聞いてみると,暇なときに論文などからデータを収集して,自分なりにまとめていると教えてくれました。この人以外にも,ディスカッション時に独創的でユニークな発想をする人など,本当にいろいろな人と出会えることができ,とても刺激を受けました。

 

【具体的にSEEDSではどのようなプログラムが行われているのですか。】

 基本的には,月1回大阪大学で物理や化学,数学などの講義を受け,参加者同士でその内容についてディスカッションを行います。そして,後日レポートを提出します。私は生物を選択しているので,グルコース発電や魚類のからだの模様の数学的な解析などのテーマがおもしろかったです。専門分野の話だけでなく,レポートの書き方や実験時の安全講習,著作権などの講義もありました。また,体感科学研究と呼ばれる研究室での実験もあり,酵素に関する実験などを行いました。

 

【講義の内容は難しくなかったですか。】

 講義のテーマは多岐にわたるので難しいものもありましたが,講師の先生方がなぜその研究を始めたのかなどのエピソード的な話もあり,すべての講義を興味深く聞くことができました。講義後2週間以内にレポートを提出しなくてはならないため,時間に追われた部分もありますが,レポートを書くことで講義の内容を自分なりに振り返ることができるので理解をより深めることができました。

 

【なぜ多くの分野について学ぶのでしょう。】

 講師の先生方も話されていたのですが,これからは物理・化学・生物・数学などに捉われない融合的な知識が大切になってくると思います。もし,何かに行き詰ったとき,1つの分野の知識では,その状況を打開することができないと思うからです。私自身,いろいろな知識を幅広く吸収するため,Newtonを定期購読しています。Newtonはわかりやすく解説してくれているのでお勧めです。

 

SEEDSに参加して最も強く印象に残っていることは何ですか。】

 ある先生が,「人生を楽しむためには思考を楽しむことが大切。考え抜くことで自分の人生が豊かになり,そして,人を幸せにすることができる。」と教えてくれました。今までは,進路など悩んだり迷ったりする時ネガティブになりがちでしたが,自分の進路について真剣に悩むことをポジティブにとらえることができるようになりました。また,自分のやりたいことに全力で取り組むことが,ほかの人の幸せにつながればと思います。

 

【具体的にどのように人を幸せにしようと考えていますか】

 私の夢は,日本の農家が増えていくことです。私の地元も農業の担い手不足から休耕田が多くなってきました。これからの農業は,大規模化や企業化を進め,安定的な雇用の創出が欠かせないと考えています。その手段として,遺伝子組み換え作物の開発やAIの活用などが考えらます。まだ,自分がどのような形で携わるか迷っていますが,人の幸せにできるようこれからも勉強を頑張りたいと思いました。

 

【最後に後輩に一言お願いします】

 私はSEEDSに参加して,多くのことを学び,自分の視野を広げることができました。また,SEEDS参加者はSEEDS同窓生になれ,今後も定期的に集まります。このつながりを大切にし,互いに切磋琢磨しながら成長できれば考えています。

 もし,このようなプログラムへの参加を迷っているなら,参加することを勧めます。行って気づくことも多いので,勇気を出して一歩踏み出してみてください。


09:26 | 投票する | 投票数(0)