表紙
 

活動報告

SW-ingプラン >> 記事詳細

2019/05/24

SW-ing(総合的な学習の時間)3年生

| by:SSH
ディスカッション:「生物多様性と食料需要のバランについて考える」(4月19日、5月24日)
 世界市民会議「World Wide Views on Biodiversity 2012 陸の生物多様性」のビデオと資料を題材にして生物多様性と食料需要のバランスについてディスカッションをしました。様々な立場をふまえて多角的に考えることを目標の一つとしました。
【実施後生徒振り返りシートより】
○国によってすべきことは違うと感じた。私の班では意見がまとまらなかったが,そういう帰着の仕方もあるのだということに斬新さを感じた。答えのない問題に対して,中間的な意見を考えることができる柔軟な思考をしたい。
○供給を増やす→環境破壊,需要を減らす→生態系の保護,というのは本当に真なのか?調べてみないと分からないと思った。安直にすぐ答えを出すより,自分でよく考えることが必要だ。
○地球規模の問題を考えるのはとても難しかった。いつも「自分ができること」で考えていたので,規模が大きくなるととたんに意見が分からなくなった。いろんな立場で考えるのが大切だと分かった。

    
14:49 | 投票する | 投票数(2)