表紙
 

活動報告

SW-ingプラン >> 記事詳細

2018/10/22

平成30年度 脇町高校SSH生徒発表及び授業研究会

| by:SSH2
日時:平成30年10月3日(水)   当日配付資料

 本校では平成27年度に第2期スーパーサイエンスハイスクールの指定を受け,「大学等が近隣にない高校における全生徒対象の科学技術人材育成」をテーマに研究開発に取り組んでいます。この生徒発表及び授業研究会では,第2期4年に及ぶ取り組みの成果などについて公開させていただきました。

日程:
・8:45~9:10       開会行事
・9:10~10:30  生徒発表
    ○SSH課題研究発表及び平成29年度海外研修報告
     「温度変化が葉焼けに与える影響」
     「ペン回し成立の条件とその再現について」
     「平成29年度台湾海外研修報告」
    ○SW-ingリサーチ プレゼンテーション大会決勝
     「美馬市キャンプ計画」     :21HR  優秀賞
     「美馬市を救う!農業方法改革」 :22HR  最優秀賞
   
   

・10:40~11:30 公開授業(11クラス)
・11:40~12:30 研究授業
    A 国語総合 「芥川龍之介 羅生門」                           羅生門原文   ワークシート1    ワークシート2
    B 物理   「剛体の運動(発展的内容)」                ワークシート1 ワークシート2
    C 家庭基礎 「消費者の権利と責任について考える」  ワークシート  授業スライド
    D SW-ing(総合的な学習の時間)「データ分析①」       ワークシート       授業スライド
   

・13:10~14:30 授業研究会  
 研究会まとめ【 研究授業A(国語) 研究授業B(物理) 研究授業C(家庭基礎) 研究授業D(総学) 】

・14:50~15:50 講評・助言 「授業改善を組織的にどう進めるか」本校における取り組みについて
        講師:鳴門教育大学大学院 教授 川上綾子 氏

   

 当日は約60名の校外の先生方を招いての発表会及び授業研究会となりました。プレゼンテーション大会においては審査にも参加いただき,よりよいプレゼンとするための意見や具体的に考えられた内容についてお褒めの言葉もいただきました。
*プレゼンテーション大会の審査にご協力いただいた参加者の皆様ありごとうございました。

また,授業研究会では昨年度と同様に参加型の研究会を実施し,グループの中で活発な意見交換がなされ,その後質問カードによる討議となり様々な意見を頂戴しました。全体の講評では鳴門教育大学の川上先生に本校での取り組みを踏まえ,授業改善を組織的に進めることについてお話をしていただきました。
08:15 | 投票する | 投票数(1)