表紙
 

芳越同窓会名簿の取り扱いについてお願い

会員名簿は、同窓生の親睦を深めることを目的としています。  
個人情報保護の観点より、営利目的に使用することや、会員以外に貸与・転売することは一切禁止されています。取り扱いには注意して下さい。
 

ご案内・報告

芳越同窓会より >> 記事詳細

2018/08/09

平成30年度脇町高校芳越同窓会総会

| by:渉外課
◆平成30年度脇町高校芳越同窓会総会
 8月5日(日)午後1時より,本校芳越同窓会総会が開催されました。
  まず,この1年間に亡くなられた会員に出席者全員で黙祷を捧げ,ご冥福をお祈りしました。次に,松田高正同窓会長,米倉康博脇町高等学校長,各支部を代表して井口昭則近畿支部長の挨拶と続きました。
 協議においては,29年度事業報告と決算報告が行われた後、30年度役員については,牧田弘道副会長(高10回卒)と佐藤昌弘副会長(高12回卒)が勇退され,木村具幸氏(高21回卒),田島淳次氏(高21回卒),杉浦哲也氏(高22回卒)の3名が副会長に就任する案が承認されました。また,顧問として徳島県議会議員の原井敬氏(高49回卒)が推薦されました。その後,30年度事業及び予算案が認められました。
 総会閉会後,記念講演会が開催されました。『我が国の近代医学の黎明期に活躍した人達』と題し,現在福島県に在住の細菌学の権威である竹田美文氏(高5回卒)によりご講演をいただきました。そして講師紹介者は,横浜からかけつけてくださった元脇町高校職員にして高5回卒生の恩師篠原完夫氏でした。講演では,我が国における近代医学の発達につくした医学者たちの功績とともに,野口英世の実績についても詳しくお話いただけました。話の中には,幕末の阿波出身の3名の医学者にも触れられるなど,興味のつきないものでした。
 本年度は懇親会と兼ね,第2回HOME COMING DAYとして竹田美文氏と篠原完夫氏を囲む高5回卒生の会が実施され,遠路帰ってこられた友人と恩師を迎え懐かしい時間を過ごしていただきました。

○出席者数 70名(総会および講演会)
○議題について
 1.平成29年度同窓会事業・会計報告並びに監査報告
 2.平成30年度役員について
 3.平成30年度同窓会事業計画・予算案
 4.その他
○記念講演会
 演題 『我が国の近代医学の黎明期に活躍した人達』
 講師 野口英世記念館副理事長 竹田美文 氏(高5回卒)
○懇親会およびHOME COMING DAY(竹田先生と篠原先生を囲む会)


                  松田会長


                   米倉校長


 
 山本関東支部長         小笠徳島支部長       井口近畿支部長
      


 木村副会長           田島副会長           杉浦副会長


          竹田氏                      篠原氏


16:38 | 投票する | 投票数(3)