表紙
 

本校の人権教育


1.基本方針
 人権教育とは,「人権尊重の精神」をそれぞれの心の中に養っていく教育である。
 本校では,基本的人権の尊重という普遍的な視点から,学校の全教育活動の中で,個別人権課題に対する理解を深め,「徳島県人権教育推進方針」にのっとり,その解決に向けた実践的態度を身につけた生徒の育成に努める。
 その重点目標は次の3点である。
 (1)学校の教育活動全体において人権教育を推進する。
  (2)全ての教育活動の中で人権尊重の精神の涵養に努める。
  (3)人権問題解決に主体的に取り組む実践的態度を身につけた生徒を育てる。
 
2.重点目標
 
(1)
 「徳島県人権教育推進方針」策定の趣旨を理解し,学校の教育活動全体において,人権教育の徹底を図る。
 
(2)
 教師と生徒の信頼関係を深め,ホームルーム活動・生徒会活動・人権委員会・自主活動サークル「人権『いのち』の会」等の活動を活発にし,ともに学び,ともに励まし,支え合う仲間意識の醸成を図る。
 
(3)
 生徒一人一人が相手の立場を考え,行動する人権教育を推進し,支え合う仲間作りを通して基本的人権を尊重し,民主的でかつ社会に貢献できる自主的・創造的能力に富んだたくましい人間を育成する。
 
(4) 
 全教職員の人権意識を高めるため,研修の充実を図り,学校行事・教科指導等学校の教育活動全体において人権教育を有機的に展開する。
 
(5) 
 家庭・地域社会との連携を密にし,生徒たちの置かれている生活や教育の実態を的確に把握し,一人一人の能力・適性に応じた進路指導を図るため,総合的・系統的・継続的な指導体制を確立する。
 
 
3.本年度の具体的な活動目標
  感性に訴える人権教育~知る・学ぶ・行動する~
(1) 「脇高人権の日」(毎月11日)等を利用した啓発活動の充実
(2) 生徒の自主的運営による「人権学習ホームルーム活動」の確立
(3) 教職員・保護者等への人権意識を高める研修の充実
 

人権教育課

人権教育課の取り組み >> 記事詳細

2018/07/06

保健教育相談・人権教育教職員研修会

| by:人権教育課
7月5日に保健教育相談課と人権教育課共催での本校職員を対象にした研修会を行いました。
 講師:鳴門教育大学大学院学校教育研究科特別支援教育専攻 佐藤長武(さとう おさむ)先生
 演題:「高等学校における特別支援教育」

 多様なニーズに応える特別支援教育のあり方という観点で,最新の研究報告や先生の体験などを交えながら,わかりやすく丁寧にお話しいただきました。程度や種類のちがう障がいのあるこどもたちが生き生きと活動するためには,自立をしながらも頼ることのできる環境作りが不可欠であることを再確認しました。




15:29 | 投票する | 投票数(0) | 活動報告