表紙
 

活動報告

SW-ingプラン >> 記事詳細

2017/10/13

平成29年度 脇町高校SSH生徒発表及び授業研究会

| by:SSH

日程:平成29年9月21日(木)           当日資料
---------------------------  発表会  ---------------------------------     
9:10~9:50   SSH課題研究発表
        「サボテンの温度ととげの関係性について」
        「水面衝突時の放射音の特性」
        「過重力が植物の成長に及ぼす影響」
9:55~10:25   SW-ingリサーチ プレゼンテーション決勝
        「美馬市の未来 ~With special product~」 :21HR 最優秀賞(総合点)
                           「美馬飯プロダクト」             :23HR 脇高賞(教員及び校外参加者の投票による) 

※プレゼンテーション大会の審査に協力いただいた参加者の皆様ありがとうございました



本日は約60名の校外の先生方を招いての発表会となりました。どの発表も堂々としていて立派でしたが、論理的な組み立てをもう少し考えたらもっと良いという意見もいただきました。プレゼンテーション決勝では21HRの作品が僅差で総合優勝となりました。

-----------------------  協働的問題解決学習 -------------------------
10:40~11:30   公開授業 (全1・2年生の授業)
11:40~12:30   研究授業
        A コミュニケーション英語 「A piece of Cloth」
        B 数学A 「場合の数」
        C 化学+地理 「金属の精錬」
        D SW-ing(総合的な学習の時間) 「遺伝子組み換え作物の是非」



13:10~14:00    授業研究会   研究会まとめ ( 研究授業A   研究授業B   研究授業C   研究授業D )

14:15~15:15    講評・助言  星槎大学大学院 教育学研究科 北川 達夫 客員教授



本校では全教科科目による授業改善に取り組んでいます。公開授業では11講座、研究授業は4講座を公開しました。授業研究会では参加型の授業研究会を実施しグループの中で活発な意見交換がなされました。全体の講評では星槎大学の北川先生に本校の取り組みをふまえて対話力についてお話をしていただきました。

16:07 | 投票する | 投票数(1)