表紙
 

本校の人権教育


1.基本方針
 人権教育とは,「人権尊重の精神」をそれぞれの心の中に養っていく教育である。
 本校では,基本的人権の尊重という普遍的な視点から,学校の全教育活動の中で,個別人権課題に対する理解を深め,「徳島県人権教育推進方針」にのっとり,その解決に向けた実践的態度を身につけた生徒の育成に努める。
 その重点目標は次の3点である。
 (1)学校の教育活動全体において人権教育を推進する。
  (2)全ての教育活動の中で人権尊重の精神の涵養に努める。
  (3)人権問題解決に主体的に取り組む実践的態度を身につけた生徒を育てる。
 
2.重点目標
 
(1)
 「徳島県人権教育推進方針」策定の趣旨を理解し,学校の教育活動全体において,人権教育の徹底を図る。
 
(2)
 教師と生徒の信頼関係を深め,ホームルーム活動・生徒会活動・人権委員会・自主活動サークル「人権『いのち』の会」等の活動を活発にし,ともに学び,ともに励まし,支え合う仲間意識の醸成を図る。
 
(3)
 生徒一人一人が相手の立場を考え,行動する人権教育を推進し,支え合う仲間作りを通して基本的人権を尊重し,民主的でかつ社会に貢献できる自主的・創造的能力に富んだたくましい人間を育成する。
 
(4) 
 全教職員の人権意識を高めるため,研修の充実を図り,学校行事・教科指導等学校の教育活動全体において人権教育を有機的に展開する。
 
(5) 
 家庭・地域社会との連携を密にし,生徒たちの置かれている生活や教育の実態を的確に把握し,一人一人の能力・適性に応じた進路指導を図るため,総合的・系統的・継続的な指導体制を確立する。
 
 
3.本年度の具体的な活動目標
  感性に訴える人権教育~知る・学ぶ・行動する~
(1) 「脇高人権の日」(毎月11日)等を利用した啓発活動の充実
(2) 生徒の自主的運営による「人権学習ホームルーム活動」の確立
(3) 教職員・保護者等への人権意識を高める研修の充実
 

人権教育課

人権教育課の取り組み >> 記事詳細

2017/05/22

人権学習HR活動

| by:人権教育課
● 第1回人権学習HR活動が実施されました

5月19日(金)人権学習HR活動が実施されました。体育館アリーナで、全クラス一斉のHR活動を行った3年生をはじめ、各学年がそれぞれのテーマについて考え、グループ活動を行うことで理解を深めました。

(1学年)
 テーマ:「インターネットによる人権侵害」
 4月に行った携帯電話やSNSの使い方についてのアンケート結果をもとに、グループで話合いました。
・ルールやマナーを守って使用すれば、みんな気分がいい。
・誰もが加害者にも被害者にもなり得る。
等、大切なことを再認識する機会となりました。
届いたばかりの冊子『じんけん」を活用しながらの話し合いは、各クラス活発なものになりました。



(2学年)
 テーマ:「身の回りの人権 ― フツーって何!?―」
 障がいや病気と向き合う方々が「生きる意味や価値」について語り合う番組を視聴し、グループで話合いました。生徒からは
・「それぞれの人間ができることをして互いを支え合えたらいいと思った」
・「生きたいのに生きられなかった人のために死にたくないという考えにとても共感した」
・「『フツー』というのはない。フツーではないと決めつけているようなのはその人の勝手な価値観」
等の意見が出ました。



(3学年) 
 テーマ:「高齢者と人権 ― 高齢者を理解しよう」
 日本の高齢者に関するデータをもとに、超高齢社会の現実を再認識した後、認知症について理解するためのクラスを超えたグループ活動を行いました。
・「このような活動は新鮮だった」
・「いつもは発言できないが今日は発言できた」
・「高齢者の気持ちをいたわりコミュニケーションをはかりたい」
・「認知症の方もその家族も両方苦しんでいるということを知った」
等の感想が寄せられました。

  
19:09 | 投票する | 投票数(3) | 活動報告