表紙
 

活動報告

SW-ingプラン
12345
2019/12/19

地方創生★政策アイデアコンテスト2019 協賛企業賞 受賞

| by:SSH

日 時:12月14日(土) 10:00~18:00
場 所:内閣府中央合同庁舎第8号館 講堂(東京都)
内 容:
 本校の2年生「チーム針と糸」(大久保紗羽 重田真子 新開玖弓)が地域経済分析システム(RESAS)を活用した地域課題の分析を踏まえた、地域を元気にするようなアイデアを募集する「地方創生⭐️政策アイデアコンテスト2019」において地方予選を勝ち抜き、全国から選ばれた9組のファイナリストとして最終審査会に臨み、「三菱UFJリサーチ&コンサルティング賞」を受賞しました。3名は4月のチーム結成以降、クラス予選、校内予選、四国予選、全国予選を勝ち抜きこの舞台に立つことができました。この研究に際して、ご協力いただいた美馬市はじめ関係各社のみなさまに心からの感謝を申し上げます。
 
     
     
                                                 
    
18:26 | 投票する | 投票数(1)
2019/12/10

四国経済産業局長賞 授賞式

| by:SSH
日 時:12月10日(火) 16:00~16:30
場 所:美馬市役所
内 容:

 本校の2年生「チーム針と糸」(大久保紗羽 重田真子 新開玖弓)が地域経済分析システム(RESAS)を活用した地域課題の分析を踏まえた、地域を元気にするようなアイデアを募集する「地方創生⭐️政策アイデアコンテスト2019」において地方予選を勝ち抜き、四国経済産業局長賞を受賞しました。また、活性化の対象地域である美馬市長からも最終審査に向け、激励のお言葉をいただきました。彼女たちは来たる12月14日(土)に中央合同庁舎8号館講堂(内閣府)にて全国から選ばれた9組のファイナリストとして最終審査会に臨みます。

  

16:58 | 投票する | 投票数(3)
2019/12/10

第2回SSH職員研修

| by:SSH
日 時:令和元年12月9日(月) 14:40~16:10
講 師:高知大学 地域協働学部/大学教育創造センター  俣野秀典先生
対 象:本校全教員

本年度第2回の授業研修は,第1回に引き続き,高知大学より俣野秀典先生をお招きし,簡易版「ティーチング・ポートフォリオ」の作成に取り組みました。「ティーチング・ポートフォリオ(TP)」とは「自らの教育活動について振り返り、その記述を根拠資料(エビデンス)によって裏付けた厳選された記録(Seldin,2004)」のことで,日本でも取り入れる大学が増えているそうです。今回は文章化の前段階として、チャートに付箋を貼りながら自分の教育活動の俯瞰と振り返りを行いました。チャートに沿って, 責任(職務内容・教育活動)→改善・努力→結果・評価→方針・方法(どのように実現・実践しているか)→理念(生徒にどう成長して欲しいか・教師としてどうありたいか)→今後の目標 の順に埋めていきました。自分のチャートを他の教員とシェアしあうことで,自分の考えがクリアになり、目標を再認識する良い機会となりました。

【研修後アンケートより】
○漠然とした思いや考えが文字化されることで明確になった。90分があっという間で充実した活動だった。
○自分のやってきたことを見つめ直す貴重な時間になった。
○1つ1つの活動の意味や目的を意識していくことの大切さを改めて実感した。
○自分の「振り返り」ができて良かった。経験年数や人によって違うことがよくわかった。
○考えを整理するのに役立った。いかに視覚化をするかはすべてに共通している。


  
16:02 | 投票する | 投票数(2)
2019/11/01

1・2年生ポスター発表

| by:SSH
日 時:令和元年11月1日(金) 14:10~14:55
場 所:脇町高校 各教室
参加者:1年生全クラス 2年生B・Cコース
内 容
 本日6限目の「総合的な学習の時間」では,SW-ingプラン(本校におけるSSH事業に関係する事業名)として,1・2年生がポスター発表を行いました。1年生は夏休み中の校外学習を,2年生は修学旅行における企業等研修を,「社会と情報」の授業を利用してポスターにまとめ,ホームルーム内において発表しました。本日の発表を通じて,自身の校外での学習を振り返ったり,仲間の体験を共有することができ,また,質疑応答を通じてより深く考えることができました。 

   
17:03 | 投票する | 投票数(1)
2019/10/05

令和元年度脇町高等学校SSH生徒発表及び授業研究会

| by:SSH
 SSH事業の成果である,「生徒発表」と「協働的問題解決学習」の授業研究会,地理歴史科が国立教育政策研所から指定を受けている「教育課程研究指定校事業」の授業研究会,徳島県から指定を受けた「進化する教室イノベーション事業」に係わる公開授業を開催しました。

日 時:令和元年10月3日(木)   

場 所:脇町高等学校 本館・中校舎・北館・小体育館・アリーナ
来校者:110名
教 材:○研究授業ア 英語表現Ⅰ「分詞を使って表現する」
     英表指導案.pdf 英表授業評価シート.pdf
    ○研究授業イ 数学Ⅰ「データの分析」
     数学Ⅰ指導案.pdf 数学Ⅰパワーポイント.pdf 数学Ⅰ生徒作成予定グラフ.pdf 数学Ⅰ徳島人口推移_配布用.pdf
    ○研究授業ウ 化学「希薄溶液の性質」
     化学指導案.pdf 化学ワークシート.pdf
    ○研究授業エ SW-ing(総合的な学習の時間)「データの適切な読み取り」
       Swing指導案 .pdf Swing パワーポイント.pdf swingワークシート.pdf  
    ○研究授業B1  世界史A(歴史総合)
     「大衆社会の形成 メディアが示す国民~メディアは国民にどれほど影響を与えたか~」
    ○研究授業B1  日本史A(歴史総合)
     「大衆社会の形成 ~どのような教育で,どのような人材を求めたか~」
    ○研究授業B1  世界史A(歴史総合)
     「大衆社会の形成 望まれる国民性~どのような教育で,どのような人材を求めたか~」
    ○研究授業B2  地理B(地理総合)「食糧問題(フードデザート)」
    
日 程: 8:45  ~  9:00 開会行事
     9:00  ~  9:50 公開授業A(13クラス) 研究授業B-1(2クラス)
     10:00~10:50 研究授業A(4クラス) 研究授業B-2(2クラス)

          

          11:10~11:40 生徒発表「美馬市活性化」(SW-ingリサーチプレゼン大会決勝)
                「森林アスレチック計画」 22HR   最優秀賞 
                   「美馬人を元気に!~美馬野菜Box計画~」 23HR     優秀賞
     11:50~12:30 生徒発表「SSH課題研究」 研究協議B(前半)
            「ミルワームによる発泡スチロールの摂食に伴う食べこぼしと排泄物の質量比」
       「固体の流体的性質と物体に与える影響」
       「ビワクンショウモの規則性~細胞の形・増殖時の個体数と細胞数の関係~」
              

     13:10~14:10 研究協議A 研究協議B(後半)
       【英表Ⅰ】研究協議議事録.pdf  【数学Ⅰ】研究協議議事録.pdf  【化学】研究協議議事録.pdf  
               【SW-ing】研究協議議事録様式.pdf
  
           14:30~15:50 講演
                講演者 梶 輝行 氏(横浜薬科大学)
                演 題 「新しい時代に対応した高校カリキュラムの開発と実践
            ~スチューデントファーストのカリキュラム・マネジメントをめざして~
  

     15:50~16:00 閉会行事

15:50 | 投票する | 投票数(3)
2019/09/05

10月3日 生徒発表及び授業研究会等の申込みについて

| by:Web管理者

 10月3日 SSH生徒発表及び授業研究会 教育課程研究指定校事業(地理歴史科)
 進化する教室イノベーション事業 の要項を掲載します。
 なお、申込みについては、所定の申込書に必要事項をご記入の上、
 9月25日(水)までにmailもしくはFaxでお申し込みください。

 
 実施要項.pdf

 参加申込書.doc

11:59 | 投票する | 投票数(3)
2019/08/26

2年生「美馬市活性化」クラス代表決定戦

| by:SSH
日 時:令和元年8月26日(月) 13:30~15:00
場 所:脇町高校視聴覚室
参加者:21HR「再び笑顔あふれる学校に!~廃校リメイク大作戦~」 喜多 木本 柴田
    22HR「森林アスレチック計画」 那須 板東 川原
    23HR「美馬人を元気に~美馬野菜Box計画~」新開 大久保 重田
    24HR「さあ、きみも参戦だ!!糖尿病撲滅運動」前坂 山本 吉田
助言者:美馬市役所 吉田さん 新田さん

 2年生は,共通テーマ「美馬市活性化」で探究活動を実施しています。今回は,7月12日(金)に行われたクラス内プレゼン大会で優勝した4チームによるプレゼン大会を実施しました。発表では掛け合いやパフォーマンスがあるなど各チームの創意工夫があり見応えのある発表会となりました。
 最後に,美馬市役所の吉田さんから各チームに具体的な助言をいただきました。
 なお,10月3日に今回の発表会の上位2チームによる決勝戦を行い,全校生徒による投票で優勝チームを決定します。

  
18:38 | 投票する | 投票数(2)
2019/08/26

SW-ingカレッジ「脇町高校1日総合大学」

| by:SSH
日時:令和元年8月23日(金)
対象:本校1.2年生(376名)
内容:大学や研究機関の先生方によるSW-ingカレッジ(出張講義)を開催しました。生徒たちは13講座の中から自分の興味・関心の高い2講座を選択し,講義を受けました。高校の授業では体験することができない専門性の高い講義を通して大学での学習の一端を経験することができ,知的好奇心と学習意欲が大きく高まりました。

 

 
<生徒感想~一部抜粋~>
・理系に進もうと思っていたが、講義を聞いてかなり文学への興味がわきました。
・ICTやAIなどの進化でスポーツをやっていない私でもスポーツを楽しめるようになることに感動しました。
・カンボジアなどの発展途上国に支援が必要であることはわかっていたが、先生が正しい教育を施し、他国のために活動していることを知り、日本だけでなく広く世界をみて活動できる進路を考えてみようと思った。
・「自分を知る」ということの大切さを改めて感じた。周囲との関係性や人生での大事なことが順位づけられ生活の見え方が変わった。
13:40 | 投票する | 投票数(1)
2019/08/22

SSH生徒発表及び授業研究会

| by:Web管理者

日時:10月3日(木)8時45分~16時
会場:徳島県立脇町高等学校

「SSH(スーパーサイエンスハイスクール)生徒発表及び授業研究会」
「教育課程研究指定校事業(地理歴史科)」
「進化する教室イノベーション事業」
を上記の日時で実施します。


 

上記のパンフレットは、PDFでご覧いただけます。
案内.pdf


なお、申し込み方法については、9月初旬に 本校ホームページに、要項と併せて掲載させて頂きます。

15:41 | 投票する | 投票数(1)
2019/07/22

第2回SW-ingレクチャー(講演会)及びサイエンスカフェ

| by:SSH
 講 師:高田 望 氏(ノースウエスタン大学)
 実施日:令和元年7月22日(月)

SW-ingレクチャー(講演会)
 演 題:「科学から学ぶ,科学で伝える,そして生命科学ができる事」
 時 間:12:40~14:00
 参加者:1年生及び希望者

サイエンスカフェ
 時 間:14:30~15:30
 参加者:1年生・2年生希望者 19名

 1998年に本校を卒業され,現在はノースウエスタン大学で脊椎動物の眼の発生について研究されている高田望先生をお招きし,講演会とサイエンスカフェを実施しました。
 
 講演会では,ゲノム編集や線虫によるがん検診など最新の生命科学の話だけでなく,アメリカでの生活や研究者の日常,ご自身の専門分野である眼の発生についてわかりやすく教えていただきました。また,生徒から出た「マウスの視力が回復したということだが,どうしてそれがわかったのか」などの質問に対しても,わかりやすく回答いただき,生物の学習が進んでいない1年生でも十分理解することができました。

 図書室において実施したサイエンスカフェでは,お菓子を食べながら,高田先生と気軽に科学や留学について話し合われました。海外留学することの意義や眼の再生に関して等,全体会では聞けなかった詳しい話を聞くことができ,生徒にとって極めて有意義な時間となりました。

 生徒にとって自分たちの先輩が世界で活躍されていることを間近で感じることができ,とてもよい刺激になったと思います。今度日本に戻られたときは,全校生徒にお話しいただけたらと思います。

生徒感想
○いろいろな国の人が集まると,自分の常識が通用しないことがあることを知った。
○考え方は多様であることを理解することで,自分の世界はもっと広がると思った。
○喧嘩のように自分の意見をぶつけ合うが,それが終われば何事もなく遊びにいくことが驚いた。
○ゲノム編集を行うことで病気にかかりにくくなるなどメリットもあるが,副作用などのリスクがあることを知った。
○研究には幅広い知識が必要なことを知った。これからは暗記するのでなく,本質を理解することを心がけたい。
○今の自分にはグローバルな視点が足りない。
○高校を卒業した後,すぐに海外の大学に行くのもありだと思った。
○「ポジティブな言葉を選ぶことが大切」という言葉が印象に残っている。

     
17:07 | 投票する | 投票数(4)
12345