表紙
 
文芸
検索検索
投票する | 投票数(0) | 詳細を表示

活動内容・成績

文芸より >> 記事詳細

2017/11/23

おもしろブンガクダンギ2017(文芸部)

| by:Web担当
  おもしろブンガクダンギ2017  参加報告

 11月12日(日)、四国大学において、「おもしろブンガクダンギ2017」が開催され、芥川賞・直木賞作家と徳島の高校生・大学生とのトークショーが繰り広げられました。四国大学文学部の学生さん2名と城東高校の2名、本校文芸部(稲井さん、谷さん)の2名が参加し、「トビタテ文学!」をテーマに、とても楽しく、情熱的に文学談義が展開され、予定時間があっという間に過ぎてしまうほどでした。本校の文芸講座でおなじみの四国大学の佐々木義登先生が始められた「おもしろブンガクダンギ」ですが、第6回目の今年のゲストは、芥川賞作家の吉村萬壱氏、同じく芥川賞作家・玄月氏と、スペシャルゲストとして直木賞作家の角田光代氏でした。作家の先生方と文学を愛好する県内の高校生と大学生とのディスカッションという形式は初めての試みだったそうですが、150人あまりの参加者と一体となり、ユーモアたっぷりの先生方のお話や高校生との質疑応答は、文学のおもしろさを存分に味わうことができる、またとない機会となりました。パネラーの2名のほかに部員7名も参加し、みんな熱心に聴き入っていました。人物や物語の場所の決め方や創作の手順など、今後の創作活動に生かしてくれるものと期待しています。サイン会も長蛇の列でしたが、最後に角田光代さんと一緒に写真を撮らせていただき、とてもいい記念になりました。






14:54 | 投票する | 投票数(0)