表紙
 

お知らせ

顧問

 茅野 克利  野口 育代  

 演劇 
   主将 田岡 舞香

部員

 10名

紹介

 
 
 こんにちは。脇町高校演劇研究部です。
 2014年に復活した演劇研究部は、それ以降も快進撃を続けています。
 昨年の県大会では初めての生徒創作『群青少女と孤独戦争』で、三年連続の優良賞を受賞し、作者である福島歩美の脚本も審査員の先生から評価していただきました。
 今年も9月の脇高祭、アエルワ演劇祭と11月の県大会を中心に活動をしていきます。
 来年は近畿高等学校総合文化祭も徳島で開催されます。
 是非、11月24日からの県大会は、徳島市あわぎんホールまで足をお運びください。お待ちしています。

 

日誌

演劇研究部より
2017/05/09

徳島県高等学校演劇研究大会

| by:Web担当

    徳島県高等学校演劇研究大会

 私たち演劇研究部は去る11月、徳島県郷土文化会館あわぎんホールにて、徳島県高等学校演劇研究大会に参加しました。この大会は高文祭の演劇部門としても開催されるものです。
 脇町高校は復活後、県大会では初めての生徒創作となる『群青少女と孤独戦争』(作:福島歩美)を上演しました。廃部寸前の新聞部の部室を乗っ取ろうとした二人が、新聞部を存続させようと画策するうちに、様々なことを発見していくお話です。審査員の先生からは脚本や演出について評価していただき、見事三年連続での優良賞(4位相当)を受賞することができました。
 残念ながら四国大会には出場できませんでしたが、私たちにとっては二度と来ない、かけがえのない上演を無事終えることができました。
 また、四月からは新たな部員を迎え、新体制でのスタートを切ります。是非、高校演劇ならびに脇町高校演劇研究部の上演にお越し下さい。

演劇1 演劇2 演劇3


18:00 | 投票する | 投票数(0)
2016/10/09

文化祭&第2回アエルワ演劇祭

| by:Web担当
   文化祭&第2回アエルワ演劇祭

 私たち演劇研究部は9月19日(祝)、アエルワホール(阿波市防災拠点アエルワ内:阿波市市場町)で行われた第2回アエルワ演劇祭に参加しました。このアエルワ演劇祭は香川県・徳島県の演劇部の作品を二日間にわたって上演する催しです。
 脇町高校演劇研究部は初めての生徒創作となる「いただきます」(作:福島歩美 潤色:脇町高校演劇研究部)を、脇高祭(9月9日)に続いて上演しました。ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」を下敷きにした、ホラー仕立ての作品です。脚本作りから演出まで、初めて生徒が中心になって考え上演したので、たくさんの苦労があり、課題もたくさん残りましたが、観客の方からは「脚本や演出が工夫されていて怖かった」など、好意的な感想・励ましをたくさんいただきました。
 次回は、あわぎんホール(徳島県郷土文化会館:徳島市)で行われる第68回徳島県高等学校演劇研究大会(高総文・演劇部門)での上演です。脇町高校は11月19日(土)の13:45~の上演予定です。
 アエルワ演劇祭に続く生徒創作となる、福島歩美:作「群青少女と孤独戦争」を上演します。県大会では18日(金)2校、19日(土)8校、20日(日)5校の県内演劇部が上演し、上位3校が四国大会に出場します。是非、あわぎんホールにお越し下さい。

文化祭1 文化祭2
文化祭にて

アエルワ1 アエルワ2
アエルワホールにて
22:25 | 投票する | 投票数(0)
2015/11/30

県高文祭 演劇部門 優良賞

| by:Web担当
県高文祭 演劇部門  優良賞

 演劇研究部は11月21日(土)に第67回徳島県高等学校演劇研究大会(県高文祭 演劇部門)に参加し、あわぎんホールにて、『会議』を上演しました。
 『会議』は日本を代表する劇作家である別役実が、1975年に発表した不条理劇で、日本社会への民主主義の浸透を検証する「実験」が不条理に崩壊していく過程を通して、現代社会を痛烈に皮肉った作品です。それを、戦後70年の今年、顧問が大幅に書き換えて上演しました。
 残念ながら本番の出来は今ひとつでしたが、精一杯の上演と翻案した脚本が認められ、昨年に続き「優良賞」(4~8位相当)を受賞することができました。
 今後、演劇研究部は春の新入生歓迎に向けて公演の準備をする予定です。
 尚、今年の四国大会は12月に高知市で行われ、徳島県からは阿波高校と城北高校が出場します。また、来年の四国大会は徳島市で開催されます。県大会と合わせて、お気軽にご来場くださいますよう、お願いいたします。

会議1 会議2

会議3 会議4

会議5 会議6

会議7 会議8
12:27 | 投票する | 投票数(3)
2015/09/24

第1回アエルワ演劇祭(演劇研究部)

| by:Web担当
第1回アエルワ演劇祭


 演劇研究部は、9月22日(火)阿波市防災交流拠点アエルワ内アエルワホール(阿波市市場町)にて、第1回アエルワ演劇祭に参加しました。
 今年から始まったアエルワ演劇祭には、香川県から高松桜井高校が、県内からは阿波高校、鳴門高校が参加し、意欲的に上演を行いました。
 本校演劇研究部も越智優原作「サチとヒカリ」を上演しました。600人規模のホールでの上演は今年初めてのことで、課題も含め、県大会に向けて非常に貴重な経験を得ることができました。(写真は上演とリハーサルの様子です)
 次回公演は県大会(第67回徳島県高等学校演劇研究大会)で、11月21日~23日の3日間、徳島県郷土文化会館あわぎんホール(徳島市)にて行われます。本校以外にも県内15校が、2枠しかない四国大会への切符を目指して上演を行います。本校演劇研究部も新作で臨みます。
 お時間がございましたら、是非あわぎんホールへお越しくださいますよう、部員一同心よりお願い申し上げます。

アエルワ1 アエルワ2

アエルワ3 アエルワ4
10:19 | 投票する | 投票数(7)
2015/09/09

公演のお知らせ(演劇研究部)

| by:Web担当
お知らせ

 演劇研究部は9月22日(火)に『サチとヒカリ』(越智優原作)を上演します。
 先日の文化祭では、その公演に先駆けて校内で試演会を行いました。狭い教室での試演会だったため、客席が20席ほどしか用意していませんでしたが、急遽10席ほど準備するほどの盛況でした。
  22日(火)の公演は、14:10~ 阿波市防災交流拠点アエルワ(阿波市市場町)内の「アエルワホール」です。当日は他に10:30~阿波高校・高松桜井高校(香川県)・鳴門高校・脇町高校の順で上演します。関心のある方は是非、アエルワホールにお越しください。
演劇1

演劇2

11:55 | 投票する | 投票数(1)