お知らせ
6月1日(月)から通常の教育活動を実施します。
詳しくはこちら >>>通常の教育活動の実施について(6月1日)
 
表紙
 

学校生活

活動の様子
12345
2020/05/25

対面式

Tweet ThisSend to Facebook | by:特活課
5月25日(月)に対面式を行いました。今年は各教室のテレビによる放送で行われ,生徒会長が上級生を代表して新入生歓迎の挨拶をしました。その後,新入生代表生徒が挨拶として,新しい生活への期待と脇高生として過ごすことのできる喜びを力強く述べてくれました。これから,3学年力を合わせて,より良い脇高を作り上げていってほしいです。

   
17:30 | 投票する | 投票数(3)
2020/05/08

脇町高等学校創立記念日について

Tweet ThisSend to Facebook | by:渉外課

 5月11日は本校の創立記念日です。緊急事態宣言による臨時休校中ではありますが,本校の歴史を振り返りながら,125年という伝統を感じ,生徒のみなさんが創り出していく,未来の脇町高校について考えてほしいと思います。
 


~歴史と伝統の125年~
 わが脇町高校の前身は旧制脇町中学校です。旧制脇中は、最初徳島県がまだ高知県の管轄下にあった明治12(1879)年2月10日に開校されています。しかし、その後経済的不況もあって、在校生の数が減少し、同18(1885)年4月15日に廃止されました。その後、明治29(1896)年3月31日に徳島尋常中学校の第一分校として、この脇町に再び設置されました。そして公式には本校の歴史をこのときから数え、今年で125年となります。
 明治32(1899)年4月11日には第一分校から、徳島県脇町中学校として独立しました。初代校長は、大久保高明氏でした。同34(1901)年には第1回の卒業生を送り出しています。歴史館にはこの時の39名の卒業写真がありますが、5年間の本校での勉強を経て、進学する者、就職する者、自営する者とそれぞれの道に分かれて巣立っていきました。芳越歴史館にはそれ以降、令和2(2020)年3月1日に卒業した今年の卒業生までの卒業写真が全部そろっています。
 大正3(1914)年末には、ベースボールを「野球」と本邦初訳した中馬庚(ちゆうまんかのえ)校長が着任、そのことは後年「中馬庚野球之碑」として記念されています。ついで第5代校長に美禰嘉衛七(みねかえひち)氏が仙台の第一中学から着任していますが、旧知の著名な詩人、土井晩翠(どいばんすい)氏(当時、仙台の第二高等学校教授)に、本校校歌の作詞を依頼、今、私達が歌っている校歌「見よ、かの蒼天、雲ゆくところ・・・・」ができました。
 昭和17(1942)年ころから20(1945)年の終戦までは、教育に戦争が大きな影を残しています。授業はなしで、野外教練や演習が多くなりました。クラブ活動もこの時代、陸上部は国防競技部に、射撃部は射撃班に変わるなど、戦争のためのものでした。それ以前においては、「質実剛健」の校訓のもと、剣道部や柔道部をはじめ、相撲部、庭球部は度々県下優勝し、全国大会にも出場しています。現在も隆盛である本校のラグビーも、昭和4(1929)年、長谷川茂雄先生を迎え、「四国ラグビー発祥之地」としてスタートし、戦前も7回、全国大会に出場しています。
 昭和22(1947)年、新制教育制度実施により、新制中学校が各町村にでき、わが校は3年制の新制高等学校となりました。その発足は昭和23(1948)年4月1日です。終戦からこの時までは混乱期で、旧制中学校生徒と併設された新制中学校の生徒がおり、また男女共学により、美馬高女(現穴吹高校)から女子生徒が移ってきて、男子校が一時に華やいだといいます。本校のみの、全日制普通科高校となったのは昭和38(1963)年からです。新制高校の卒業式も今年の3月で71回目となりました。
 この125年の間に送り出した卒業生は、旧中卒3,092名、高校20,785名の23,877名にのぼっています。すでに亡くなられた先輩諸氏も多くなりましたが、明治、大正、昭和の各時代のリーダーとして活躍されました。また時代が平成から令和となった現在も、各専門分野にわたる学問の世界や経済界、教育界になどで多くの先輩が活躍中です。これらの脇町高校の歴史と伝統の痕跡の一部は芳越歴史館に集められていますが、私たちは今後、先輩たちのこれらの足跡から学びつつ、令和の時代の新しい脇町高校の伝統を、先生方や同窓生のみなさんと手を携えながら、創造していきましょう。
12:45 | 投票する | 投票数(5)
2020/04/09

令和2年度 始業式・入学式

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務課
新年度が始まり,新しい先生方をお迎えし,1学期始業式が行われました。
校長先生の式辞において,
  各国の新型コロナウイルスへの対応やその後の動きをみる中で,
 市民や,規範などの面で強い社会と弱い社会があるという新聞のコ
 ラムを引用し,できれば強い社会であってほしいし,生徒の皆さん
 は,その社会の一員として行動してほしい。
とのお言葉がありました。

また,午後からは厳粛な雰囲気のなかで入学式が挙行されました。
入学を許可された180名の新入生の顔は頼もしく,大変な状況で
はありますが,早く高校生活に慣れて頑張ってほしいと思います。

 
 




14:00 | 投票する | 投票数(6)
2020/03/25

表彰伝達および第3学期終業式,離任式

Tweet ThisSend to Facebook | by:特活課
 3月24日(火)に表彰伝達および第3学期終業式と離任式がありました。新型コロナウイルスの感染防止のため,生徒・教員のマスク着用や換気,大幅な時間短縮等,様々な対策をした中での実施となりました。
離任される先生方は,短い時間の中では伝えきれないこともあったかと思いますが,新天地でのご活躍をお祈りしています。

 
12:00 | 投票する | 投票数(1)
2020/03/03

生徒会「カンボジアに井戸を作ろう」寄付報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:特活課
以前より,「カンボジアに井戸を作る資金を脇高から寄付してみませんか?」とお声かけがあり,学校祭の売り上げ金等を約4年間貯めてきました。そして遂に今年度必要な金額まで達成することとなり,追加で生徒会で募金活動をして一緒に資金に入れてもらおうということになりました。募金期間は2月7~14日,総額23250円集まりました。本校生徒の皆さんご協力ありがとうございました。
その後,無事に2月18日に支援団体に振り込みが完了し,あとは井戸の完成を待つばかりです。完成した井戸のプレートには「WAKIMACHI HIGH SCHOOL TOKUSHIMA JAPAN」と刻まれる予定です。
本校生徒会は,今後もグローバルな視点から自分たちの思いを形にできる活動に積極的に取り組み,その経験を礎に人間として成長できる学校集団づくりを目指していきたいと考えています!!!
皆さんもご意見等ありましたら,是非よろしくお願いします。
                               




     無事に郵便局にて振り込み完了!!!      振り込み完了用紙と寄贈申し込み書を手に。今から完成が待ち遠しいです!!
14:17 | 投票する | 投票数(6)
2020/03/01

第71回卒業証書授与式

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理者
 実施自体が危ぶまれるなか、式次第を一部変更し、3月1日(日)本校体育館において、第71回卒業証書
授与式が執り行われました。

 卒業証書授与では、各ホームルーム担任により呼名された生徒一人ひとりが、凜とした態度でそれに応えて
いました。
 藤川正樹校長の式辞では、未知の世界を柔軟に生きるために必要な「生涯の学び」と「協働力」についての
お話がありました。
 在校生代表生徒による送辞では、学校行事や部活動で大変お世話になった卒業生への敬意や御礼の言葉と、
先輩が築いた伝統を引き継いでいく覚悟が伝えられました。
 卒業生代表生徒による答辞では、脇町高校で過ごした何気ない日常に思いを馳せ、自己を成長させてくれた
様々な人への感謝の思いが述べられました。

 卒業記念品贈呈では、『体育館用気化式冷風機2台』が、卒業生から贈呈されました。
 
 また、卒業証書授与式に先立って、賞状授与式と同窓会入会式も行われ、芳越賞や皆勤賞などの受賞者が表
彰されました。

 卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。それぞれの進路で益々のご活躍をお祈りしております。
 


  
   卒業生入場                  卒業証書授与①               卒業証書授与②

  
  卒業証書授与③               学校長式辞                  在校生送辞

  
  卒業生答辞                 卒業記念品贈呈                卒業生退場


15:55 | 投票する | 投票数(8)
2020/02/27

表彰伝達・令和元年度予餞会

Tweet ThisSend to Facebook | by:特活課
 2月27日(木)に表彰伝達と令和元年度予餞会が行われました。今年度は,各教室のテレビに表彰伝達の様子や予餞会の生徒会役員作成動画を映して行いました。動画終了後,3年生の各教室に向けて,生徒会役員が熱い応援を行いました。例年とは違った予餞会になりましたが,卒業を迎える3年生の心にしっかりと響いていました。

 
18:21 | 投票する | 投票数(4)
2020/02/26

令和元年度徳島県藍青賞授賞式

Tweet ThisSend to Facebook | by:特活課
令和元度徳島県藍青賞表彰式が,2月22日(土)午前10時から徳島県立総合教育センターにおいて開催されました。本校からは,団体表彰で2団体が選ばれ,徳島県教育委員会教育長より直接表彰されました。
 今回の受賞を自信と励みにして,これからもそれぞれの技能に一層磨きをかけていってください。みなさん,本当におめでとうございます。

 なお,それぞれの実績の概要については次のとおりです。 

【研究・製作・表現活動等の部 グループ・団体表彰】
○脇町高等学校 科学部 衛星班 
 第27回衛星設計コンテスト ジュニアの部 審査委員長特別賞
 米田 依吹(3年) 小松 拓豊(2年) 近藤 理生(2年)
○脇町高等学校「チーム針と糸」
 地方創生☆政策アイデアコンテスト2019 三菱UFJリサーチ&コンサルティング賞
 大久保 紗羽(2年) 重田 真子(2年) 新開 玖弓(2年)

 改めまして上記の研究に際して,ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

   
15:18 | 投票する | 投票数(1)
2020/01/23

生徒会と有志生徒,「高校生と県議会議員との意見交換会」に参加!!

Tweet ThisSend to Facebook | by:特活課
1月21日(火)16:30~,本校会議室にて「高校生と県議会議員との意見交換会」に生徒会と有志合計10名が参加しました。

須見一仁議員,高井美穂議員,古川広志議員が来校され,自己紹介,県議会の活動
紹介,本校の紹介,意見交換と会は進みました。
意見交換では,高井議員から「18歳での選挙権や成年年齢引き下げについてどう思いますか?」とのご質問があり,「自分たちの意見が政治に反映されるのは嬉しい」「契約事等,自分で責任をとることが18歳からなのは不安がある」等の意見を出させていただきました。また,普段の県議会議員の方々の仕事内容や県に対する熱い思いもお聞きすることができ,予定されていた時間はあっという間に過ぎました。
今回の貴重な経験を生かし,学校生活・今後の進路決定に向けてより広い視野を持って取り組んでいきたいです。

  
11:05 | 投票する | 投票数(6)
2020/01/08

令和元年度第3学期始業式および壮行式

Tweet ThisSend to Facebook | by:特活課
 1月8日(水)に第3学期の始業式がありました。また,四国大会に出場する女子ソフトテニス部の壮行式が行われました。一人一人が感謝の気持ちを忘れず,目標をもって挑戦する第3学期にしてほしいと思います。

  
12:00 | 投票する | 投票数(6)
12345

学校生活

活動の様子
12345

体育祭を開きます。
67枚
体育祭

登録者:特活課 | 2015/09/13(8票)
脇高祭2日目を開きます。
17枚
脇高祭2日目

登録者:特活課 | 2015/09/08(3票)
脇高祭1日目を開きます。
49枚
脇高祭1日目

登録者:特活課 | 2015/09/08(2票)
生徒総会・役員認証式を開きます。
16枚
生徒総会・役員認証式

登録者:Web管理者 | 2015/05/29(1票)
総体壮行会を開きます。
47枚
総体壮行会

登録者:Web管理者 | 2015/05/22(8票)
12345