表紙
 

各課より

生徒指導課
2010/06/25

本校の生徒指導課について

| by:Web管理者

1.本校の生徒指導について

   本校では、単に問題行動の防止だけでなく、生徒一人一人の個性の伸長を図るとともに、集団生活を通して、望ましい人間関係や生活習慣を育成することを生徒指導の目的として、全教職員の共通理解のもとに取り組んでおります。
 
 

2.生徒指導の重点目標

(1) 基本的な生活習慣の育成
   あいさつや言葉づかい・服装などの礼儀・マナー、時間の厳守、校則の遵守など
(2) 安全教育の推進
   自他の生命の尊重、交通ルールやマナーの遵守による交通事故・違反の未然防止
(3) 問題行動の防止
   校内外の生活の引き締め、思いやりの態度の育成
    ※「社会で許されないことは学校でも許されない」
(4) 教育相談の充実
   学業・進路・人間関係など生き方に関する不安や悩みの解消のための相談体制づくり
 
 

3.生徒指導課の取組

(1) 毎月の学校安全日の本校職員と保護者による立哨指導
(2) 学校安全日に近い週の3日間の本校職員による登校指導
(3) 登校指導日に行う各HR生活委員と生徒会役員による朝のあいさつ運動
(4) 各学期に行う自転車・バイクの車体検査
(5) 年1回のバイク安全運転実技講習会
 
 

4.運転免許取得、バイク通学規定について

(1) 運転免許取得について
   ①バイク通学に必要な者以外の運転免許取得は原則として禁止する。
   ②原付免許以外の免許を取得することは禁止する。
     ただし、3年生で進路先が決定し、本人・保護者の連名で申し出があれば、12月1日以降に許可する
(2) バイク通学の許可基準(すべて50㏄)
   ①吉野川北岸地域と穴吹川上流地域の生徒については、学校からの通学距離が8㎞以上の場合、自宅から学校間の通学使用にのみ許可している。
   ②自宅から最寄りのJR駅までの距離が8㎞以上の生徒は、自宅からJR最寄り駅まで許可している
   ③山間部で極めて通学困難な場合には、通学使用にのみ特別に許可している。
(3)バイク通学上の注意事項
   ①使用するバイクは、50cc以下とし、必ずヘルメット(フルフェイス)を着用すること。
   ②ヘルメット及び車体には学校発行のステッカーを貼付すること。
   ③常に整備・点検を行い、交通ルールを守り、事故防止に努めること。
   ④必要のないとき(遊び等)には、使用しないこと。
   ⑤違反・事故等があった場合には、バイク通学を一定期間停止させることがある。
 
 

5.その他

 本校はアルバイトは原則として禁止しています。

16:43 | 投票する | 投票数(3)