表紙
 

本校の人権教育


1.基本方針
 人権教育とは,「人権尊重の精神」をそれぞれの心の中に養っていく教育である。
 本校では,基本的人権の尊重という普遍的な視点から,学校の全教育活動の中で,個別人権課題に対する理解を深め,「徳島県人権教育推進方針」にのっとり,その解決に向けた実践的態度を身につけた生徒の育成に努める。
 その重点目標は次の3点である。
 (1)学校の教育活動全体において人権教育を推進する。
  (2)全ての教育活動の中で人権尊重の精神の涵養に努める。
  (3)人権問題解決に主体的に取り組む実践的態度を身につけた生徒を育てる。
 
2.重点目標
 
(1)
 「徳島県人権教育推進方針」策定の趣旨を理解し,学校の教育活動全体において,人権教育の徹底を図る。
 
(2)
 教師と生徒の信頼関係を深め,ホームルーム活動・生徒会活動・人権委員会・自主活動サークル「人権『いのち』の会」等の活動を活発にし,ともに学び,ともに励まし,支え合う仲間意識の醸成を図る。
 
(3)
 生徒一人一人が相手の立場を考え,行動する人権教育を推進し,支え合う仲間作りを通して基本的人権を尊重し,民主的でかつ社会に貢献できる自主的・創造的能力に富んだたくましい人間を育成する。
 
(4) 
 全教職員の人権意識を高めるため,研修の充実を図り,学校行事・教科指導等学校の教育活動全体において人権教育を有機的に展開する。
 
(5) 
 家庭・地域社会との連携を密にし,生徒たちの置かれている生活や教育の実態を的確に把握し,一人一人の能力・適性に応じた進路指導を図るため,総合的・系統的・継続的な指導体制を確立する。
 
 
3.本年度の具体的な活動目標
  感性に訴える人権教育~知る・学ぶ・行動する~
(1) 「脇高人権の日」(毎月11日)等を利用した啓発活動の充実
(2) 生徒の自主的運営による「人権学習ホームルーム活動」の確立
(3) 教職員・保護者等への人権意識を高める研修の充実
 

人権教育課

人権教育課の取り組み
123
2018/07/06

保健教育相談・人権教育教職員研修会

| by:人権教育課
7月5日に保健教育相談課と人権教育課共催での本校職員を対象にした研修会を行いました。
 講師:鳴門教育大学大学院学校教育研究科特別支援教育専攻 佐藤長武(さとう おさむ)先生
 演題:「高等学校における特別支援教育」

 多様なニーズに応える特別支援教育のあり方という観点で,最新の研究報告や先生の体験などを交えながら,わかりやすく丁寧にお話しいただきました。程度や種類のちがう障がいのあるこどもたちが生き生きと活動するためには,自立をしながらも頼ることのできる環境作りが不可欠であることを再確認しました。




15:29 | 投票する | 投票数(0) | 活動報告
2018/07/04

第2回人権ホームルームが行われました

| by:人権教育課
 6月22日、29日に今年度2回目の人権ホームルームが行われました。
 1年生はアサーション・トレーニングをグループごとに行いました。グループでの活発な意見交換ができ,相手の気持ちを考えながら自分の気持ちを伝えることの大切さとその難しさ,肯定的表現の仕方,解決策の見つけ方,メッセージを伝えるタイミングの重要性などを確認しました。
 2年生は「児童虐待防止について考よう」というテーマで,児童虐待の現状やその防止に向けた公的な取り組みや支援体制について学びました。その後,グループになってロールプレイ形式で「自分が親になったら子どもに対してどう考えどう行動するか」を実際に考えました。周囲にいる大人が虐待を見逃さず,積極的に関わる態度が必要であること,また,親として愛情をもって子どもと接していくことが大切であると再認識しました。
 3年生は「就職差別について」というテーマで,過去の社用紙を事例に採用選考時における差別の問題について話し合いました。個人の資質能力に無関係な事項を聞くことに対して驚きや憤りを感じた生徒も多くいて,その不当性と差別に気づく力を養うことができました。
07:46 | 投票する | 投票数(2) | 活動報告
2018/05/29

第1回人権ホームルームが行われました

| by:人権教育課

● 第1回人権学習HR活動が実施されました

5月18日(金)人権学習HR活動が実施されました。各学年がそれぞれのテーマについて考え、グループ活動を行うことで理解を深めました。

(1学年)
 テーマ:「インターネットによる人権侵害」
 
インターネットやスマートフォンを利用する上で、自分や他人のプライバシーの大切さについて理解し、様々なトラブルを起こさない、巻き込まれないような利用の仕方を考えました。グループに分かれて、事前にとったアンケートを用いながら、意見交換をして考えを深めました。


(2学年)
 テーマ:「共感と連帯感を高めよう」
 班に分かれ、班員各自に渡された情報を全員が正確に共有して、答えを導き出すというアクティビティを行いました。クラス全員が積極的に話し合いに参加をし、情報を共有して、班内でのそれぞれの役割を果たし問題解決に向けて協力しました。図や絵を使わずに、言葉のみによる意思疎通で情報を共有するのに苦労している班もありましたが、無事皆が答えにたどり着くことができ、連帯感を深められた活動となりました。



(3学年)
 テーマ:「外国人の人権」
 「外から見たわたしたち~地球規模で違いを認め合い、そしてふれあいを~」のビデオを視聴して、日本に住む外国の方々が感じている日本人について知り、異なる文化や価値観の多様性を認め、外国人差別についてグループごとに意見を交換しました。


17:20 | 投票する | 投票数(4)
2018/05/29

本年度第1回目の「脇高人権の日」が行われました

| by:人権教育課
脇町高校では、本年度も毎月11日に「脇高人権の日」を実施します。

 そして今年度初めてとなる、「脇高人権の日」が5月11日に実施されました。
 今回のテーマは、人権「いのち」の会メンバー企画による「十人十色 ー 性の多様性」でした。校内テレビ放送を使って、人権「いのち」の会メンバーによるプレゼン形式で、「性とは多様である」ことや「性的マイノリティ」について考える時間を持ちました。
 みんなが自分らしく生きていくために、自分、そして、他者にとって居心地のいい社会とは何かを考え、実践していくことの必要性を確認しました。

 第2回目からは、各クラスの人権委員が企画・運営を担当します。
 生徒には当日の資料を持ち帰り、家族とも話し合ってみるよう伝えておりますので、ご協力をお願いいたします
17:05 | 投票する | 投票数(4) | 活動報告
2018/03/23

3学期の人権ホームルーム活動

| by:人権教育課

3学期は、1,2年生は人権学習ホームルーム活動を1回、3年生は高校での人権学習に関するアンケートを実施しました。
【1年】
 1月26日 災害と人権 
【2年】
 1月26日 部落史から学ぶ  
【3年】
 1月26日 人権問題解決への展望【アンケート】

 
 第1学年の活動では、人権「いのち」の会の生徒3名が企画運営し、今後発生する南海トラフ地震に備え、避難所での人権問題について体験的に学び、被災した人々を積極的に支援できる態度を養う活動を行いました。1グループ4~5人に分かれ防災ゲーム「クロスロード」を活用して、グループや学年全体での意見交換から問題点を出し合いました。

          1年生活動の様子




 第2学年のHR活動では、「水平社宣言」の現代語訳を読み、印象に残った箇所を生徒同士で共有した後、ビデオ「『人の世に熱と光を』部落の心を伝えたいⅣ」を鑑賞し、感想をまとめる活動を行いました。以下、生徒の感想です。「差別者を倒すのではなく、人間の尊厳を重く見る水平社の思想は、部落問題だけでなくすべての物事において重要だと思う。」ビデオ作品中に描かれた、西光寺住職の清原隆宣さんの部落差別解消に向けての取組には「すべての人の世に熱を。人を尊敬するという光を」という願いが込められていました。世の中にある様々な価値観(ものさし)が絶対的なものではないこと、差別解消のためには自らが動かなければならないことを学びました。
 第3学年の活動では、この3年間の人権学習について振り返るためのアンケートに回答しました。入学時と比べ、人権教育の必要性を感じる人、人権教育を肯定的に受け止めている人は10ポイントほど増加しました。印象に残った人権教育活動としては、今年度も人権ホームルーム活動と「脇高人権の日」が印象に残ったという回答が多くありました。今後、解決していかなければならない重要課題としては、「女性の人権」「障害者の人権」「インターネット等における人権侵害」と答えた者が多く、生徒にとってやはり身近な問題に関心が高いことがわかりました。今回の結果を踏まえ、より有意義な人権問題学習の実現を目指します。
10:46 | 投票する | 投票数(2) | 活動報告
2018/03/23

3学期の人権教育活動

| by:人権教育課
3学期に行われた人権教育に関する取組をまとめて報告します。

○第5回 脇高人権の日 「東日本大震災に伴う人権問題」

 第5回「脇高人権の日(1月)」は、13HR、14HRの人権委員が資料を作成しました。
 今回のテーマは東日本大震災に伴う人権問題でした。東日本大震災において、復興途中にある被災地や避難生活が続く被災者に対して、さまざまな人権問題が発生しています。この問題における学校や地域での差別事象、日常会話に潜む偏見や差別について考える時間を持ちました。3つの新聞報道の事例をとおして、「正しい知識を得ること」「被災者の気持ちに寄り添うこと」を忘れずに、人権問題解決に向けた実践力を身につけていく意識を高めました。

○第6回 脇高人権の日 「先住民族ーアイヌの人々ー」

 本年度最後の「脇高人権の日(2月)」は、15HRの人権委員が資料を作成しました。
 今回のテーマは先住民族ーアイヌの人々ーです。グローバル化が進み、日本にも様々な国の人が訪れたり、生活したりするようになりました。逆に日本人が国外で働き、生活することも珍しくなくなっています。このように多様な「民族」が出会う社会の中で、私たちは、日本に元々複数の民族が存在していること、そして民族や文化に優劣はないということを改めて理解する機会となりました。
10:19 | 投票する | 投票数(1) | 活動報告
2017/05/22

人権学習HR活動

| by:人権教育課
● 第1回人権学習HR活動が実施されました

5月19日(金)人権学習HR活動が実施されました。体育館アリーナで、全クラス一斉のHR活動を行った3年生をはじめ、各学年がそれぞれのテーマについて考え、グループ活動を行うことで理解を深めました。

(1学年)
 テーマ:「インターネットによる人権侵害」
 4月に行った携帯電話やSNSの使い方についてのアンケート結果をもとに、グループで話合いました。
・ルールやマナーを守って使用すれば、みんな気分がいい。
・誰もが加害者にも被害者にもなり得る。
等、大切なことを再認識する機会となりました。
届いたばかりの冊子『じんけん」を活用しながらの話し合いは、各クラス活発なものになりました。



(2学年)
 テーマ:「身の回りの人権 ― フツーって何!?―」
 障がいや病気と向き合う方々が「生きる意味や価値」について語り合う番組を視聴し、グループで話合いました。生徒からは
・「それぞれの人間ができることをして互いを支え合えたらいいと思った」
・「生きたいのに生きられなかった人のために死にたくないという考えにとても共感した」
・「『フツー』というのはない。フツーではないと決めつけているようなのはその人の勝手な価値観」
等の意見が出ました。



(3学年) 
 テーマ:「高齢者と人権 ― 高齢者を理解しよう」
 日本の高齢者に関するデータをもとに、超高齢社会の現実を再認識した後、認知症について理解するためのクラスを超えたグループ活動を行いました。
・「このような活動は新鮮だった」
・「いつもは発言できないが今日は発言できた」
・「高齢者の気持ちをいたわりコミュニケーションをはかりたい」
・「認知症の方もその家族も両方苦しんでいるということを知った」
等の感想が寄せられました。

  
19:09 | 投票する | 投票数(3) | 活動報告
2017/03/29

3学期の人権学習HR活動

| by:人権教育課
今学期は、1,2年生は人権学習ホームルーム活動を1回、3年生は高校での人権学習に関するアンケートを実施しました。
【1年】
 1月27日 防災と人権 ~命を守るために 震災から学ぶこと~
【2年】
 1月27日 部落史から学ぶ  
【3年】
 1月27日 人権問題解決への展望【アンケート】

 第2学年のHR活動ではビデオ「『人の世に熱と光を』」部落の心を伝えたいⅣ」を鑑賞後、感想を班で共有する等の活動を行いました。
 本作品に描かれた、西光寺住職の清原隆宣さんの部落差別解消に向けての取組には「すべての人の世に熱を。人を尊敬するという光を」という願いが込められていました。世の中にある様々な価値観(ものさし)が絶対的なものではないこと、差別解消のためには自らが動かなければならないことを学びました。
 第1学年の活動では、災害発生時に準備する防災リュックについて考えました。
「22時に震度6以上の地震が発生。自宅が半壊。全壊の恐れがあり、自宅には帰れない。避難所は本校」
という設定で防災グッズを選びました。置かれた立場や状況により必要なもの、とるべき行動が変わる。かけがえのない命を守るための行動について真剣に考える時間となりました。
 第3学年の活動では、この3年間の人権学習について振り返るためのアンケートに回答しました。人権問題や人権教育に消極的な人は残っているものの、入学時と比べ、人権教育に必要性を感じるようになった人、人権教育を肯定的に受け止めている人は増加しました。また、本年度から各クラスの人権委員が話題を決め、中心となって取り組んだ「脇高人権の日」が印象に残ったという回答も多かったです。今回の結果を踏まえ、より有意義な人権問題学習の実現を目指します。
16:08 | 投票する | 投票数(1)
2017/03/29

3学期の人権教育

| by:人権教育課
3学期に行われた人権教育に関する取組をまとめて報告します。

○第5回 脇校人権の日 「児童福祉司の仕事」

 第5回「脇高人権の日(1月)」は、13HR、14HRの人権委員が資料を作成しました。
 今回のテーマは「子どもの人権」です。子どもの人権を脅かす最たるものの一つに「児童虐待」があります。2000年施行(その後2度改正)の「児童虐待の防止等に関する法律」では虐待の定義を次の4つとしています。
 ① 身体的虐待  ② 性的虐待  ③ ネグレクト  ④ 心理的虐待
 私たちにはあまりなじみがない「児童福祉司」という職業は、子どもや保護者の相談にのり、虐待の解決の糸口を探る重大な役割を果たしています。今回は、そんな職業があることを知るよい機会となりました。また、近い将来は親として子どもを守る義務があることを改めて考える好機となりました。

○第6回 脇高人権の日 「ヘイトスピーチ」

 本年度最後の「脇高人権の日(2月)」は、15HR、16HRの人権委員が資料を作成しました。
 今回のテーマは「外国人と人権」です。2020年、東京でオリンピックとパラリンピックが開催されるに際し、外国人観光客の増加が予想されます。また、不安定な国際情勢の中で、移民問題も重要な課題となっています。
 「ヘイトスピーチ」はこのような流れの中で活発化し社会問題となりました。そして昨年度6月、ヘイトスピーチ解消法が施行されたのです。
 私たちは「世界人」としての視点を持ち、自国の伝統や文化を守りながら、グローバル社会に生きる人間として、どのように行動していけばよいのかを考えていかなければならないと再認識しました。

教職員人権教育研修会【3月10日(金)】
 「自分らしく生きる ~性別違和を乗り越えて~」 
              NPO法人 Japan GID Friends 理事長 清水展人先生
 講師の清水先生は女性として生まれましたが、幼少期より性別違和を感じながら成長しました。21歳のときに性別適合手術を受け、男性としての人生をスタートされ、現在ではLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジャンダー)への偏見や差別をなくす活動を国内外を問わず積極的に行っています。
 LGBTに該当する人は社会全体の8.0%、その比率はAB型や左利きの人のそれと同程度と言われています。性別を男と女の二種類に限定した社会的ルール、それに則った振る舞いが、時に人を傷つけるということを忘れてはならないと感じました。
    
14:14 | 投票する | 投票数(1) | 活動報告
2016/12/26

中・高生による人権交流集会

| by:人権教育課
平成28年度 中・高生による人権交流集会
 12月18日(日)に徳島市内の教育会館で行われた,中・高生による人権交流集会に本校からは人権「いのち」の会の4名が参加しました。また,今年は交流集会のキャッチフレーズに本校2年生の三木さんの作品が採用され,開会行事で表彰されました。
 ●キャッチフレーズの部 最優秀賞
    「つなげよう 未来へ続く 思いやりのバトン」

 午前中は,シンガーソングライターのう~みさんによる人権コンサート「あなたに会えてよかった」を聴きました。絶対音感を持つう~みさんがだんだんと友だちの中から孤立していったこと,大学時代,バスケットの試合中に頸椎を痛め,表面上は見えない障がい(視力の低下や体温調節機能の低下など)との戦いが始まったことなど,う~みさんの経験が今の生き方にすべて生かされているということが強く伝わってくるコンサートでした。
 午後からは各分科会に分かれて様々な人権問題について考えました。本校生徒は第2分科会に参加し,在日コリアンの人権問題を中心に,真の世界人となるためにはいったい何が必要なのかをロールプレイングやグループ討議を行いながら,考えました。
   
16:40 | 投票する | 投票数(1)
123